知りたい!オーストラリア留学をするときに持っていくべきもの

4. 鼻に優しい「ポケットティッシュ」

ポケットティッシュ。

もちろん、海外でも手に入る日用品です。
何故こちらを推すのかと言うと、海外のものは一枚一枚がまるでペーパーナプキンのように大きく、そして分厚く固いため。
かさばるものではありませんから、スーツケースなどの隙間に散らばらせておくと良いかもしれません。

わざわざ購入しなくても、街灯で配られているもので充分です。

3. 土足厳禁も有り得る「スリッパ」

スリッパ。

これに関しては、海外製と日本製で大きな違いが見受けられるわけではありません。
しかし、現地に到着したらすぐに滞在先に向かいますから、もしかしたらいちいち購入している暇は無いかもしれませんよね。

海外の家でも必ずしも土足とは限りません。
安い物で構いませんから、ひとつ持っておくと安心です。

2. 面倒臭がりでも大丈夫「洗濯ネット」

洗濯ネット。

こちらは、私の留学経験の中でも非常に重用したものです。
海外の洗濯機は大型で豪快なものが多く、日本のような繊細な衣服を放り込むとすぐに駄目にしてしまいます。
しかし全てを手洗いしている訳にもいきませんよね。

ホームステイで、現地の家族が纏めて洗濯をしてくれるという場合は特にです。

自分の衣服を失くさないため、また、少しでも長く着られるために、ぜひ1つ2つ、持って行くことをお勧めします。

1. アイディアが詰まった「ハンガー」

ハンガー。

私は数度海外滞在を経験しておりますが、毎回持って行くものがこちら。
日本製のものはタオルを掛けるものや下着などが干せる洗濯バサミが付いたものなど、バラエティーに富んでいて非常に便利です。

シェアハウスやホームステイでもハンガー自体は用意してくれていることも多いですが、細かいものを干せるハンガーを用意していくと良いと思います。

その他:オーストラリアだからこそ

オーストラリアだからこそ特に必要なもの。
もちろんあります。

まずは日焼け止め。
オーストラリアの紫外線は、日本よりも強くなっています。
もちろん現地調達可能ですが、対策していくに越したことはないと思いますよ。

そして紫外線対策に付随してお勧めしたいのが、サングラス。
これはなるべくしっかりとしたものを購入することをお勧めします。
○○円均一などの安いものを使っていると、日光を遮断し切れないというのが事実。
それ程までにオーストラリアの日差しは厳しいのです。

しかしやはりオーストラリアの夏は最高! ということで、ビーチはとても綺麗ですから、スーツケースに余裕があるようでしたら水着やサンダルを持って行くと楽しみが倍になりますね。

あって当然なもの

あって当然なもの

image by iStockphoto

注意書きになりますが、上記はあくまで便利な物で、当然持って行かなければならない物は含まれていません。
「これさえあれば大丈夫!」という物は、下記をご参照下さい。

Mocha(モカ)

Writer:

2016年、最初にニュージーランドに渡ったときから早10年。その後オーストラリア(2回)の渡航を含め、留学、ワーキングホリデーと計3回の海外生活を経験。海外生活を送る際に自分が感じた疑問や不安などを解消すべく、読者の方目線で情報をお伝えしていきます。

この記事のカテゴリ

オーストラリア
オセアニア
留学

関連記事を見る

オーストラリアの記事を見る

大自然に抱かれて~魅力溢れるオーストラリアの世界遺産を全部解説!
世界自然遺産の中でも桁違いの規模!世界最大の珊瑚礁群のグレート・バリア・リーフの歴史
オーストラリア短期留学に持っていくと便利なものリスト
【語学留学】オーストラリアに短期留学したい!期間別の費用まとめ
オーストラリア留学をするなら、留学エージェントを上手使おう!
オーストラリアで看護留学をするための費用と方法
知っておくと便利!オーストラリア留学に必要なビザを解説
【留学経験者が伝授】オーストラリア留学、1年間の留学でいくらぐらいかかる?
【留学経験者が教える】オーストラリア留学でおすすめの都市6選
たくさんある!無料で利用できるオーストラリアの無料留学エージェント
オーストラリア留学、半年行く場合の留学費用ってどれくらいかかるの?
海外生活には必要不可欠!気になるオーストラリアの携帯事情