【留学経験者が伝授!】オーストラリアで留学をするメリットとは?

英語圏の留学先はたくさんあって、どの国で勉強するのが良いか。行く国によって文化や、英語、国民性もそれぞれ違います。この記事では、英語圏の留学先の中でも、オーストラリアを留学先にするメリットをご紹介します。

住みやすい国、オーストラリア

住みやすい国、オーストラリア

image by iStockphoto

最も住みやすい都市に選ばれる場所がいくつもあるオーストラリア。
街並みの美しさや、交通の便の良さ、安全な環境。
安心して留学生活を送れます。

行く都市によって天候や街の雰囲気も様々。
都会的な環境が好きという方は、シドニーやメルボルンのような都市を選ぶことができますし、ゆったりのんびりした環境がいいなという方は、アデレードやパースのような町が合うでしょう。

#1 気候が良く過ごしやすい

気候が良く過ごしやすい

image by iStockphoto / 57182302

広大な大地を持つオーストラリア。
国内でも時差があるほど大きいんです。
ですので、行く場所によって気候もさまざま。
雪が降る地域はごくわずかですし、ゴールドコーストやケアンズのように通年暖かく、マリンスポーツを楽しめる場所も。

メルボルンやタスマニアなどは比較的寒いのですが、4 seasons in 1 day(1日のうちに四季がある)と言われていて、1日の間にとっても暖かい時間帯と、夜や朝方など非常に寒くなる時間帯とあります。
最初のうちはこの温度差で風邪をひく可能性がありますが、慣れてくると、夏なんかは日本のように暑くて寝苦しいということがあまりないので、快適に過ごせますよ。

#2 都市部でも自然を感じられるほど緑が豊か

都市部でも自然を感じられるほど緑が豊か

image by iStockphoto

メルボルンなどの大きな都市でも、シティの中心部からそれほど遠くないところに多くの公園や、ガーデンがあります。
どの公園もきれいに整備されていて、四季折々の花を楽しめますし、木陰でゆっくり読書を楽しむことも。
都市部から離れると、ファームや草原広がり、緑豊かな景色の中に、牛や羊などの動物も見られます。
時には野生のカンガルーと遭遇するというサプライズもあるかも。

#3 観光地が多く、飽きることなく滞在できる

観光地が多く、飽きることなく滞在できる

image by iStockphoto

どの場所を留学先に選んでも、多くの観光地があるのがオーストラリアの魅力。
せっかく海外で滞在するのなら、観光地も訪れたいですよね。
オーストラリアには各地に美しいビーチや、カンガルーやドルフィンなどの野生動物と出会える場所、世界遺産などがあります。

日本ではあまり体験できないようなラフティングやバンジージャンプなども人気のアクティビティ。
留学で滞在中にチャレンジしてみるのもいいですね。
街並みも都市ごとに違うので、滞在中は他の都市に行ってみるのも楽しいですよ。
新たなオーストラリアの魅力が見つかるはずです。







#4 勉強できる場所がたくさんある

勉強できる場所がたくさんある

image by iStockphoto

私が滞在していたメルボルンでは、シティの中心部だけでも2-3館の図書館がありました。
大学がいくつもある学生の街なので、時間帯によってはとっても込み合っていますが、建物内もとても美しく、集中して勉強できます。
学校の中にもスタディスペースがあるので、クラスメイトと相談しながら勉強することも可能。

また、お天気の良い日には公園で勉強なんて言うのもおススメ。
オーストラリアのそよ風に吹かれながら本を読むのも楽しいんですよ。
隠れた穴場の勉強できるスポットは、ピーク時以外のフードコート。
ランチタイムなどは学生や会社員の方たちでとってもにぎわいますが、その時間帯を過ぎると、とっても静かで、何時間でも勉強できます。

#5 学校の選択肢が数多くある

学校の選択肢が数多くある

image by iStockphoto

オーストラリアで留学をする場合、高校留学や語学学校、専門学校、大学などで学ぶことができます。
学校によってカリキュラムやコースの内容も様々なので、自分の希望に合った学校を選べるはず。

例えば、語学学校で半年ほど英語を勉強した後に、もう少し専門的なことが学びたい、オーストラリアでの滞在を延ばしたいと思った場合、短い時間で費用を抑えたい場合は学費が安めの専門学校もありますし、本格的に学びたい場合は、英語力が必要にはなりますが、大学に進学することも可能。
学費もコース期間も多様なので、自分が学びたい期間と予算に応じてプランできます。

#6 多国籍な環境で学べる

多国籍な環境で学べる

image by iStockphoto

移民の国オーストラリア。
留学生も南米、ヨーロッパ、アジアなど日本では出会うことのないような国出身の人たちに出会うことができます。
みんなそれぞれバックグラウンドも文化も違うので、多くの刺激を得られますよ。
日本での当たり前が当たり前じゃないんだってことに気づかされます。

また、語学学校で驚くのは、他の国の留学生は、英語の間違いを気にせず意見を言い合えるということです。
自分の意見を英語で言うのって勇気がいりますよね。
英語での意見交換をする状況についていけないこともありますが、そのような環境になれてくると、自分の意見を英語で言えるようになりますよ。
間違いを恐れずとにかく話してみるのも英語習得の近道かもしれません。

次のページでは『いろんな国の食べ物が食べれる』を掲載!
次のページを読む >>