【留学経験者が解説】短期留学で英語は習得できる?おすすめ短期留学先と期間別の費用

現在学生の方、そして社会人の方も、留学をお考えの方、たくさんいると思います。でも、思っているだけでなかなか実行にうつせないまま、という方も意外と多いのではないでしょうか?期間や日程、費用、英語力など、短期留学するにあたって必要な情報を、ここでご紹介いたします。疑問に思っていることをここで解決して、留学を現実のものにしましょう。


短期留学とは? どれぐらいの期間からできるの?

短期留学とは? どれぐらいの期間からできるの?

image by iStockphoto

短期留学は1週間からできます。
まるで海外旅行のような日程ですが、行とは全く違った経験ができるのが留学です。
短期留学では、ホームステイをし、現地の生活スタイル、文化も学びながら、語学学校でしっかり語学を学習するという英語漬けの毎日を送れる、素晴らしい経験。
たとえ1週間でも、計りし得ないものを得ることができるとお約束できます。

短期留学のメリットは?

短期留学のメリットは?

image by iStockphoto

短期留学に、メリトッはたくさんあります。
まず、一番には、準備に時間がかからないことで、計画がしやすいということ。
どうしても準備がかかってしまう長期留学と違い、手続き等がすぐできるという点。
特に忙しい社会人の留学にとっては大事なことですね。
急に行ってみたくなった、この辺りの日程なら、休みが取れそうとか、来年あたり行ってみようかな、と思ったらすぐに行動に移せる手軽さがあります。
そして短期で海外生活をすることによって、より凝縮した留学生活を送ることができます。
旅行とは全く違った海外の生活に触れることができるのは短期留学ならでは。

短期留学のデメリットは?

短期留学のデメリットは?

image by iStockphoto

あえてデメリットはというと、やはり時間が少ないということ。
滞在期間が短いので本当にあっという間に終わってしまうことです。
日常の生活でも1週間はあっという間なので、それを思うと、留学期間はもっと早く感じてしまうもの。
もっとこうしておけばよかったとか、せっかく生活に慣れてきたところで帰国時期になってしまった、という気持ちになるもの。
でもそのような後悔は、長い期間留学していても感じるもの。
逆に凝縮した、濃密な時間を過ごせると思えば、のんびりしすぎる生活より、かえって充実した日々になるかも。
とポジティブに捉えましょう。

短期留学お勧めの国、都市はどこ?

短期留学お勧めの国、都市はどこ?

image by iStockphoto

では早速、どんな国、どんな都市があって、しかも短期留学でお勧めできるところをご紹介いたします。
ご自分にあったところを見つけてみましょう。

人気のアメリカ、まずは東か、西かで選んでみましょう

人気のアメリカ、まずは東か、西かで選んでみましょう

image by iStockphoto

アメリカ最大都市、ニューヨーク

アメリカ最大都市、ニューヨーク

image by iStockphoto

アメリカの東部で代表する都市と言ったら、ニューヨーク。
アメリカの、そして世界有数の都市であることはご存知ですね。
大都市の活気のある雰囲気の中で生活してみたいのなら、ニューヨークが向いているかも。
美術館やエンタテイメント、グルメに、世界中で有名な観光地の数々。
どの観光地も充実しているので、勉強もそして息抜きとしての遊びも十分に楽しめます。

落ち着いた歴史を感じる待ち、ボストン

落ち着いた歴史を感じる待ち、ボストン

image by iStockphoto

ボストンもお勧めの都市。
アメリカの中でも歴史的で、ニューヨークと比べてとても落ち着きがあり、住みやすい都市。
有名大学も多いので、それだけ学生の数も多く、世界中から集まっています。
また街自体がとても雰囲気のあるスタイリッシュな雰囲気、歩いているだけで楽しくなるような、素敵な街。
勉強にも集中できそうな美しい都市です。

ロスアンゼルスの開放的な雰囲気

ロスアンゼルスの開放的な雰囲気

image by iStockphoto

ニューヨークにならんで、たくさんの留学生が集まる街、ロスアンゼルス。
語学だけでなくその土地柄、アートや音楽、映画に関することを学びにきている人も多数。
温暖な気候と、開放的な雰囲気はたくさんの人を魅了しています。
訪れる観光地も多く、またニューヨークとは違ったファッションもなと締めるところ。

住みやすさもここは定評あり、シアトル

住みやすさもここは定評あり、シアトル

image by iStockphoto / 84673545

個人的にとても住みやすい街だと思うのがここ、シアトル。
街のサイズも程よく、歩いて色々なところに気軽に行け、しかも安全。
食べ物も魚料理が多く、比較的日本人の口に合う点もポイントが高いかも。
雰囲気もちょっとクラッシックな部分もありボストンに近いかもしれません。
おなじみスターバックスのの1号店も。
アメリカのコーヒー文化の発祥の地といってもいいほど。
街中にカフェがあふれています。
学生も多く、学びやすい環境が揃っていると言える都市。

大自然と都会が共存している国、カナダ

大自然と都会が共存している国、カナダ

image by iStockphoto

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

留学

関連記事を見る

留学の記事を見る

短期留学1ヶ月。おすすめの国と、そこでできること、学べることとは?
これで安心。留学したいけど英語ができない、初心者のための簡単学習法
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
カナダ留学の種類とビザの申請の仕方について
【大阪にもある留学センター】わざわざ東京まで出向く必要なし。大阪の留学センターで出来ること
大学を卒業してからの留学。新卒を捨てる意味とは?
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学経験者が教える】短期留学で英語漬けの1週間にトライ!
【留学経験者が教える】これは持って行くべき。留学先で役立つ持ち物リスト
英語をもっと上達したい!海外留学おすすめの国はここ
英語留学はどの国がいい?英語圏の留学のススメ