社会人になっても語学留学に行ける?費用や期間は?おすすめ留学先は? 

旅行で訪れた国についてもっと知りたい、海外の文化にもっと触れたい、そして英語をもう一度現地の雰囲気を感じながら学んでみたいと思っている社会人の方は実は結構多いのでは?社会人になってからでも留学は十分可能です。いってみたいと思ったらそれが新しいことの始まり。語学留学を経験して新たな自分発見してみませんか?

留学先はどんな国があるの?

留学先はどんな国があるの?

image by iStockphoto / 86478385

海外留学を考えている方なら、まずはどこの国に行くかを考えてみましょう。
すでにアイデアも決まっている方もいるかと思いますが、選んだポイントをもう一度チェックしてみるといいですね。
私は、単純にその国が好きだから、と言う理由が一番だと思っています。
その国について知りたい、生活してみたいと思っていれば自然と英語を勉強する、そしてなんでも受け入れられる気持ちと、体制ができやすいはず。
まずは、留学先として人気の国をいくつかご紹介いたします。
どこが自分の気持ちに近いか確認してみてくださいね。

アメリカはいつでも人気の留学先

アメリカはいつでも人気の留学先

image by iStockphoto

旅行でも人気の都市がたくさんあることから、アメリカを選ぶ方は多く、いつでも人気の国。
日本人にとってもとても身近なところも人気なのかも。
そんな自分にとって身近な国に行って、旅ではなく、生活感のある暮らしを試してみたい、そして英語を学んでみたいと思うもの。
都会、街の喧騒が好き、そしてエンターテイメント、アート、ファッションに興味があるならおすすめするのがニューヨーク。
それらに興味があるけれど、寒いのが苦手であれば、温暖な気候が人気の、ロスアンゼルスがいいかも。
こちらはニューヨークより開放的で大都会ですが気候のせいかのんびり感があります。
また、ちょっと落ち着いた雰囲気で暮らしたいならボストンやシアトルも人気。
学生も多く程よい都会感が行動しやすく便利。
街並みも綺麗です。
そして海が好き、現実から解放されたような日々を過ごしたいのならハワイ。
マリンスポーツも楽しめますね。
このように、考えただけでワクワクするような都市がアメリカにはいっぱいです。

美しい自然と共存している国で、住み心地の良さを実感するならカナダ

美しい自然と共存している国で、住み心地の良さを実感するならカナダ

image by iStockphoto

カナダも住み心地の良さで人気の留学地。
広大な大自然の山々の風景を思い浮かべる方も多いのでは?カナダは、比較的どこの都市でも安全で、住みやすいところが人気です。
海外生活で安全性は重要なポイント。
ここではワーキングホリデー制度もあるので、訪れる人も年々増えている国。
都市ごとに興味深い特徴があり、住むほどに魅力を感じられる国。
大都会もあれば、ウインタースポーツを満喫できる都市、大自然の中でのんびり生活を楽しめる街など様々。
大都市で異文化を感じたいのならトロントがおすすめ。
カナダのエンターテイメントの中心です。
また、バンクーバーはカナダの中では温暖な気候で、程よい都会感を感じられる街。
こちらは特にワーキングホリデーで人気がある都市。
また、ヨーロッパの雰囲気を味わいたいなら、モントリオール。
カナダには、英語とフランス語の2 つの公用語があり、ここモントリールの3割ぐらいの人口がフランス語を話します。
冬は特に寒いところが多いですが、それもいい経験になるかも。

