メキシコ観光なら世界遺産都市「カンペチェ」へ行こう!

image by iStockphoto / 56299222

真っ白でシンプルな大聖堂ですが、夜になると周囲にある植民地時代の歴史的建造物と一緒にライトアップがされ、辺りに流れる厳かな雰囲気が増します。
日没後は明るい時間とはまた違った表情を楽しむことができます。

カテドラル(大聖堂)の住所・アクセスや営業時間など

名称 カテドラル(大聖堂)
名称(英語) Catedral de Ntra. Sra. de la Purísima Concepción
住所 Calle 55 S/N, Col. Centro, 24000 Campeche, Camp., Mexico
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.visitmexico.com/ja-jp/state-of-campeche
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カテドラル(大聖堂)のスポットページ

世界遺産のマヤ遺跡「カラクムル」

世界遺産のマヤ遺跡「カラクムル」

image by iStockphoto / 97669675

カンペチェがあるカンペチェ州には、最多の記念碑を有するマヤ遺跡カラクムルがあります。
この遺跡の特徴はその規模と場所です。
カラクムルは鬱蒼とした熱帯雨林の中より、突如その姿を表します。

このカラクムル、マヤ遺跡としてその規模は大きいものなのですが、今ひとつ知名度が低いです。
理由として考えられるのがアクセスの悪さ。
遺跡自体は凄いのですが熱帯雨林のど真ん中ということで、なかなか足を踏み入れにくい遺跡です。

ただし、そんな知名度の低い遺跡もその価値を認められ2002年には世界遺産の登録がなされました。

image by iStockphoto / 102483141

熱帯雨林を越えて行くと現れるカラクムル遺跡は、圧倒的な規模でマヤ文明の様子を眼前に広げてきます。
遺跡内の最大級の建物は、それ一つで一辺が140メートル、高さが55メートルにも達します。

ビルで考えるとその高さは15〜20階ほどに相当し、そうした建物を含めたこの遺跡の広さは30平方kmというのですから、その規模がいかに大きいかということがわかります。
ガイドを付けずに単独で観光しようものなら、迷子になってしまうでしょう。








カラクムル の住所・アクセスや営業時間など

名称 カラクムル
名称(英語) Calakmul
住所 Campeche, Mexico
営業時間・開場時間 月曜日-日曜日 午前8時から午後05時まで
利用料金や入場料 65ペソ
参考サイト http://www.inah.gob.mx/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カラクムル のスポットページ

メキシコの文化を感じる旅

メキシコと一口に言っても、場所ごとでその雰囲気はもちろん変わってきます。
リゾート地もいいですが、メキシコならではの歴史や文化を味わうのにカンペチェはオススメの地域です。
ぜひ、その雰囲気を五感で感じ取ってみてください。
photo by iStock