オーストラリアで看護留学をするための費用と方法

オーストラリア留学の中でも人気のひとつである看護留学。留学にかかる費用や、どのくらいの期間で看護師として働けるようになるのか気になりますよね?この記事では、看護師資格を取得するまでにかかる費用と留学方法をご紹介します。


オーストラリアで看護留学をするメリット

オーストラリアで看護留学をするメリット

image by iStockphoto

オーストラリアは、医療、福祉の先進国のひとつ。
医療サービスや介護、福祉の設備や就労環境が整っています。
オーストラリアで看護を学びたいという方の多くは、オーストラリアで看護師として働くということがその先の目標にあるのではないでしょうか。
オーストラリアでの医療、福祉業界での賃金はとても高く、初任給でも年間500万円程度稼ぐことができるんです。
留学費用は結構掛かりますが、正看護師として働くことができれば、十分に学費を返せるほどのお給料がもらえますよ。

さらに、オーストラリアで正看護師となれれば、永住権を申請できるというメリットも。
看護師はオーストラリアで不足している職業リストに入っているため、オーストラリアでの看護師の資格と経験をもとに、オーストラリアへの永住もできちゃうんです。
ビザ、永住権の条件は日々変わりますので、オーストラリア移民局のページからご確認ください。

語学学校の費用はいくらぐらいかかる?

語学学校の費用はいくらぐらいかかる?

image by iStockphoto

オーストラリアで看護を学ぶ場合、高い英語力が必要。
ですので、語学学校での英語学習から始める方が多いんです。
語学学校の費用は学校によって様々ですが、1週間に$250(約23,000円)から$400(約38,000円)ほど。
半年の留学なら70万円、1年の語学留学を考えるなら、約140万ほどを想定しておくと良いでしょう。
大学に入るための語学学校の留学期間は人それぞれ。
語学学校や留学エージェントと相談して、自分に必要な留学期間を決めましょう。

医療英語を学ぼう

医療英語を学ぼう

image by iStockphoto

医療の現場で使われる英語は、一般の英語とは違いますよね。
看護留学をする方の多くが通うのが医療英語(English for Health Professional)のコース。
このコースでは、医療器具や病気の名前から、病院での働き方、そしてロールプレイを行って、実際の現場で働けるようなトレーニングを行います。
入学条件は中級以上の英語力になるので、一般英語を学んだ後に、このコースで学ぶと良いかもしれませんね。
医療英語のコースは1週間で$300(約28,000円)から$400(約38,000円)ほど。
4週間から申請でき、自分の英語力に応じて、期間を決めることができます。

看護助手の資格を取るには?

看護助手の資格を取るには?

image by iStockphoto

オーストラリアで正看護師として働くためには、大学で学ぶことが必要となります。
まだ英語力が十分でない、看護を学ぶ自信がまだないという方には、看護助手から始めるという方法がおススメ。
看護助手はHealth Care Assistantとか、Care workerと呼ばれます。
コースは、Aged care(介護ケア)、 Disability care(障害者ケア) 、Acute Care(看護助手)などがあり、日本でいう介護士に近い資格。

Certificate III(サティフィケイト3) や、 Certificate IV(サティフィケイト4)のコースが主流で、サティフィケイト3のコースでは、介護の現場で必要となる基本的な知識を学び、半年ほどで資格取得ができ、学費は50万から70万円ほど。
サティフィケイト4は半年から1年のコースで、より専門的な知識を学べるコースになっていて、70万から100万円ほどの学費となります。
学校によってはサティフィケイト3と4のコースをパッケージにして、両方のコースを申し込むと、学費が安くなることもありますよ。

看護/介護+インターンシップに参加しよう

看護/介護+インターンシップに参加しよう

image by iStockphoto

ワーキングホリデービザを利用して行われるのが、この看護とインターンシップのプログラム。
ワーキングホリデービザは18歳から30歳までの方がオーストラリアで1年滞在することが可能なビザ。
30歳までという年齢制限はあるものの、オーストラリアで働くことができるビザなので、実際に病院、介護施設で有給で働くことができます。

看護留学を専門として留学をサポートしてくれるエージェントを通せば、学校の手配から、インターン先の紹介までサポートがあり、1年で100万円前後。
個人で留学する場合も、中級程度の英語力があれば、語学学校に行かずとも、日本での看護師としての資格、経験があれば、介護の資格取得の専門学校または医療英語のコースに通った後に、病院や介護施設での仕事を探すこともできます。
オーストラリアの看護、介護の現場を体験したい方におススメの留学方法ですよ。

准看護師のコースで学ぶには?

准看護師のコースで学ぶには?

image by iStockphoto

アシスタントナースと、正看護師との間にあたる資格が准看護師のコース。
この資格はTAFEと呼ばれる専門学校で取ることが可能。
コース期間は1年から1年半ほどで、学費は150万から200万円ほどになります。
このコース終了後は准看護師として働くことも可能ですし、大学のコースに編入することもできます。
また、看護のコースほど入学条件も厳しくなく、英語力はIELTS6.0から6.5ほど。
看護学科に入る入学条件に満たない場合は、まず准看護師のコースからスタートするのも良いですね。

オーストラリアで正看護師になる方法と費用はどれくらい?

Writer:

記事を読んでいただき、ありがとうございます。英語力を身に着けたいという思いから、ワーホリで1年ほどオーストラリアに滞在。
その後、オーストラリアでの経験を積むために、4年ほど留学しました。とても住みやすく、留学先に最適な国オーストラリア。
実際の体験から、留学の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

アジア
オセアニア
オーストラリア
留学

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット