海外生活には必要不可欠!気になるオーストラリアの携帯事情

今から海外渡航に向けて準備中というあなた。海外生活を円滑にスタートさせる上で必要不可欠な存在が、実は携帯電話です。オーストラリアでの留学およびワーキングホリデー歴がある筆者が、オーストラリアの携帯事情について経験をふまえてお話させていただきたいと思います。

日本の携帯電話

日本の携帯電話

image by iStockphoto

渡航するにあたって、準備中にまず気になるのは日本の携帯電話はどうしたらいいのか、というところかと思います。
解約していくべきか、それとも海外に持って行くべきか。
些細なことに見えますが、海外が初めてなら尚更小さなことでも疑問や不安は解消していきたいものですよね。

これはまず、その滞在が短期なのか長期なのかではっきりと分かれてくるところでしょう。
期間にもよりますが、短期であるなら解約してしまわないことをお勧めします。
すぐに帰ってくるのに番号を消してしまうのは勿体無いですよね。
しかしこれは決して海外に持って行ってそのまま使うということではありません。
オーストラリアで国際電話を長時間すれば、次の携帯料金が請求されるときに引っ繰り返ってしまいますよ。
現地は現地で、新しいものを用意しましょうね。

そして卒業留学やワーキングホリデーで長期滞在が決まっている方は、ご友人やご家族にその旨を伝えた上で解約した方がいいかもしれません。
長く使わないのが分かっているのに同じだけの金額を支払うのは、ただでさえ費用がかさむ海外生活、これもまた勿体無いと思います。

ただ、もうひとつある方法としては、番号とメールアドレスを“一時休止・凍結”することです。
今回ご紹介している私もこの方法を利用していました。
今流行りのLINEやFacebookもありますが、昔馴染みの友人などの中にはメールアドレスや電話番号のみでしかやり取りしていない人もいたからです。

もちろん月々一定額を支払うことにはなりますが、そのままの状態で携帯を生かしておくよりも大分安上がりになりますよ。
ただ気を付けていただきたいのは、2年縛りがある方。
一時休止している間はこの2年間に含まれませんので、ご注意ください。

現地で使える携帯電話

現地で使える携帯電話

image by iStockphoto

オーストラリアで携帯電話を使用しようと思うと:

・SIMフリーの携帯電話を日本から持って行く/現地で購入して、現地のSIMカードを挿入する。

・日系の携帯電話会社と契約をする。

大まかに分けて上記の2種類になるかと思います。

そもそもSIMカードとは何か

そもそもSIMカードとは何か

image by iStockphoto

日本で携帯電話を購入する場合、お店に行くと既にSIMカードが入った状態で本体を手渡されることが多いため、自分のSIMを見たことがない、という方もいるのではないでしょうか?

SIMカードとは簡単に言うと、自分の情報が入っている携帯電話用IDのようなものです。
microSIMや標準SIM、nanoSIMなど、使用されているSIMの形式が違うことはあっても、全ての携帯電話に挿入されていますよ。

まずは理解しておきたいSIMフリーの携帯電話

まずは理解しておきたいSIMフリーの携帯電話

image by iStockphoto

SIMフリーという言葉を、みなさんは聞いたことがあるでしょうか。

これは最近日本でも知る人が多くなってきたように感じているのですが、キャリア回線(たとえばauやdocomoなど)に捉われず、SIMカードを入れ替えるだけで携帯電話やスマートフォン、またはタブレットが利用できることを言います。

日本では何もしないと主にキャリア回線に縛られていることが多いのですが、海外では主にこのSIMフリーを採用しています。

もちろんオーストラリアも同じ。
それ故、日本からSIMフリーの端末を持参した場合、現地ではSIMカードを購入しただけですぐに使うことができますよ。

また、日本で契約した端末を使用している場合でも、SIMロック解除できる場合があるため契約会社に確認してみてくださいね。
現地でもし本体を買わずに済むのであれば、初期費用が大分変わってくるので経済的に大助かりです。







日本の携帯を持って行く/現地で購入

日本の携帯を持って行く/現地で購入

image by iStockphoto

日本で購入した端末を現地まで持って行って使う場合。
日本の携帯電話はそもそもキャリア縛りがあり、ただ現地のSIMカードと元々入っていたものを入れ替えただけでは使えるようにはなりません。

日本を発つ前に、契約した携帯会社(au、docomoなど)でSIMロックを解除してもらいましょう。

SIMロック解除が万が一できなかった場合、これはもう現地で調達するしかありません。
費用はかさみますが、携帯電話は海外生活を送る上で必需品です。

現地の携帯会社では本体と一緒にSIMカードを購入できますし(SIMカードのみでも購入可)、お店のスタッフに頼むとおおよそにしてアクティベートなどもしてくれるのが嬉しいところ。

SIMカードはローカルのスーパーマーケットなどでも普通に買うことができます。

日系の携帯電話会社

日系の携帯電話会社

image by iStockphoto

どこの国にも、日系の携帯電話会社というものが存在します。
経験上、ワーキングホリデーのときはこういった形の会社を利用している人も多くいた印象です。

日本語が通じる上に、日本からの契約ができるというのが最大のメリットでしょうか。
会社によっては渡航前、日本にいる間に本体を受け取ることができるため、現地に到着して電源を入れた瞬間に使えるのが最高ですね。

さらには短期や長期などの滞在形態、また、インターネットの容量や通話時間などに合わせて、様々なプランから自分の好きなようにピックアップできることも少なくありません。

契約はインターネットから簡単にできるため、忙しい人にはお勧めですよ。

選べる2通りの使い方

選べる2通りの使い方

image by iStockphoto

自分で現地でSIMカードを購入することにした場合、渡航者がまず選ばなければならないのは契約方法です。

これには2通りあり、プリペイドか普通の契約を選ぶことになります。

次のページでは『節約にもなる「プリペイド式」』を掲載!
次のページを読む >>