【英語は上達できる?】留学経験者が解説!オーストラリア留学のすべて

留学気になるけど、本当に行くメリットはあるのかな?学費は?滞在費は?留学するにはお金もかかりますし、海外で勉強するのは勇気がいるかもしれません。留学中は言葉の壁や異なる文化に戸惑うこともありますが、私は留学に行ってよかったと思います。留学を通して、英語を学ぶだけでなく、日本では得られないような体験や、国際感覚を得られました。この記事ではオーストラリア留学経験者が留学の疑問、魅力を解説します。

留学行ってよかった?

留学行ってよかった?

image by iStockphoto

駅で外国人に道を聞かれたり、外国からのお客様に英語で対応しなければならなかったり。
多くの人が必要性を感じている英語力。
最近では英会話スクールや多様な英語教材などがあり、日本に居ながらにしても十分英語を勉強できますよね。
多くの時間とお金を費やしてまで留学に行かなくても、日本で英語は学べます。

私が留学して感じたのは、留学は英語を勉強するだけではなくて、英語でどう自分を表現するか、どう自分の気持ちを伝えられるようにするかということでした。

日本の英会話スクールや学校教育では、教科書通りの英語しか使えていないなと感じる方もいるのではないでしょうか。
それに、外国人の先生方も日本人の英語に慣れているため、ちょっと間違った発音や言い回しでも分かってくれます。

しかし、実際海外に出て、発音が違ったりすると、分かってもらえなかったりして、悔しい思いをすることも。
だからこそ、そうした失敗から英語の勉強に真剣に取り組もうと思えますし、英語力も表現力もアップします。
また、英語を使う機会も学校だけでななく、電車に乗るとき、買い物をするとき、ホームステイ先など生活の中でも英語漬けになれるので、1週間の留学でも、私は海外に出て留学することをおススメします!

オーストラリア留学のメリット

オーストラリア留学のメリット

image by iStockphoto

豊かな自然の中に都会の雰囲気もある国、オーストラリア。
国民性もとてもおおらかで、優しい人が多い印象です。
英語を学びたいけど、アメリカのような大都市が多い国より、ゆったりのんびり学びたいという方におススメの留学先と言えます。
また、ゴールドコーストやケアンズなど通年暖かい場所もあり、各都市に観光名所も多くありますので、現地の生活を楽しみながら留学生活が送れるのも魅力です。

アクセントのあるオーストラリア英語を学ぶことができる

留学先をオーストラリアにするメリットはズバリ、いろんな英語に慣れることができるということです。

留学先として人気のアメリカやカナダでは、なまりのない英語を学べると言われています。
オーストラリアの英語はアメリカ英語に比べると、発音や使う単語などが異なります。
最初のうちは聞き取るのに苦労するかもしれませんが、慣れてくると日本人にとって発音しやすいです。

私たちが日本で耳にする洋楽や洋画などの多くはアメリカ英語。
オーストラリアの英語は、イギリスよりの英語ですので、オーストラリアで英語を学べば、様々な国の英語に対応できるようになります。
また、学生の国籍も様々で、アジア、ヨーロッパ、南米など。
自分自身も含め、みんなそれぞれ母国のなまりのある英語を話します。

そんな多国籍な環境に身を置くことで、いろいろな英語に触れることができるのです。
日本にくる外国人の方も英語圏出身の方ばかりではありません。
ですので、様々なバックグラウンドのある人と交流することはメリットとなるでしょう。

意外と短い時差と飛行時間

2つ目のメリットは時差があまりないということです。
多くの英語圏の国々は日本との時差が結構あります。
日本にいる家族に電話したいのに、今は夜中だからできないなんてことも。
オーストラリアと日本との時差は場所にもよりますが、だいたい1時間ほど。
サマータイムの時は2時間になったりしますが、日本にいる家族や友達とのコミュニケーションも時間を気にせず取れます。

また、直行便で行ける都市も数多くあり、10時間ほどで到着できるんです。
意外と日本と近いオーストラリア。
短期の休暇中に留学したい方や、留学したいけどあまり時間がないという方におススメの留学場所かもしれません。

オーストラリア留学のデメリット

オーストラリア留学のデメリット

image by iStockphoto

メルボルンやパースなど、最も住みやすい都市に選ばれるほど美しく、交通の便もとても良いオーストラリア。
しかし、オーストラリアで学ぶデメリットも。
残念ながら、家賃や物価は日本と比べると高いです。
また、都市部ではアジア系の留学生が多く、アジア系のレストランや商店が見られ、イメージと違うなと感じてしまうかもしれません。






物価の高いオーストラリア

オーストラリアは、都市にもよりますが、物価が結構高いというデメリットが。
スーパーで買う食材、特に野菜や果物は日本より安いですし、ローカルな市場などに行けば、もっと安く購入できます。
日曜にしかやっていないマーケットなどもあるので、週末になると1週間分の野菜や果物を買いに行ったりしていました。

ですが、外食に行くと、コーヒー1杯$3-4、友達とランチに行ったりすると$10-30くらい。
また、家賃も都市部に住むなら一か月ルームシェア(同じ寝室に2人以上で住む部屋)でも$500くらいからが相場となります。
ホームステイや学校の寮などになると、もう少し値段が上がり、$1000くらいは見積もらないとなりません。
家賃が高くても交通の便の良い都市部に住むか、都市部から遠くても少し家賃の安い郊外に住むかは、予算次第です。

人気の留学先では日本人やアジア人が多い

ケアンズやシドニー、メルボルンなどは日本人にも人気の留学先。
留学に行く時期が日本の大学や高校の長期休暇にあたると、語学学校では多くの日本人の学生を見かけることもあります。
せっかく留学に来たのにクラスの半数以上が日本人なんてことも。

私が一番最初に行った語学学校では9割が韓国人というクラスに入ったことがあります。
大学に行くと大多数の学生が中国人なんてこともあるようです。
ですが、ほとんどの学校では、英語のみしゃべることがルールとなっていますので、それほど気になることはないかと思います。
それに、細かいところが分からなかったときは、他の日本人の学生と相談するできるという点ではメリットかもしれません。

留学するためのビザ

留学するためのビザ

image by iStockphoto

留学をするためには、その国に滞在するためのビザが必要となります。

オーストラリアでは、短期留学など、3か月以下の就学の場合は観光ビザ(ETAS)で、4か月までならワーホリビザで学校に通うことができます。
3か月以上のコースに通う場合は学生ビザの取得が必要となります。
どれくらいの期間学びたいか、オーストラリアで何をしたいかによって、選ぶビザが変わってきます。

次のページでは『短期留学のための観光ビザとワーキングホリデービザ』を掲載!
次のページを読む >>