どうして留学したの?留学の目的は?私が留学をした理由

留学の目的や動機はみなさん違いますよね。大学在学中に英語力を上げるためだったり、就職活動のためだったり、社会人になってからのスキルアップだったり。この記事では、なぜ私が留学をしようと思ったのかをご紹介します。

私が留学に行こうと思った理由

私が留学に行こうと思った理由

image by iStockphoto

私が留学を決意したのは社会人3年目の春。
大学卒業後、地元の企業に就職したのですが、海外で生活したい、英語力をつけたいと思い始めたのがきっかけでした。
大学時代には国際関係を学んでいたこともあり、海外、特に南アジアに興味がありました。
海外でのボランティア活動を通して知った人々の温かさや、文化の違いの面白さをもう一度感じたいと思い、仕事を辞め、留学をすることにしました。

留学の目的はなんだった?

留学の目的はなんだった?

image by iStockphoto / 91513275

留学の最初の目的は英語力を高めること、そして海外での生活がどんなものかを知ることでした。
大学時代にはアジアの国々への1週間から1か月ぐらいまでの短期間での滞在はありましたが、本格的に1年から1年以上滞在したことはなかったので、人生一度きり、自分のやりたいことをやろうと思い、留学をすることに。
また、アジアばかりを旅行していたので、英語がお互いに第2言語同士の人とは伝わるけれど、実際英語をネイティブとして話す人たちと会話するときに伝わらないという悩みもあったので、英語圏での留学に踏み切りました。

留学するまでの葛藤

留学するまでの葛藤

image by iStockphoto

大学時代の夢は海外で貧しい状況にある子どもたちのためにボランティアをすること。
しかし、ボランティアだけでは生活していけません。
そこで、大学卒業後は、2-3年は企業で働いて、お金をため、社会勉強をしようと思い就職に至りました。
今後また海外に出るかもしれないのなら、地元で貢献し、家族と一緒に過ごそうと思い、地元の企業に就職。

私が就職した会社は飲食業で、日々の長時間労働と、本当に自分がやりたいことではないことを日々続けていくという葛藤がありました。
もちろん一緒に働いていたスタッフは良い人たちでしたし、海外からのお客様も多い職場だったので、英語を使う機会もあり、充実した日々であったのも事実。
しかし、心のどこかで、海外に行きたいという思いが募っていきました。

留学の目的の変化

留学の目的の変化

image by iStockphoto

オーストラリア1年目はワーキングホリデーという形での留学でした。
最初の4か月を語学学校で過ごし、その後はアルバイトをしたり、旅行に出かけてみたり。
とっても充実した1年を過ごし、ワーキングホリデーの期間が終わるころには、オーストラリアでの生活にも慣れ、英語でのコミュニケーションもできるようになってきていました。
そこで、英語だけでなく、現地のローカルな仕事をしてみたいと思い、学生ビザに切り替え、保育を学ぶことにしました。






留学をすると決めてから準備したこと

留学をすると決めてから準備したこと

image by iStockphoto

日本での仕事を辞めて海外に行くと決めてから、留学についてのリサーチを始めました。
どの国に行くのがいいのか、学生ビザで留学するか、ワーキングホリデーで留学するのか。
私の決断は、とりあえずワーキングホリデーで1年間生活して、海外で生活できるのか試してみようというものになりました。
オーストラリアを滞在場所に決め、準備を始めました。

なぜオーストラリアを留学先に選んだのか

なぜオーストラリアを留学先に選んだのか

image by iStockphoto

留学先を決める際に私の中で迷っていたのは、カナダかオーストラリア。
ワーキングホリデーで行ける国はいくつかありますが、カナダは以前訪れたことがあったので、最初の第一候補はカナダでした。
しかし、当時カナダでの日本語の情報サイトはオーストラリアと比べると、あまり充実しておらず、現地についてから仕事が見つけられるかや、住むところが見つかるかなど少し不安に思うところがあり、カナダより日本語での情報量の多いオーストラリアを選ぶことに。

オーストラリアは、日本との時差も少ないですし、自然も多く、観光する場所もたくさん。
1年の滞在をするのに良い環境がありました。
もちろんカナダにしていれば、また違った体験ができたでしょうし、他の留学の楽しみ方があったかもしれません。
ですが、私は留学先をオーストラリアにしてよかったと思っています。

私の友人たちの留学した理由

次のページでは『就職前に英語力を上げておくため』を掲載!
次のページを読む >>