ニュージーランド在住者か解説!大学留学の費用や事例

悲しいことにやる気は十分あっても先立つものがなければ海外留学は難しいのが現状です。まずは大まかにどんな事に費用がかかるのかを把握してみましょう。今回はわかりやすいように2パターンの留学例を挙げてみたので参考にしてみてください。(NZ$1を80円で換算しています)


事例1、基礎コース受講からの大学入学

事例1、基礎コース受講からの大学入学

image by iStockphoto

東京在住、1年間大学を休学してオークランド工科大学に留学予定。
英語が得意ではないので英語の基礎コースを半年受けてから、残りの半年間教育学部に就学。
初めての海外生活で不安なので学校の近くの学生寮に入寮。
そんな留学スタイルの場合は具体的にいくら必要になるのでしょうか?

まず始めに留学に必要なもの

・パスポート申請にかかる手数料: 16,000円(10年)

・海外留学保険:1年間で保証内容の手厚いもの、最安値で231,070円

・ビザの申請料金: 学生ビザをオンラインで申請した場合は無料。
滞在期間が6ヶ月以上になるので指定の病院でのレントゲン検査が必要になるので11,500円。
その他の費用として戸籍謄本、住民票の写し、証明写真。

合計で約26万円になります。

東京からオークランドまでの航空券

東京からオークランドまでの航空券

image by iStockphoto

東京からオークランド間で直行便があるのはニュージーランド航空のみなので他の航空会社の選択肢はなくなります。
学生ビザがあれば片道航空券で入国することが可能。
1年間有効なフィックス・オープンチケットを購入し、現地で正確な帰国の日にちが決まってから帰国便の日にちを変更する方法もあり。

金額はシーズンによって異なりますがだいたい10万円~20万円になるようです。

オークランド工科大学学費

大学に入学するだけの語学力が足りない場合はまず英語の基礎クラスを受講します(6ヶ月)。
基本的にライティング、リーディング、リスニング、スピーキングの授業がありそれそれのテストに合格すれば大学に入学することができます。

Certificate in English for Academic Study というコースで13,930ドル、日本円で約1,114,400円。

その後残りの半年を教育学部(Bachelor of Education)で学ぶと26,480ドル、日本円で約2,118,400円。
もし卒業まで在学するとなると1年分の学費×3(3年間)となります。

オークランド工科大学の入学金は150ドル。
Student Service Feeは614ドル。

その他に教科書代として基本、1科目に1冊は必要。
金額は安くて100ドル、高いものは200ドル以上、Eブックで代用できる場合もありますががそれでも本より多少安い程度。

年間で考えると約300万かかります。

寮費と食費

寮費と食費

image by iStockphoto

部屋のサイズは3つありスタンダードサイズで半年間で5,690ドル、日本円で約455,200円。
その他の費用として入寮費、150ドル、インターネット代、250ドル、シーツ代、130ドルなどがかかります。

食費+雑費で週100ドルあれば自炊で贅沢しなければ足りると思います。
外食やランチをテイクアウトしたりすると食費話グンと上がってしまいます。
外食の相場は30ドルから50ドル。
ランチにサンドイッチやスシなどを買うと軽く10ドルはかかってしまいます。

半年の寮費+食費+雑費で約70万円。

その他にかかる費用として通信費、交通費、交際費、旅行代

交通費、 例えばオークランドのバス定期は150ドルから190ドル。
市内を走るバスは料金最大1ドル。
その他のバスでも2ドルから5ドルほどで利用できます。

携帯の基本料金はSkinnyと言う会社で1番やすくて月額9ドル、50分間国内電話無料でText(メール)は無制限、100MBのインターネット使用量。
46ドルで通話、Text無制限、3.5GBまで使えるプランもあります。
プリペイド式だとトップアップの最低料金は$20で無くなり次第またチャージしてつかう。
あまり携帯を使わない人や同じ会社の携帯電話をつかえば、テキストや通話が無料だったりするので使い方しだいでお得に。

大学でできた友達との交際費、そしてせっかくニュージーランドに来たからには旅行も楽しみたいですよね。
これらの費用も忘れずに加えておきましょう。
学生証があるといろんなところで割引をしてくれるのでダメもとで支払いの際は学生料金があるか聞いてみましょう。

事例2、1年間の社会人大学留学

事例2、1年間の社会人大学留学

image by iStockphoto

地方在住、語学留学の経験があり英語には自信あり。
lELTSを日本で受験し大学入学規定の点数を獲得。
オタゴ大学の商学部に1年間の社会人留学。
シェアハウスで自炊。
移動の為に車も購入する場合いくら必要になるでしょう?

パスポート、海外旅行保険、ビザ、食費は事例1と同じなので省きます。

ちなみに日本でlELTSの試験を受けるには25,380円かかります。

Writer:

オーストラリアとニュージーランドでのワーキングホリデーを経てニュージーランド移住を決意。悪戦苦闘の末、永住権を獲得してから早6年、現在は一児の母となりニュージーランドの田舎町、大自然に囲まれて家族3人でひっそり暮らしています。読書の皆様の為になる情報を発信出来るような記事を書く様に心がけています。

この記事のカテゴリ

オセアニア
ニュージーランド
留学

関連記事を見る

オセアニアの記事を見る

大自然に抱かれて~魅力溢れるオーストラリアの世界遺産を全部解説!
世界自然遺産の中でも桁違いの規模!世界最大の珊瑚礁群のグレート・バリア・リーフの歴史
オーストラリア短期留学に持っていくと便利なものリスト
【語学留学】オーストラリアに短期留学したい!期間別の費用まとめ
オーストラリア留学をするなら、留学エージェントを上手使おう!
留学の不安を解消!安心して学べるニュージーランド留学のメリット
知りたい!オーストラリア留学をするときに持っていくべきもの
ニュージーランド随一の絶景がここに!「クイーンズタウン」で見たい絶景10選
【ドラマのような生活も!?】現地在住者が解説!ニュージーランドの大学について
現地在住者が解説!ニュージーランド留学の為のビザの取り方
オーストラリアで看護留学をするための費用と方法
知っておくと便利!オーストラリア留学に必要なビザを解説