アメリカ大学留学を成功させるために。学校選びからライフスタイルまでご紹介

より専門的なことをさらに学んで自分のスキルアップにしたい、または、アメリカでこそできることを大学に行って学びたい、など、アメリカ大学留学を考えている方は多いはず。時間をかけてじっくり準備することが大切になってくるアメリカ大学留学。今回はその留学についてどのようなことを準備すればいのか、など疑問に思っていることをご案内いたします。
  • style="display:inline-block;width:336px;height:280px" data-ad-client="ca-pub-1386733479651016" data-ad-slot="6199981080">

アメリカの大学に留学するにあたって

準備はどれくらい前からするべき?

準備はどれくらい前からするべき?

image by iStockphoto

もちろん早ければ早いほどいいですね。
手続きする前に揃えるべき書類、そして英語の勉強もかなりしておくことが必要になってきます。
この英語の成績次第で大学が決まる、もしくは留学が決まります。
TOEFLスコアの取得について、しっかりと勉強しておく必要があります。
自分が行きたい大学がどれぐらいのスコアを必要としているかチェックしておきましょう。

アメリカの大学の仕組みは?

アメリカの大学の仕組みは?

image by iStockphoto

アメリカの4年制大学の数は約2000校、2年制大学の数は約1400校にのぼり、国内の学生のみならず外国人にも広く開かれているのが大きな特徴です。
4年制大学では学士号が取得でき、さらに修士号、博士号の取得をめざす場合は大学院に進むことができます。

どんな大学があるの?

どんな大学があるの?

image by iStockphoto

まず、総合大学。
これは日本の総合大学と同じで、学生数も1万人を越す大規模なものが多くあります。
学べる専攻分野が多くあり、優秀な教授陣のもとで最先端の研究が行われています。
ハーバード大学、カリフォルニア大学バークレー校など、レベルが高いのが特徴。

専門単科大学では、音楽、アート、デザイン、建築といった専門の分野で内容の濃い教育を受けることができます。
ファッション工科大学、ジュリアード音楽院などが知られています。

教養大学は、リベラルアーツカレッジと呼ばれていて、一般教養全般に主眼を置いている4年制大学。
総合的で幅広い教養を身につけることを目的とされています。
小規模なキャンパスが多く、その中で質の高い教育を受けられるのが特徴。

短大は、アメリカの2年制大学で、公立と私立の短大、ジュニアカレッジに分かれています。
修了すると準学士号を得流ことができます。
この家庭が終了してから4年制大学へ編入する方法も一般化しています。

アメリカ大学の留学準備について

どんな書類が必要?

どんな書類が必要?

image by iStockphoto

アメリカの大学入学へは、日本のように1回の試験での合否ではなく、時間をかけて審査されます。
そのために必要な書類として、願書、高校卒業後の留学の場合は、高校の成績、エッセイ、推薦状、そしてTOEFLのスコアです。
大学によって要求されるスコアは異なりますが、必要スコアを取得した上で、申し込みをすることになります。
エッセイを書いたり、 TOEFLスコアを取得することを考えると最低でも1年前からの準備が必要になります。

大学選びのポイントは?

大学選びのポイントは?

image by iStockphoto

いくつかポイントはあるので、自分のニーズと比べてみましょう。
まず、大学の規模から考えてみると、1000人の小規模大から30000人の大規模な大学まであります。
大規模大学は専攻学科や科目の数と種類が多く、選択の幅がたくさんあること、図書館などの施設などが充実していること、そして留学生の数も多く、学生のバックグラウンドが多様なことが特徴。
ただ、1クラスの人数が多いのできめ細かな部分での教育は受けにくいことも。
一方、小規模大学では、小規模なことで、フレンドリーで親しみやすさがあり、1クラスの人数も少なめ。
デメリットとしては施設の充実さに劣ることなどです。

そして立地も、田舎の広大な敷地にある学校、または大都会の中にある学校と分かれます。
アート系の学校は、大都市圏が多いです。

それから費用も需要なポイントになってくるのではないでしょうか。
州立、私立によって幅がかなりあります。
学費の上限を決めてその範囲内で選ぶ方法もありますが、自分でどうしても行きたいというところがあるのなら、それに向けてさらに準備をしていくという形をとったほうが後悔しないと思います。

気になる費用は?

1年でどれくらいかかるの?

1年でどれくらいかかるの?

image by iStockphoto

留学に必要な費用の総額は、それぞれの要素で年間どのくらい費用がかかるのかを詳しく調べる必要があります。
学校によって、また、留学先が都会か田舎であるかによって費用のかかり方も大きく変わります。
まず学費は、公立か私立か、都市にあるか、地方にあるかなどによってかなり違ってきます。
公立より私立が高く、文系より理系の学部のほうが高いのも日本と同じです。
州立大学で年間10,000〜36,000ドル、都心部の私立大学が、29,000〜43,000ドル、コミュニティーカレッジで、3,500〜13,000ドルになります。
大学ではほとんどのところが寮になっていうるので、食費込みで一年、7000〜14000ドルぐらいに。
こちらも学校によってかなり開きがあります。
それにプラスして、お小遣いということになります。
高い授業料を払うことになるので、学校選びは慎重にじっくり調べることをお勧めします。

そのほかどんなことにお金がかかりそう?

そのほかどんなことにお金がかかりそう?

image by iStockphoto

学費だけでなく、生活の場所、都市、生活スタイルによってかかるお金にも違いが出てきます。

例えば、都会にある大学は、寮の規模も小さくなるため、学生はアパートに住むことが多くなったりします。
都会に住めば、刺激もいろいろとあって、ついついお金を使いがちです。
物価も高いので食費、日用品代もそれなりに高くなってしまいます。
アメリカ留学では、都会にある私立の大学に行って、アパート生活をするのが一番費用がかかります。
一方で、田舎にある大学では、キャンパスの外から通うのがむずかしく、寮生活を送ることになります。
学食できちんと三食がまかなわれ、余計な外食費もかからなくなります。
なので田舎の学校の方が勉強安くなると共に、勉強に集中できる利点も。

大学の授業ってどんな感じ?