自然がいっぱいの人気国、オーストラリア

自然がいっぱいの人気国、オーストラリア

image by iStockphoto / 85154109

オーストラリアの魅力は何と言っても温暖な気候。
そして都会派もアクティビティ派も生活を楽しめるところではないでしょうか?安全で解放的な雰囲気は、他の英語圏の国にはない特徴かも。
こちらもワーキングホリデーでも大変人気があり、日本人率も高いですが、それはこの国がいかに魅力的であるかとうことでしょう。
オーストラリア一の都会で、アートの雰囲気も味わえるシドニー。
語学学校への留学、ワーキングホリデー共に人気のです。
そして、マリンスポーツなどのアクティビティも楽しめる、ちょっとのんびりしたムードがあるケアンズ。
自然に戯れながら生活ができると言うことでたくさんの日本人留学生も訪れています。
また、ゴールドコーストも同じく解放的で、観光客も多い都市。
どの都市でも大自然がすぐ隣にあるという雰囲気の都市が多いのがオーストラリア。

歴史と文化の奥深さを知り、感じるのがイギリス

歴史と文化の奥深さを知り、感じるのがイギリス

image by iStockphoto / 29699748

古いものを大切にしながらも、斬新な新しいものも追い求める国イギリス。
高貴な印象と言ったらやはりイギリス。
建築物などを見ると歴史的なものあり、そしてモダンなものもありというところが、そう感じさせてくれますね。
音楽、ファッションや文化も世界的に影響を与えてきているものが多いイギリス。
アフタヌーンティーに代表される優雅な紅茶文化もあり、そしてサッカーやラグビーなどのスポーツも人気。
そんな歴史を大切にする国イギリスに魅了される方も多いかと思います。
単一民族のイメージがありますが、実は多民族国家でもあるイギリス。
異文化も学べる国と言えるでしょう。
大都会のロンドンは歴史からファッション、エンターテイメントとトレンドを感じながら生活したいなら何と言ってもここ。
学生が多いケンブリッジ、イングランド南部、リゾート地区のブライトンなど。
都市によって全く雰囲気が違う街が点在しているのもイギリスの魅力。






近年人気、とにかく集中して英語を学びたいならセブ島

近年人気、とにかく集中して英語を学びたいならセブ島

image by iStockphoto

近年話題で、人気のあるフィリピン、セブ島の短期留学。
ここへの留学は、目的がもっと絞られていて、短期集中で英語を学びたいという人が特に多く訪れている国。
そして日本人の社会人に大変人気。
留学先として急成長中と言うこともあり、語学学校もかなり増えています。
もちろんマリンスポーツなどのアクティビティも楽しめます、が比較的リーズナブルに、しかも少人数、またはプライベートレッスンなどで効率的に学びたい方向けかも。
穏やかな雰囲気の中で、環境を変えて英語漬けに、そして早く成果を出したい、と思う方にお勧め。

留学期間は?どれくらいから留学できるの?

留学期間は?どれくらいから留学できるの?

image by iStockphoto

語学留学は、最短で1週間からあります。
それから1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、そして1年以上滞在するというコースもあります。
長期の留学となると仕事を休職したり、辞めて出発ということになるので、ご自身のスケジュール、状況をチェックしながら考えてみましょう。

社会人におすすめ留学コース その1 短期留学

社会人におすすめ留学コース その1 短期留学

image by iStockphoto

短期留学は1週間から体験できます。
これなら、忙しい社会人の方にも気軽に行くことができますね。
このコースだったら、有給をとって行ける範囲。
海外旅行と同じ感覚で行くことができます。
でも旅行とは全く違う、現地ての生活と英語漬けになれる一週間。
これなら大丈夫そうと思えますよね。
長くの滞在は難しいけれど、英語学習と現地の生活に触れてみたいという方にはお勧め。
語学学校で英語を学び、ホームステイで現地の生活に触れる。
色々な意味でのカルチャーショックを受けることも楽しみの一つでもあります。
もう少し長く滞在しても大丈夫と言う方には、1ヶ月のコースもお勧めです。
より生活を楽しむことができますよ。
短期留学をきっかけにより英語を身近に感じ、さらなるステップアップをしたいという新たなモチベーションになるかも。
次のページでは『社会人におすすめ留学コース その2 ワーキングホリデー』を掲載!
次のページを読む >>