【英語習得は早いうちから☆】中学生が短期留学に行くメリットや方法

英語は何歳になってからでも学べますが、中学生のうちに留学することは多くのメリットがあります。留学を通して海外の生活を体験することで英語だけでなく、コミュニケーションスキルを伸ばしたり、感性を豊かにするきっかけになりますよ。

中学生で留学に行く方法とは?

長期休暇を使った留学

長期休暇を使った留学

image by iStockphoto

中学生の留学で一番ポピュラーなのが、夏休みや冬休みなどの長期休暇を使った留学方法。
高校から本格的に留学を考えている方や、英語が好きだから留学に行ってみたいという方など、海外で英語を試したい、学びたいという方におススメ。
夏休み期間中なら、アメリカやカナダなどのサマースクールに参加して、学生寮やホームステイでの生活を体験することも可能。
中学生の留学を手伝ってくれる留学エージェントを使用すれば、現地空港での送迎から、現地での生活のサポートまでしてもらえるので、安心して留学することができますよ。

家族と一緒に 親子留学

家族と一緒に 親子留学

image by iStockphoto

中学生では1人で留学に行くのは不安という方もいるのではないでしょうか。
そんな方におススメなのが親子留学。
親子留学なら、お子様を1人で海外に送り出す心配もありません。
親子で一緒に留学すれば、お互いの英語学習をサポートし合えますし、良い思い出作りにもなります。
お母さんやお父さんの仕事の休暇期間を使って家族で留学するのも良いですね。

姉妹都市との交換留学

姉妹都市との交換留学

image by iStockphoto

多くの市町村では姉妹都市というものがあります。
姉妹都市との交流の一環で、交換留学を行っていることも。
姉妹都市が英語圏なら、英語を学ぶことができますし、英語圏でない場合でも、中学生で海外を経験することは、とても有意義な経験になりますよ。

私の住んでいた市では、カナダとの姉妹都市提携があったので、中学2年生の時に20名ほどの同級生のグループで10日ほどの海外体験をしました。
渡航前に基本的な英語での受け答え方や、ホームステイ期間中の注意事項などの事前学習を受け、留学に備えました。
プログラム中は、市の職員さんが何名か引率についてくださったので、問題があったときも日本語で相談できましたし、いつも共に勉強している同級生と一緒だったので、ホームシックになることもなく、英語圏での生活を楽しめましたよ。
私の市ではホームステイプログラムという形でしたので、語学学校での英語の学習などはありませんでしたが、10日間ホストファミリーと過ごし、カナダの自然や文化を体験できたことはとても素敵な体験になりました。







中学生の短期留学がおススメな理由

新しい言葉を吸収しやすい

新しい言葉を吸収しやすい

image by iStockphoto

中学生での留学のメリットは、柔軟にものごとを受け入れられる年齢であるということ。
何歳からでも新しい言語を学び、習得することはできますが、10代のうちはどんなことでも素早く吸収し、覚えられる時期でもありますよね。

実際、高校から留学している人と、社会人で数年働いてから英語の勉強をし始めた人では、英語習得に差が出てしまいます。
特に発音は、高校から留学している人たちは、ほとんどネイティブのように話せるのに対して、20代、30代からの留学をしている人はネイティブレベルに追いつくのは難しくなってきます。

語学の習得は特に、文法のルールや多くの単語などを覚えながら学習しなければなりません。
ですので、新しいことを吸収しやすい10代での語学の勉強は、多くの利点があると言えます。

実際に使われている英語に触れることができる

実際に使われている英語に触れることができる

image by iStockphoto

日本で英語を勉強する場合、英語の先生が教える英語を暗記するという方法が主流ではないでしょうか。
最近では小学校でも英語を勉強したり、中学からはネイティブスピーカーの先生が英語を教えてくれる場合もありますよね。
ですが、英語圏の国で生活することで、日本で学ぶ英語との違いに気付けるはず。
英語で生活することで、実際に英語がどう話されているのか、生活に使われる英語はどのようなものなのかを覚えることができます。
次のページでは『英語学習に積極的になれる』を掲載!
次のページを読む >>