大学生の1日はどんな感じ?

大学生の1日はどんな感じ?

image by iStockphoto

まず7時に起床、シャワーを浴びて準備。
カフェテリアに行って朝食。
朝食は、ベーグルかトースト、ベーコン、卵などシンプルなもの。
9時ぐらいから授業が始まります。
12時まである場合やスケジュールによってはフリータイムも。
そして12時から1時間はランチタイム。
カフェテリアでおしゃべりしながらリラックスタイム。
サンドイッチやパン、スープなど意外にシンプルです。
13時から午後のクラスが始まります。
16時以降は授業も終わり、夕食までフリータイム。
夕食もカフェテリアで、好きなだけ食べ放題です。
その後はフリータイム。
テレビを見たり、図書館で勉強したりして過ごすと、もう24時で就寝タイム。
と、シンプルなライフスタイルで、都会的な日本の学生生活とは違い、慣れるまで戸惑ってしまうかもしれませんが、シンプルライフながらも、宿題など、やることはかなり多いです。

勉強は日本の大学と比べてどう?

勉強は日本の大学と比べてどう?

image by iStockphoto

海外の大学では、授業は参加する場というイメージ。
参加するための準備をしておかなければ先生への質問はできないし、生徒同士のディスカッションにも参加できません。
また自分のリサーチについてプレゼンテーションなども行います。
授業では自分の意見を発表したり、自分の考えを交換する場ということです。
日本の受け身のクラスとは違いますね。
なので、授業以外にやらなければならないことは結構多くなります。
日々の予習、復習、課題も意外に多いです。
勉強浸けの日々は、日本の大学とはかなり異なりますが、その分得るものは、はかりし得ないでしょう。
自分が努力したものが必ず帰ってきますよ。

大学留学のメリット・デメリットは?

メリットは積極性も学べること

メリットは積極性も学べること

image by iStockphoto

海外の大学は自分から積極的に参加していくスタイルが特徴になっています。
充実したプログラムは、日本にはないものもたくさんあり、より専門的なことを集中して学べます。
そして英語圏の国で3~4年過ごし大学に通うので、英語力も一段とアップしますね。
専門知識もしっかりと身につくといことがメリットの一つと言えるでしょう。
卒業後も、経験を生かした仕事ができ、色々な意味で幅も広がるでしょう。

デメリットはあるの?

デメリットはあるの?

image by iStockphoto

日本の大学と違い、海外の大学は卒業するのが難いということです。
せっかく入学条件を満たして入っても、英語力が足りず、授業についていくのが大変ということも聞きます。
第一言語が英語ではない分、現地の学生よりさらに努力することも必要になってきます。
でも、恐れず挑戦することがまず大事ですね。
予習のポイントや、課題などについて、ついていけないと思ったら遠慮しないで教授に質問してみることです。
教授は留学生にとても親身になって指導してくれ、アドバイスしてくれます。
積極的に行動して、不安をなくしていくことで解決できます。

アメリカ大学留学での息抜きポイント

とにかく好きなことをしてみる

とにかく好きなことをしてみる

image by iStockphoto

勉強に追われて、疲れてしまうこともあるかもしれません。
そんな時は、自分の好きな音楽を聴く、日本語の本を読む、などしてみるといいでしょう。
お気に入りの日本語の本を何冊かもっていくと、息抜きしたい時に助けになってくれます。
海外生活が長くなると、日本語の活字に飢えてしまう時があるものです。
そして、カフェなどいつもと違った環境で勉強してみるのもいい気分転換に。
時々自分にご褒美してみましょう。
あとは、友達とおしゃべりしてストレス発散。
疲れていたり、落ち込んでいたりする時には、特に友達の支えは心強いですね。

目標に向かって進むしかない

留学すると決めたら、その日に向かってコツコツと準備していきましょう。
ネットで情報を得ることも大切ですが、留学体験者の話を聞いたり、生の声はやはりとても参考になります。
そして大学留学を終えた自分を想像してみましょう。
これを将来成し遂げるために、留学を現実のものにして成功させていく、という思いがあればきっと達成できるはず。
努力の成果が目に見えて出るのが海外留学ではないでしょうか?
photo by iStock

demi

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アメリカ
北米
留学

アメリカの記事を見る

ニューヨークに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
留学経験者が解説する「ニューヨーク留学」のすべて。費用は?おすすめ期間は?英語は学べる?
ちょっと意外!同時期に発展した自動車と映画ってどんな歴史を持っているの?
現在も実は世界恐慌の真っただ中?アメリカで起こった株暴落から始まった世界恐慌とはどんなもの?
アメリカ最古の都市「ボルティモア」にある「ベーブ・ルース博物館」で感じる野球の歴史
【アメリカ】ゴールドラッシュの成功者が起こした鉄道事業!大陸横断鉄道はこうやってはじまった
映画「ラ・ラ・ランド」のロケ地・撮影場所はここ!
アメリカ旅行なら「サンフランシスコ近代美術館」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
【マンハッタン?ブルックリン?】ニューヨークのエリアと違い・区分と見どころを詳しく解説
いつか行ってみたいヴァージン諸島「セントトーマス島」で見たい絶景10選
ニューヨークの憧れホテルはここ!格安から高級までおすすめ30選
アメリカが大勝利した独立戦争って、近代ヨーロッパにも大きく貢献した世界的な歴史なんです

関連記事を見る