大学卒業後でも留学しよう!大学卒業後に留学をするメリットとデメリットとは

大学を卒業してからも、まだ学び足りない、海外で学んでみたいという方もいるのではないでしょうか。大学卒業後の留学は多くのメリットがありますが、その反面デメリットがあるのも事実。今回の記事では、大学卒業後の留学について、どのようなメリットと、デメリットがあるのかをご紹介したいと思います。

大学卒業後に留学をするメリット

英語力を伸ばすことができる

英語力を伸ばすことができる

image by iStockphoto

留学をする一番の目的は英語を学び、英語力を身に着けたいという方が多いですよね。
留学をする事で、ネイティブな英語表現を学べますし、日々、英語だけでの生活を送ることができるので、しっかりと英語を学びたい方には留学がおススメ。
日本で英語を学ぶよりも効果的ですし、留学を通して使える英語を学ぶことができますよ。

さらに、英語力があれば、就職をする際にも仕事を探しやすくなります。
英語力を必要とする企業はたくさん。
大学卒業後でも留学をして英語力を身に着けることができれば、より良い就職先を見つけられる可能性も出てきますよ。

勉強や研究に集中できる

勉強や研究に集中できる

image by iStockphoto

海外での大学や大学院に行く方の中には、日本で社会人として数年働いた後に留学に来る方もいます。
一度勉強や研究から離れた後にもう一度学校に戻ると、勉強の仕方を忘れてしまっていたり、他の若い学生についていけなかったりすることも。
大学卒業後すぐに海外の大学などで学ぶことができれば、そのような問題を抱えることなく勉強や研究に集中できますよ。

専門知識をより深く学べる

専門知識をより深く学べる

image by iStockphoto

大学卒業後に留学をする場合、語学学校で英語を学ぶだけではなく、海外の大学、大学院などで学びたいという方もいるのではないでしょうか。
学ぶ分野によっては、日本より海外の方が進んだ研究がされている場合もあるので、日本の大学院で学ぶよりも、海外の大学院で学ぶ方がより深く専門知識を学べることも。
さらに、英語での授業に参加することで英語と専門知識の両方を学べるので、留学の期間を無駄にすることはありません。






グローバルな考え方が持てるようになる

グローバルな考え方が持てるようになる

image by iStockphoto

留学に行くと、現地の人たちだけでなく、多くの留学生との交流も増えます。
英語を学びに来る留学生は様々な国から来ているので、自分とは違った考え、価値観を持っていることも。
多国籍な環境で学ぶことで、世界にはいろんな考えの人がいて、それぞれの考えを尊重しながら学び、生活していくことの大切さを知ることができますよ。
このような体験は日本にいるだけでは得ることのできないものです。
日本で就職する場合も、海外で就職する場合にも生かせる経験となるでしょう。

就職先の選択肢が増える

就職先の選択肢が増える

image by iStockphoto / 70459487

海外の大学や大学院を卒業すれば、就職先も日本だけでなく、現地での採用や、英語圏、アジアなどでの就職を視野に入れることもできます。
十分な英語力と専門的な知識、スキルがあれば、海外で働くことは、難しいことではありません。
職種によっては海外で不足しているものであれば、仕事が見つかる可能性も増えますし、永住権を目指すこともできますよ。

大学卒業後に留学をするデメリット

次のページでは『留学費用が掛かる』を掲載!
次のページを読む >>