短期留学で、これは持って行くべき、あると助かる持ち物

留学、特に短期留学は幅広い方に人気。短い時間で語学学習、そして現地での生活も学べ、凝縮したした濃い時間を過ごせる貴重な体験。留学をさらに充実した楽しいものにするためには、事前の情報収集はとても大切ですね。今回は、そんな短期留学を計画されている方に、知っておいてお得な情報、持って行った方がいい持ち物、などをご紹介いたします。


短期留学はどんな国がある?

どこの国に留学予定ですか?またはどこにいきたいですか?

どこの国に留学予定ですか?またはどこにいきたいですか?

image by iStockphoto

短期留学。
人気の国がたくさん。
現在留学地としては、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、フィリピンなどがあります。
私たちのとって身近な国、アメリカにはエンタテインメントを楽しめる都市がたくさん。
そしてカナダは広大な土地に広がる大自然と共に楽しむオーロラ鑑賞やスキーなどのウインタースポーツ。
オーストラリアでは、南半球のカラッとした気候と大地の恵みを感じる大自然。
そして真夏のクリスマス。
ニュージランドも、のんびり穏やかな地域での、人々とのコミュニケーションをエンジョイしながらの生活。
イギリスは伝統と歴史、そしてモダンさも融合した魅力いっぱいの国。
そしてフィリピン、セブ島は最近特に短期留学先として、人気が高まってきたいる国。
それぞれ国によって特徴もあり、違った文化、そして違った音の英語を学べます。
持ち物もいく国によって変わってきますね。

どの時期、季節にいきたいですか?

どの時期、季節にいきたいですか?

image by iStockphoto

自分お好きな季節、このイベントを見てみたい、などいきたい時期もそれぞれあるかと思います。
ハワイ、セブなどは年中暖かい、暑い日々が続きますが、日本のような四季を感じる国がほとんど。
例えば、温暖な春に行って春の息吹を感じながら語学学習をしたい方。
緑が美しい季節は人々の心もオープンに穏やかにしてくれます。
マリンスポーツ、太陽の日差しを思い切りエンジョイしたいなら夏に行きたくなりますね。
オーストラリアの夏の時期は日本と逆になりますが、寒い時に会えた暖かいところに行くこともお勧めです。
秋には紅葉を楽しみながら、涼やかな気候の中で、勉強に集中できそうですし、冬はクリスマスなどイベントが盛りだくさん。
特に海外で過ごすクリスマスは本当にロマンティックで、海外文化を学ぶのならこの時期に行くこともお勧めしたいです。
時期によって持って行くもの、特に服装など全く違ってくるので荷物の量も変わってきます。

どんな服装がいい? 春、夏編

どんな服装がいい? 春、夏編

image by iStockphoto / 88681545

春は暖かく、夏は日本より気温も高く、カラッとした暑さだから軽めの服装で大丈夫、と思いがちです。
もちろん日中は過ごしやすくても、朝晩は急に冷えることも。
特に夏は気温差が激しいです。
どこの国に行くにしてもこの季節に行くのなら、半袖だけではなく、羽織ることができるジャケットやニット、カーディガンがあると便利。
お勧めはニットカーディガン。
折りたたんで持ち運びも便利ですし、着ないときは肩にかけたり、腰に巻いたりできますね。
海外は時に夏の時期、室内の冷房が効きすぎてキンキンです。
ちょっと冷え性の方は、夏なのに寒い思いを、下手をすると風邪を引いてしまうかも。
なので、暑い夏だからと言わず、持って行くようにしましょう。
女性は、薄手のストールも同様に便利で活躍しますよ。

どんな服装がいい? 秋、冬編

どんな服装がいい? 秋、冬編

image by iStockphoto

この時期に出発する方は、着るものも準備するものも多くなるにで、荷物も多くなってしまうもの。
四季がある国では夏が終わると、一気に肌寒くなります。
例えば、アメリカやカナダの東側、ニューヨーク、ボストン、トロントなどは、10月になると空気が一気に、さらなる乾燥と共に寒さがやってきます。
秋でも厚手のジャケット、ダウンコートでも暑すぎることはないです。
そして冬になれば、これらの寒さの厳しい地域では、ロングコート、ダウン、手袋マフラーは必須。
寒さと乾燥からくる空気の冷たさで、日本以上に感じます。
全体的に、季節を通じて乾燥対策は必要かも。

短期留学に持って行くものは?

出発前にチェック。持って行くべきものリスト

出発前にチェック。持って行くべきものリスト

image by iStockphoto / 82622885

まず、必ず必要なものを確認してみましょう。
まずはパスポート。
もちろん期限も確認。
そして航空券、学校の入学許可証、現金は日本円で2~3万円は取っておきましょう。
そしてもちろん外貨も。
当日余裕を持っていけば、空港で両替。
保険にも忘れずに入っておくこと。
海外、特にアメリカは医療費が高額です。
ただし、短期留学の場合はクレジットカードに付随している保険でもまかなえそうだったらそれでいいかも。
この場合も、保険内容内容を確認しておきましょう。
そしてクレジットカード。
現地ではあまり、現金は危険なので持ちあるがずに、カードを使った方が安全。
こちらも有効期限をチェックしておきましょう。
そしてクレジットカード会社の連絡先もメモしておき、何かあった時にすぐに連絡できるようにしておくと安心。

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

留学

関連記事を見る

留学の記事を見る

短期留学1ヶ月。おすすめの国と、そこでできること、学べることとは?
これで安心。留学したいけど英語ができない、初心者のための簡単学習法
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
カナダ留学の種類とビザの申請の仕方について
【大阪にもある留学センター】わざわざ東京まで出向く必要なし。大阪の留学センターで出来ること
大学を卒業してからの留学。新卒を捨てる意味とは?
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学経験者が教える】短期留学で英語漬けの1週間にトライ!
【留学経験者が教える】これは持って行くべき。留学先で役立つ持ち物リスト
英語をもっと上達したい!海外留学おすすめの国はここ
英語留学はどの国がいい?英語圏の留学のススメ