壮大過ぎる「古代都市テオティワカン」を眺めていると絶景過ぎて悩みが消えそう

「古代都市テオティワカン」はメキシコにある世界遺産。紀元前2世紀から6世紀まで繁栄した、当時アメリカ大陸のなかでは最大規模の都市でした。綺麗に保存されているピラミッドのほか、高度な文明があったこともわかっており、「古代都市テオティワカン」を眺めていると、なんだか悩みが吹き飛びそう。簡単にまとめた歴史とともにお楽しみください。

古代都市テオティワカンってこんなところ

古代都市テオティワカンってこんなところ

テオティワカンの住所・アクセスや営業時間など

名称 テオティワカン
住所 Ecatepec Piramides km.22 + 600, Municipio de Teotihuacan, San Juan Teotihuacan 55800, Mexico
営業時間・開場時間 7:00-
利用料金や入場料 57ペソ
参考サイト http://www.teotihuacan.inah.gob.mx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

テオティワカンのスポットページ

謎の都市テオティワカン

謎の都市テオティワカン
古代都市テオティワカンはメキシコ中部に栄えた都市遺跡です。
首都メキシコシティから約50㎞、バスで1時間の所にあります。
中米に残る遺跡の中でも最大規模のものとされており、同時に謎に包まれた遺跡です。

 

紀元前2世紀から6世紀にかけて文明が栄え、テオティワカンは都市国家として全盛期を迎えました。
当時の人口は10~20万人で、ローマ帝国の都にもひけをとりませんでした。
しかし7世紀に突如として衰退、滅亡します。
原因は今も不明ですが、実はここに住んだ民族についても不明なのです。

14世紀にアステカ人がここを発見し、そのスケールの大きさに驚いて「テオティワカン=神々の集う場所」と名付けました。







太陽と月のピラミッド

太陽と月のピラミッド
テオティワカンでひときわ目立つ建造物は、太陽のピラミッドと月のピラミッドです。
写真の手前が「太陽のピラミッド」、奥が「月のピラミッド」です。

 

太陽のピラミッドは、エジプトのクフ王とカフラー王のピラミッドに次いで世界3番目の大きさ。
月のピラミッドに登り遺跡の全景を一望すると、その規模の大きさがわかります。
次のページでは『多くの神殿と宮殿』を掲載!
次のページを読む >>