マヤ文明の跡地「古代都市チチェン-イッツァ」の絶景&歴史まとめ

wondertripでは世界の絶景をご紹介していますが、世界遺産や歴史地区・跡地など魅力的な歴史をもつ古代都市も数多くあります。やはり歴史を少しでも知っていると、背景がわかってより絶景を楽しめるもの。今回は、メキシコにありかつてマヤ文明として栄えた地域にある「古代都市チチェン-イッツァ」をまとめました。

チチェン・イツァ遺跡ってこんなところ

チチェン・イツァ遺跡ってこんなところ
メキシコ東部ユカタン半島北部に位置する、大きな地下泉の上に建てられたマヤ文明最大の古代都市遺跡。
チチェン・イツァとはマヤ語でチチェン=泉のほとり、イツァ=魔術師を意味し、マヤの「生贄文化」を象徴する遺跡です。
6世紀ごろから南部にイツァ族が築いた旧チチェンと北部には10世紀以降に作られたマヤ・トルテカ文明の遺構が残る新チチェンもあり、2つに分けられています。
旧チチェンには、マヤの伝統的建築様式のプウク様式建造物が多く見られるのも特徴です。
メソ・アメリカと呼ばれる、メキシコからコスタリカにかけての地域には、数百とも数千ともいわれるピラミッドもあり、中でも最も有名な「エル・カスティーヨ」はここにあります。

Chichén Itzá(スペイン語) チチェン・イッツァの住所・アクセスや営業時間など

名称 Chichén Itzá(スペイン語) チチェン・イッツァ
住所 Yucatan, メキシコ
営業時間・開場時間 ツアー等による
利用料金や入場料 ツアー等による
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/483/  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Chichén Itzá(スペイン語) チチェン・イッツァのスポットページ

チチェン・イツァの聖なる泉

チチェン・イツァの聖なる泉
987年にトルテカ文明の首都トゥーラのトピルツィン王が内部抗争に破れ都を追われ、東方のチチェン・イツァへ移動し作られた都市という説が有力視されています。
700年ごろから都市化が進み、最盛期は900~1000年ごろで国際都市となりました。
支配層は他の都市の支配者たちとの交流し、伝統的なマヤの神々を崇拝するだけでなく、石彫様式を使い王権を正当化し勢力を強くしたようです。







周囲には多くのセノーテ(天然の井戸)が多数作られ、13の大きなセノーテが発見されています。
有名な「聖なるセノーテ」は700年ごろから宗教儀礼に使われています。
この泉には雨の神チャックが住むとされ、干ばつが続くと、処女や子供、男性までが生きたまま投げ込まれたという悲しい現実もあり、泉からは人骨や金銀が発見されています。

羽の生えたヘビの神「ククルカン」を祀るピラミッド

羽の生えたヘビの神「ククルカン」を祀るピラミッド
55.3m四方、高さ24m、9層の基壇の上に高さ6mの神殿が建つ「エル・カスティーヨ」。
基壇の4面には各91段の階段があり、神殿の階段1段と合わせて365段となり太陽暦と同じ数を示しています。
また、リレーフの数もマヤ暦に関連されるといわれています。
1年に2回、春分と秋分の午後に北側の階段に日の光が当たるとククルカンの降臨といわれる不思議な現象が起こっています。
ピラミッドの影が浮かびあがり階段下部のククルカンの頭像と合体し、ヘビが姿を現したように見えると世界でも有名な話となっています。
これは壮大な仕掛けを支配者たちが考えその時間を共有したといわれています。
次のページでは『マヤの高度な天文知識を司るカラコル』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

メキシコの記事を見る

成り立ちから内部混乱・人気観光地になるまで「コロンビア」はどのような歴史を歩んだのか?
メキシコ観光なら次はここ!「リビエラ マヤ」で見たい絶景10選
広大な大地が織りなす北米大陸の絶景・秘境ランキングTOP12
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
マヤ文明を代表する遺跡が集まるメキシコの見所を紹介します!
メキシコ観光なら世界遺産都市「カンペチェ」へ行こう!
ツアーも人気の「パレンケ遺跡」でメキシコ旅行を100%楽しもう!行き方や料金や営業時間は?
メキシコシティに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選
メキシコ・カンクンに行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選
メキシコ独立戦争の舞台となった街、古都グアナフアトとその銀鉱群の歴史
人頭像が見守る謎多き公園…!メキシコの州都ビヤエルモーサにある「ラ・ベンタ遺跡公園」
【旅行体験記】明るい太陽と海、そして明るい国民性が誘う都市!メキシコ・カンクンエリア