絵画のような景色に出会える!マルタ留学の勧め

海外留学といえばアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ…。近年ではフィリピンやマレーシア、シンガポールなどの東南アジアへの留学も有名になってきましたね。しかし留学において渡航先というのは多種多様、そういった有名な国々だけではないということをご存知でしたか? 実は穴場的存在として、マルタ島という選択肢もあるのです。今回は、まだ日本人にとって大きくは認知されていないマルタ留学についてお話していこうと思います。

地中海に浮かぶ島・マルタ

地中海に浮かぶ島・マルタ

image by iStockphoto

皆さんは、マルタ共和国という国をご存知でしょうか? マルタは地中海に浮かぶ小さな島国で、日本人にとってはリゾート地として有名な観光地です。

写真集が出るほど猫が多く、猫好きには堪りませんね。
日本と同じ島国でありながら、様々なヨーロッパ諸国へのアクセスが簡単なマルタ共和国。
マルタへの留学は一体どのようなものなのでしょうか。

観光だけではない「マルタ島」

観光だけではない「マルタ島」

image by iStockphoto

まずは、リゾート観光地として有名なマルタ島はどういった国なのかをお話していきたいと思います。
日本から遠く離れた国ということもあり、習慣や文化、言語など何もかもが異なり面白いことばかりですよ。

美しいマルタ島の「地理」

マルタ島。
正式名称マルタ共和国は、地中海に浮かぶこじんまりとした島国。
世界地図を広げて見てみると、イタリアがあり、その先にシチリア、そしてその下にちょこんとあるのがマルタ島です。

綺麗なビーチに囲まれたマルタはリゾート地として有名で、6~8月には観光客で賑わっています。
マルタの海はシーズン中泳ぐことも出来ますよ。
留学する際にも綺麗な海を見て気持ちをリフレッシュさせ、勉強に集中出来る環境作りをしたいですね。

日本と同じ島国のマルタ、「人口・面積」

島国という点に置いては日本と同じマルタですが、人口は42万人、面積は316㎢ほどの小さな国家。
この面積は日本で一番小さいと言われる香川県と比べても、5分の1程度の大きさです。
人口も非常にこじんまりとしたものですから、留学中はのびのびと過ごせること間違い無しですね。
簡単な気持ちでは決められない海外留学だからこそ、落ち着いた環境で勉強に臨みたいものです。

留学をするからこそ重要な「治安」

留学はひとりですることが多いですから、何よりも気になってしまうのはその国の治安。
もちろん安全な国を選ぶに越したことはないですが、日本自体がそもそも世界でも有数の安全な国ですから、ある程度の防犯意識は重要になってきます。

マルタ共和国は比較的安全な国と言われていますが、夜のひとり歩きは控えるなどの対策は取っておくようにしましょうね。
女性であるなら尚更です。
何か危険な目に遭った時などは迷わず警察や大使館など、然るべき場所に連絡するようにしましょう。

日本とは正反対の「時差」

マルタ共和国と日本の時差は7~8時間。
マルタは日本人にとってあまり馴染みのないサマータイム制を取り入れている国ですから、1時間の差が生まれます。

サマータイムは3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までで、この時の時差は7時間。
日本の方が進んでいます。
それ以外の時期は8時間です。
ほぼ日本とは活動時間が正反対ということになりますから、留学中に日本の家族や友人と連絡を取る際には気を付けて下さいね。

日本人にとっては過ごしやすい「季節」

地中海性気候のマルタ共和国。
例えば東南アジアのシンガポールやマレーシアなどは常夏国家であるため、夏が苦手な人には辛い部分もあるかもしれません。
しかし、マルタの気候は11月~4月は平均14℃、5月~10月は平均23℃と、比較的過ごしやすくなっています。
ただ、海外ではよくあることなのですが、朝晩の気温差が激しいことも多いのもマルタの特徴。
留学中に風邪などを引いたときの孤独感はホームシックにも繋がり、中々苦しいものです。
防寒はしっかりチェックするようにしましょう。

Mocha(モカ)

Writer:

2016年、最初にニュージーランドに渡ったときから早10年。その後オーストラリア(2回)の渡航を含め、留学、ワーキングホリデーと計3回の海外生活を経験。海外生活を送る際に自分が感じた疑問や不安などを解消すべく、読者の方目線で情報をお伝えしていきます。

この記事のカテゴリ

ヨーロッパ
留学

関連記事を見る

ヨーロッパの記事を見る

チェコ観光に行ったら訪れたい歴史的スポット13選
【文字があったら歴史が違った?】文字文化があったギリシアと持っていない日本の違い
鉄道の歴史を変えた「蒸気機関車の父」ジョージ・スチーブンソンとはどのような人物?
【ポーランドの世界遺産】激動の歴史に翻弄された国の世界遺産一覧
古代ミステリーから近代建築まで!イギリス世界遺産を全部解説
【チェコの世界遺産】まるで絵本中に入り込んだみたい!チェコの世界遺産を全て紹介
恋も愛も捨てた処女王・エリザベス1世の波乱の生涯
東京ディズニーランドにある人気アトラクション「キャッスルカルーセル」の魅力
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
元住民が解説!ブリュッセルの観光完璧ガイド
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【元住民が解説】ルーヴル美術館の観光完璧ガイド