美しきカリブの真珠…キューバの5つの魅力

半世紀以上も続く社会主義体制の国として知られるキューバは、超大国アメリカのすぐ傍にありながら、その独自のアイデンティティを頑なに守り続けるカリブの島国です。何よりも「人」を大切にするという方針のもと、他の社会主義国家には見られない、人々の深い人情や文化に触れることができるのも、キューバの魅力です。

image by iStockphoto

image by iStockphoto

街中がアンティークなもので溢れている

街中がアンティークなもので溢れている

image by iStockphoto

2016年、オバマ大統領がアメリカの大統領として88年ぶりにキューバを訪れ、両国の貿易が約半世紀ぶりに行われるようになりました。
それまでの長い期間、キューバはアメリカと敵対関係にあり、アメリカによる経済制裁によって、物資に乏しい国でした。

image by iStockphoto

それにより、古いものを大切に使わざるを得なくなったキューバの人々。
キューバ国内では現在でも、1950年代のレトロな車や家電等が日常の中で当たり前のように使われており、いたるところにレトロチックな雰囲気が漂っています。






コバルトブルーの海が美しい

コバルトブルーの海が美しい

image by iStockphoto

白い砂浜とコバルトブルーの海岸が美しいカリブ海。

image by iStockphoto

年間を通して温暖な気候に恵まれ、スキューバダイビングやシュノーケリングを楽しめるスポットも多く点在しています。
美しいビーチを眺めながら飲むモヒートは格別です!

文豪ヘミングウェイゆかりの地

文豪ヘミングウェイゆかりの地

image by iStockphoto

20世紀を代表する偉大な作家であるアーネスト・ヘミングウェイは、晩年をキューバで過ごし、この国をこよなく愛した人物としても知られています。

 

次のページでは『有機先進国キューバ』を掲載!
次のページを読む >>