【英語学習】語学留学ってどんなもの?留学の基礎知識

語学留学と聞いても、実際に語学学校でどんなことを学び、どんなメリットがあるのか気になりますよね。日本でも英会話スクールなどに通うことで英語を学ぶことができますが、留学することでより深く英語を学ぶことができますよ。この記事では語学留学とはどのようなものかをご紹介します。


語学留学とは?

語学留学とは?

image by iStockphoto

語学留学とは、海外で語学学校(英語圏なら英語を学ぶための学校)に通って、現地で生活しながら、英語を学ぶという留学方法。
滞在方法はホームステイや学生寮、シェアハウスなどが一般的で、自分の予算、生活スタイルに合わせて選ぶことができます。

なぜ語学留学が必要なの?

なぜ語学留学が必要なの?

image by iStockphoto / 83887453

日本にいても、英語だけでなく様々な外国語を学ぶことはできますよね。
大学で専門のコースに通ったり、英会話スクールに参加したり、参考書を買って独学で勉強したり。
日本にいても、ある程度の英語を学ぶことはできます。
しかし、言葉はその国の文化や風習とつながっている場合もあるので、その言語が話されている国で言葉を学ぶことで、日本語からの翻訳ではなく、実際に使われている言葉を自然に習得することができますよ。

日本の英会話スクールと海外の語学学校の違いとは?

日本の英会話スクールと海外の語学学校の違いとは?

image by iStockphoto

日本の英会話スクールでは、英語で会話をするということがメインとなりますよね。
クラスでは買い物や、旅行などのテーマがあって、そのテーマに沿って英会話を練習するというスタイルが主流なのではないでしょうか。
もちろん、この方法でも英語力を伸ばすことはでき、旅行先でも使える程度の英語力はつきます。

留学をして語学学校で英語を学ぶ場合は、英会話だけでなく、文法のクラス、スピーキングのクラス、リーディングのクラスなどがあり、英語を使えるようになるためのスキルを磨くことが可能。
クラスでも、与えられた英語の文章を復唱して覚えるのではなく、英語の文章を自分で考え、自分の言葉で話すことが重要視されます。
例えば、男女平等についてや、都会と田舎の暮らしはどちらが良いかなどのテーマが与えられ、賛成派と反対派に分かれて討論をしたりする授業も。
このようなクラスを通して、ただの英語の文章の暗記ではなく、自分の意見を英語で言うことができ、コミュニケーションを取れる力を伸ばすことができますよ。

語学留学のメリットとデメリット

語学留学のメリット

語学留学のメリット

image by iStockphoto

語学留学をするメリットは、語学学校だけではなく、生活の中でも英語を使う経験ができるということ。
留学中は学校の中はもちろん、スーパーに買い物に行くときも、電車に乗るときも、英語を使う機会がたくさんあります。
生活の中でも英語を使うことができるので、いろんな場面に対応できる英語を学べるようになりますよ。
英語生活を体験することで、流暢な英語を話せるようになります。
また、日本で学ぶだけでは分からないようなスラングや流行語なども現地で学ぶからこそ知ることが可能。
同じ英語圏でも、国によってスラングや単語の使われ方は違います。
そんな違いを楽しめるのも留学に行くメリットのひとつなんです。

語学留学のデメリット

語学留学のデメリット

image by iStockphoto

留学をするデメリットのひとつは、留学費がかかるということ。
留学に行くということは、学費だけでなく、留学中の滞在費や生活費もかかります。
留学中に働くことのできるビザであれば、アルバイトをしながら留学費をカバーできますが、そうでない場合は十分な資金が必要。
また、留学中の授業はすべて英語になるので、初級レベルの英語力で留学する場合は文法の説明などを理解するのは、大変かもしれません。
留学するには、英語の知識が少しあると留学期間を無駄にせず有効に使えますよ。

語学留学ができる国はどこ?

語学留学ができる国はどこ?

image by iStockphoto

英語を学べる国はアメリカやカナダ、オーストラリアなどが主流ですが、それだけではないんです。
英語を学べる国は世界にたくさん。
最近では、フィリピンやインド、シンガポールなどのアジア諸国も英語を学ぶ留学先として人気。
アジアの国々でも、英語を第2言語として話す国があるので、中級、中上級レベルまでなら、アジアの国で十分に英語を勉強することができます。
アジア留学は学費や滞在費なども安く、日本からも比較的近いという利点がありますが、気を付けなければいけないのは、治安が悪かったり、衛生管理がされていないことがあるということ。
そして、ネイティブな英語を学びたい人はすこし物足りないと感じるでしょう。
上級者向けの英語や、ネイティブな表現も学びたいという場合は、やはり、第1言語として英語を話すアメリカやカナダ、オーストラリアなどの国を選ぶと良いかむしれません。
次のページでは『語学学校に入学するためには?』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

記事を読んでいただき、ありがとうございます。英語力を身に着けたいという思いから、ワーホリで1年ほどオーストラリアに滞在。 その後、オーストラリアでの経験を積むために、4年ほど留学しました。とても住みやすく、留学先に最適な国オーストラリア。 実際の体験から、留学の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

留学

関連記事を見る

留学の記事を見る

短期留学1ヶ月。おすすめの国と、そこでできること、学べることとは?
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
大学を卒業してからの留学。新卒を捨てる意味とは?
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学経験者が教える】短期留学で英語漬けの1週間にトライ!
【留学経験者が教える】これは持って行くべき。留学先で役立つ持ち物リスト
英語をもっと上達したい!海外留学おすすめの国はここ
1週間の短期留学、有意義な留学にするためのアイデアはこれ
ニューヨーク留学を選ぶ理由は?費用は?留学経験者が伝えるNY留学
「お金が無いから」と言わせない!給付型奨学金の全て
短期語学留学の効果は?1週間から選べる英語学習の意味を解説