社会人になっても留学できる?社会人に短期留学をおすすめする11の理由

社会人になってからの留学は、仕事を辞めてから行かなければいけなかったり、休職しなければいけないと思っていませんか?仕事を辞めなくても、留学はできるんです!社会人におススメなのが短期留学。1-2週間ほどの留学ならば気軽に行くことができますし、仕事への影響なく留学が楽しめますよ。

短期留学が社会人におススメな11の理由

費用を抑えて留学ができる

費用を抑えて留学ができる

image by iStockphoto

留学に行こうと思うと、学費や滞在費、ビザ代など、多くのお金がかかりますよね。
短期留学なら留学費用も抑えられます。

例えば、ビザ代。
短期留学なら、観光ビザや、ビザなしで渡航できる国も。
カナダは日本のパスポート保持者ならビザなしで半年まで滞在できますし、短期滞在のために観光ビザが必要なオーストラリアでも、ビザ代は$20と、とても安いんです。

学費も、2週間ほどの留学なら、驚くほど高額な留学費用を払わなくても留学が可能。
国にもよりますが、10万から20万円ほどあれば短期留学はできます。
さらに、アジア留学ならば、学費も滞在費も抑えて留学できるので、安く留学したい方にはおススメですよ。

留学の手続きが簡単にできる

留学の手続きが簡単にできる

image by iStockphoto

留学に行く場合、何カ月も前からビザ申請をしたり、学校の手続きをしたり、準備にも多くの時間が必要。
仕事をしていると、そんな手続きをする時間もなかったりしますよね。
短期留学ならば、観光ビザも簡単に取れますし、あまり準備する時間がないという方は、留学エージェントにお願いすれば、ビザ申請から学校の手続きまで、多くの留学手続きのサポートをしてもらえます。

仕事の休暇中に行ける

仕事の休暇中に行ける

image by iStockphoto

長期留学に行く場合は仕事を辞めたり、休職しなければいけないというリスクがありますが、短期留学なら今の仕事を続けながら留学が可能なんです。
社会人になると、1年の内、数週間の休暇を取れるタイミングはあるのではないでしょうか。
1-2週間のまとまった休みがあれば、短期留学はできます。
せっかくの長期休暇だから、ゆっくりしたい方も、海外旅行に行きたいと思う方もいるかもしれませんが、その休暇を有意義に過ごしてみませんか?休暇中に留学をして、英語力を高め、スキルアップしちゃいましょう。






英語を仕事に生かせるようになる

英語を仕事に生かせるようになる

image by iStockphoto

グローバル化が進む中で、日本にいても英語を使う機会は増えてきていますよね。
そんな中で仕事上でも英語を使わなければいけない場面もあるのではないでしょうか。
英語のスコアを上げることも大切かもしれませんが、仕事で必要なのは英語の実践力。
留学に行くことで、英語を話すことへの抵抗がなくなり、自信もつくので、仕事で英語を使う場面があっても、すぐに対応できるようになります。
また、短期間の留学でも、語学学校から終了証をもらえるので、留学したという証明もできますよ。

国際的な感覚を身に着けられる

国際的な感覚を身に着けられる

image by iStockphoto

留学先の語学学校では、多国籍な環境で学ぶことになります。
英語を学ぶ学生は年齢も国籍も様々。
そんな環境で英語を学ぶことで、他国の文化や習慣の違いを肌で感じることができます。
語学留学は英語を学ぶだけでなく、様々なバックグラウンドを持つ国の人々とどうコミュニケーションをとればいいのかや、日本との違いを知ることで、国際感覚を身に付けることが可能。
日本に帰国後に、海外の人と仕事をする場合も、スムーズな対応ができるようになりますよ。

海外旅行を楽しみながら学べる

海外旅行を楽しみながら学べる

image by iStockphoto

休暇を利用した留学だと、勉強ばかりでせっかくの休みが終わってしまうと思うかもしれません。
ですが、留学に行くということは、海外に行くということ。
留学中は海外旅行を楽しむように、観光を楽しむ時間も十分にあるんです。

また、語学学校によっては、週末など、エクスカーションという体験活動を行う時間を設けているところもあり、他の留学生と一緒に小旅行に行ったり、バーベキューをしたりと余暇を楽しめる時間もたくさん。
短期留学ではタイトなスケジュールになるかもしれませんが、留学中は時間を有効に使って、勉強と観光を両立して楽しめるといいですね。

次のページでは『英語+α留学で資格ゲット』を掲載!
次のページを読む >>