ボリビアにある世界で最も危険な道路『デスロード』

切り立った崖に開かれた、ガードレールも何もないスリリングな道。多くの人や車が転落し犠牲になっているにも関わらず、そのスリルを求める若者の支持を受け、今や観光地となっています。ここではそんなボリビアのデスロードについてご紹介します。

デスロード(Death Road, Yungas Road)

photo by usatoday.com

デスロードは、正式には「ユンガスの道(スペイン語:Carretera de Los Yungas)」という名のの山岳道路。ボリビアの首都ラパス市から北東方向のユンガス地方に約80kmに渡って伸びています。

デスロード(Death Road, Yungas Road)

photo by buzzfeed.com

道路の多くの部分は切り立った断崖を走っており、なかには800mの崖の上を走る部分も。一歩間違えれば…という恐怖の道にも関わらず、ガードレール等は設置されていません。

デスロード(Death Road, Yungas Road)

photo by foursquare.com

道の幅は基本的には車1台分程度しか無く、最大のところでも5mほど。さらに、この地域は多雨林に位置するため、泥状になった路面に山肌からの落石もあります。

デスロード(Death Road, Yungas Road)

photo by luuux.com

この道は1930年代に造られて以来、長きにわたってボリビア北部の森林地帯と大都市ラパスを結ぶ貴重な道として、人々や物資の往来がありました。しかし年平均で200件以上の墜落事故があり、毎年100人前後の人々がここで命を落としました。

デスロード(Death Road, Yungas Road)

photo by carhoots.com

2006年には山岳地帯を大きく迂回する新道が完成し、人やモノの流れはそちらへ動き、この恐怖の道の交通量は減りました。これを転機に、今度は観光地として注目を集めるようになったのです。

デスロード(Death Road, Yungas Road)

photo by theprovince.com

イギリスBBCの人気自動車番組「トップギア」でそのスリリングな車の往来が放送されたり、日本の自動車メーカー三菱がCMをここで撮影したりしたことから、若者を中心に多くの人がこの地を訪れるようになりました。

デスロード(Death Road, Yungas Road)

photo by travel-buff.com

今ではマウンテンバイクや登山目的で訪れる人が絶えないこのデスロード。ですが、墜落事故は後を絶たず、近年も日本人が転落死しています。あくまでも自己責任で、細心の注意を払ってこの名所を楽しみましょう。

デスロード(Death Road, Yungas Road)への行き方


大きな地図で見る

ボリビアへは直行便がないため、北米(ヒューストンなど)乗り継ぎで首都ラパスに入ることになります。ラパスから乗り合いバスでユンガスへ向かう行程でデスロードを通ります。近年、新道を通る長距離バスが主流なので「North Yungas Road」を通りたい、と乗り合いバスに告げるか、現地でツアーに参加しましょう。

関連記事を見る

カリブ・中南米の記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【ブラジルの世界遺産】一度は行きたいブラジルの歴史を感じる!世界遺産を全部解説
成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
【パナマの歴史】運河に翻弄されながら繁栄を遂げた熱き国の物語
映画「南極料理人」のロケ地・撮影場所はここ!
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
ドミニカ共和国観光ならここ!「サントドミンゴ周辺」で見たい絶景10選
ブラジル観光なら次はここ!「サンパウロ」で見たい絶景10選
南米有数の世界都市、ベネズエラ観光「カラカス」で見たい絶景10選
ボリビアやウユニ湖のお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる9選
高度な文明を持ちながら文字文化がなかった謎の「インカ帝国」
厳しくも美しい人跡未踏の地!南極点到達までの歴史に迫る