【長期、短期、ワーキングホリデー】留学するのに必要な英語力は?

留学したいという思いの原点は、その国の文化について学んでみたい、生活に触れてみたい、またはアートや音楽など専門的なことを学びたいと様々あると思いますが、一番にあるのは、英語を学びたいということではないでしょうか?留学するのに必要な英語力、勉強法など、留学を決めたら特に不安になる要素を、そして留学後もどうやって英語に触れていくかもご紹介いたします。


留学にはどんな種類があるの?

短期の語学留学で集中的に学ぶ

短期の語学留学で集中的に学ぶ

image by iStockphoto

語学留学のスタイルで人気の一つが短期留学でしょう。
特に忙しい社会人には、スケジュールも組みやすいし、長くの滞在は難しいけれど、英語学習と現地の生活に触れてみたいという方にはお勧め。
最短で1週間からあり、入学もいつからでも可能です。
たとえ1週間でも、旅行とは全く違った体験ができます。
語学学校で英語を学び、ホームステイで現地の生活に触れる。
色々な意味でのカルチャーショックを受けることも楽しみの一つでもあります。
短期留学をきっかけにより英語を身近に感じ、さらなるステップアップをしたいという新たなモチベーションになるかも。

長期の語学留学で余裕を持って学ぶ

長期の語学留学で余裕を持って学ぶ

image by iStockphoto

長期で語学留学も人気。
3ヶ月以上滞在できれば、英語力はもちろん、現地での生活にも慣れ、本当の意味で生活感を感じられるようになるのが長期留学。
英語を聞く耳もかなり鍛えられますし、また吸収しやすくなるのを、自分でも感じることができるでしょう。
語学学校でも沢山の新しい友人ができたり、好きなお店、場所を見つけて息抜きしたり、一番楽しくなってくるのがこの時期。
長期でも働くことはできませんが、そのぶん、フルタイムで学業に専念して留学生活を楽しむのがいいですね。
長期滞在用に、資金もコツコツ貯めておく必要があります。

ワーキングホリデーで仕事もゲット

ワーキングホリデーで仕事もゲット

image by iStockphoto

英語圏では、オーストラリア、カナダ、イギリス、ニュージーランドなどでワーキングホリデーの制度を取り入れています。
どの国も現在18〜30歳までですが、国によって毎年ルールの変わるので、サイトでマメにチェックしてみましょう。
ワーキングホリデーの魅力は、フルタイムではありませんが、学校にも通えて、しかも仕事もできるということです。
より現地の生活に寄り添うことができ、仕事も学んでスキルアップには絶好のチャンス。
英語力もあればより自分の希望に近い、そして仕事の選択の幅も広くなっていきます。
滞在もホームステイや、シェアハウス、アパートを借りたり予算や好みに合わせて選ぶことが。
このプランでしたら、1年をめどに考えているという方にはぴったり。
社会人にも人気があります。

大学で専門的なことを学ぶ

大学で専門的なことを学ぶ

image by iStockphoto

より高い英語力が求められるのが大学留学でしょう。
社会人になってから、さらなるスキルアップを目指して海外の大学留学を志す人は近年多いです。
より専門的なことを学び、将来につなげるためには、時間もかなりかかりますが、もちろんたくさんのことを学べます。
大学選びのポイントは、自分の行きたい国、自分の学びたいことをピックアップして、それに近いものを探して行きます。
入学するには、滞在資金はもとより、入学に必要なTOEFLなどのスコアが必須。
2年以内のスコアが有効になるので、早めのスコア取得を目指して、準備して行きましょう。

種類によって必要な英語力?

短期の語学留学に必要な英語力

短期の語学留学に必要な英語力

image by iStockphoto

短期的に語学力を磨くのを目的としているのが短期の語学留学です。
様々な語学学校やコースから選ぶことができるので、自分の興味のある、行ってみたい国を基本に選ぶといいでしょう。
海外体験をしてみたいという方にはお勧めです。
短期留学の場合は、初級者から上級者レベルまで、学校はどこでも入れます。
全く英語は初めてという方でも入学可能。
でも、出発までにはある程度生活に必要な英語、ホームステイ先で、学校で、レストランでなどのフレーズや、サバイバル英語は覚えておくようにしておいたほうがいいでしょう。
少しでも英語に触れておくことが、現地での生活をより実り多いものにします。

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

留学

関連記事を見る

留学の記事を見る

短期留学1ヶ月。おすすめの国と、そこでできること、学べることとは?
これで安心。留学したいけど英語ができない、初心者のための簡単学習法
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
カナダ留学の種類とビザの申請の仕方について
【大阪にもある留学センター】わざわざ東京まで出向く必要なし。大阪の留学センターで出来ること
大学を卒業してからの留学。新卒を捨てる意味とは?
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学経験者が教える】短期留学で英語漬けの1週間にトライ!
【留学経験者が教える】これは持って行くべき。留学先で役立つ持ち物リスト
英語をもっと上達したい!海外留学おすすめの国はここ
英語留学はどの国がいい?英語圏の留学のススメ