【留学フィンランドの大学院留学って何が学べる?費用は?快適?

皆さんは、北欧の教育レベルは世界でもトップレベルだとご存知でしたか? 中でもフィンランドは世界教育水準ランキングで1位に君臨する程質の高い教育が受けられる国。日本でも北欧雑貨や家具などは非常に人気が高いですよね。今回はそんなフィンランドの大学院留学について、お話させて戴こうと思います。

自然が豊かな「フィンランド」

自然が豊かな「フィンランド」

image by iStockphoto / 18528735

皆さんは「フィンランド」と聞いて、何を想像されるでしょうか。
壮大なオーロラに、美しいフィヨルド。
景色の荘厳さは世界中のどの国にも引けを取りません。
また、もしかしたら北欧のひとつということで、冬は寒いというイメージもあるかもしれませんね。
大学院留学をするにしてもその国について基本情報程度は知っておかなければなりませんから、まずはフィンランドという国について以下ご紹介です。

ロシアのすぐそば!フィンランドの「人口・面積」

フィンランドは北欧、つまりヨーロッパの北東に位置する小さな国です。
面積は33万㎢程度ですから、日本を少し小さくした感じでしょうか。
そう聞いただけで親近感が湧いてきそうですね。
人口は約548万人。
面積は日本とそう変わらない大きさでありながら、人口は日本のどの都道府県よりも少ないという結果です。
なんだかのんびりとした国民性になりそうですね。

落ち着いた雰囲気で勉強に集中するには良い環境かもしれません。

バルト海の乙女・フィンランドの「首都」

フィンランドの首都は「ヘルシンキ」。
別名「バルト海の乙女」などとも呼ばれています。
近代的な街並みと美しい緑のコントラストが、訪れる者たちの目を惹き付けます。
フィンランド最大の都市ですが、街の中に公園や自然が当然のように交じっているため、安心感を与えてくれますね。
そして日本人として欠かせないのが北欧雑貨や家具の存在。
ヘルシンキでももちろんショッピングが出来ますから、留学中の息抜きにはうってつけです。

2つに設定された「公用語」

「フィンランドってそもそも何語?」と気になる方もいらっしゃるかと思います。
当然ですよね。
我々日本人は義務教育のうちから英語は習いますが、それ以外の言語には一切触れずに育ちますから。
第3言語以降は興味が無ければ知識などあるはずもありませんよね。

ここフィンランドでの公用語は、一応フィンランド語とスウェーデン語という風に設定されています。
“一応”と表記したのは、フィンランド人のほとんどは難なく英語を理解することが出来るからです。

私にも留学中やワーキングホリデー中に出来たフィンランド人の友人がいますが、ほぼネイティブと同様の英語を話します。
何故かと訊ねてみると、子どもの頃から英語のテレビ番組などが当たり前のように放映されているからとのことでした。

大学院などでも英語で行われているプログラムやコースもありますから、フィンランドの公用語が分からないからと諦める必要はありませんよ。







尊重し合い共存する「民族」

日本はほぼ日本人のみで構成されている国ですから、民族と聞くとあまりピンと来ないかもしれません。
しかし、海外では多くの国が多民族で成り立っています。
互いの文化や習慣、その全てを尊重し合って生きているのですね。

そこでフィンランドの民族はと言うと、フィンランド人はもちろんですが、その他にはスウェーデン人とサーメ人がいます。
サーメ人とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、北ラップランドという地域に住んでいる人たちのことです。
「これぞ北欧!」と思われるカラフルな伝統衣装はとても可愛らしいですよ。

勉強の傍ら、そういった国ならではの事情などを知ることが出来るのが海外留学の醍醐味ですね。

世界にも名の知れた「エンターテイメント」

フィンランドには日本人にとっては堪らない、最高のエンターテイメントが待っています。
まず、世界的に知れたサンタクロースはフィンランド出身。
雪が降りしきる中トナカイに引かれて子どもたちのもとへやって来るサンタクロースのイメージは、流石北欧ですね。

そして更にはムーミン。
これは日本にもファンが多いのではないでしょうか。
フィンランドの小説や絵本などから生まれたムーミン、実はここ、フィンランドにはムーミン谷も存在するのです。
毎年6月~8月にオープンしていることもあり、その時期になると観光客で賑わいます。
留学をするのであれば、一度は訪れておきたい場所ですね。

気を付けておきたい「治安」

海外留学をするにあたり、最も調べておかなければならないポイントのひとつは治安です。
特に日本は世界でも有数の安全な国であるため、やはり日本人は防犯意識に欠けていることもあります。

フィンランドは欧州の中では安全な方だと言われていますが、それでもスリや置き引きなどに遭わないよう気を付けたり、夜のひとり歩き、また危険な雰囲気の場所には近付かないように心掛けましょう。
危ない目に遭うと、それだけで留学生活が楽しくなくなってしまいます。

次のページでは『ヨーロッパは正反対の「時差」』を掲載!
次のページを読む >>