世界遺産「マチュピチュ」の絶景写真と歴史まとめ

wondertripでは世界遺産や絶景を紹介していますが、歴史に紐づくエリアも少なくありません。本日ご紹介する世界遺産「マチュピチュ」も魅惑のヒストリーを抱えたエリアですが、やはり歴史をざっくり把握しておくだけでも、絶景に隠された背景を理解し、一層楽しめるもの。マチュピチュの歴史を完結にまとめてみたので、ご覧ください。


マチュピチュってこんなところ

マチュピチュってこんなところ
アンデス山中にある、先住民のケチュア語で「老いた峰」という意味を持つインカ帝国の都市遺跡。
1911年にアメリカ人のハイラム・ビンガムに発見されるまで、忘れ去られていた空中都市だそうです。
インカ帝国は文字を持たなかった文化だったため、正確な資料は残っていません。
始まりは、15世紀の中ごろの中央アンデスには、色々な地方文化を持った王国があり、その中の一つにしかすぎない小さな国だったとのことです。
周辺の王国を吸収し、最盛期には北はコロンビアから南はチリ中部までを支配する、約4000kmの巨大国家になりました。
その間に国王は13人おり、8代目までは伝説の人物だったという説もあります。

この、マチュピチュを作ったのは、9代目のインカ皇帝パチャクティ(在位1438-1471年)といわれています。

Machu Picchuの住所・アクセスや営業時間など

名称 Machu Picchu
住所 Machu Picchu, Cusco, Peru
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.machupicchu.gob.pe/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Machu Picchuのスポットページ

空中都市マチュピチュの成り立ち

空中都市マチュピチュの成り立ち
インカ帝国の古代都市クスコからウルバンバ川に沿って、80km下ったところに位置するマチュピチュは深い緑に覆われたジャングルの先、標高2430mの尾根にある堅牢な都市で、「謎の空中都市」や「インカの失われた都市」と呼ばれ、今も多くの謎に包まれています。
マチュピチュは1450年ごろから建設が始まりました。
要塞説や神殿説、皇帝の夏の離宮という説もありますが、太陽と自然に祈りを捧げる儀礼の舞台との説がが有力とされています。

選ばれた理由としては、太陽の神が全てを見渡せる条件が叶い、儀礼の舞台を置くための都市が必要でその要素にピッタリだったようです。

王や貴族のための神聖な場所、マチュピチュ

王や貴族のための神聖な場所、マチュピチュ
マチュピチュには様々な機能を持った遺跡がたくさん眠っています。
入口近くにある石切り場から始まり、神聖なエリアにはインティワタナ(日時計)やメイン広場があり、コンドルの神殿や太陽の神殿、インカ王の別荘、太陽の門など、どれを見ても奥深い役割をもっていた貴重な遺跡たちに圧倒されます。
katsuya

Writer:

かつて仕事の都合で東京←→京都を年100回往復していました。京都の西七条に家を借り、なんと結婚相手も京都で見つけました。「地元民ではないけど、だからこそわかる京都」の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

ペルー
歴史
絶景
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

ペルーの記事を見る

神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
世界の七不思議に選ばれている建造物7選
世界遺産「リマ歴史地区」で行きたいペルーの観光スポット
謎に包まれた孤島、イースター島の歴史
地球の壮大な息吹を感じる絶景の数々!ペルーの幻想的な絶景10選
砂漠の村に、先住民のミイラ…心躍る秘境がここに!ペルー「イカ」の魅力
仕事を辞めて手に入れたワゴン車を大改造→移動式屋台で巡る世界の旅が羨ましい!
謎多き神秘の遺跡が盛りだくさん、「マチュピチュ」などペルーの世界遺産まとめ
マチュ ピチュに行ったら経験してみたい!神聖な空気に包まれる体験
噴火を鎮めるための生贄になった少女が今も眠る古都…ペルーのアレキーパ市歴史地区
インカ帝国として繁栄の面影を感じる、ペルー「リマ」の絶景
人間ってすごい!ペルーで見れる歴史的な建築物5選