【留学経験者が伝授】大学を休学して留学する方法とは?

大学に入学してから、夏休みや冬休みなどの休暇期間だけでなく、もっと長期間留学をしたいという方には、交換留学や、大学を休学して留学に行くという方法があります。大学を辞めることなく、長期留学ができ、より深く英語や、専門分野を学べるのが休学留学のメリット。この記事では大学を休学して留学する方法についてご紹介します。

休学留学の仕組みとは?

休学留学の仕組みとは?

image by iStockphoto

大学生が休学をする場合、学期単位で休学することができます。
休学ができる期間は最長4年まで。
ですが、平均的な休学期間は、半年から2年ほどの場合が多いです。
休学して留学することで、海外の語学学校や大学を経験した後、日本の大学に戻ることができますよ。

休学中の学費は?

休学中の学費は?

image by iStockphoto

公立の大学の場合、休学時の授業料の支払いは必要ありません。
ですが、私立の大学の場合は、大学によって休学中も休学費や、休学在籍料などを徴収する学校も。
大学を休学して留学に行く場合は、自分の通う学校が休学するのにどのような書類が必要なのかや、いくらぐらいの休学費用が掛かるかなどを確認しておくと良いでしょう。

交換留学と休学留学の違いとは?

交換留学とは?

交換留学とは?

image by iStockphoto

大学によっては、海外に提携の大学があり、交換留学ができる場合もあります。
交換留学は、日本からの留学生を受け入れてもらう代わりに、海外から日本への留学生も受け入れるというシステム。
協定のある大学で学ぶメリットは、留学先の大学で学んだ単位がそのまま反映されるので、大学を4年で卒業できるということ。
また、日本の大学にそのまま学費を支払い、留学先の学校に授業料を払う必要がない場合もあります。
ですが、交換留学の場合、ある程度の成績と、英語力の証明が必要となるので、留学を希望する全ての学生が行けるというわけではありません。






休学留学とは?

休学留学とは?

image by iStockphoto

休学留学は、自分が通う大学の提携がある学校以外の学校でも、自分が行きたい国、学校に留学ができるので、より自由度の高い留学ができます。
また、英語力が海外の大学で学ぶのに満たない場合でも、まず語学学校で学び、その後大学で学ぶということもできるので、成績が良い悪いにかかわらず、留学することができますよ。

休学して留学する方法はどんなものがあるの?

認定留学ってどんなもの?

認定留学ってどんなもの?

image by iStockphoto

留学に行ってみたいけれど、大学は4年で卒業したいという方もいるのではないでしょうか。
海外の大学で履修した科目を、日本の大学の単位として移行できるのが認定留学。
ですが、学校や、取った科目によって認定される場合とされない場合があるので、日本の大学と留学先の大学に確認が必要となります。
次のページでは『休学して語学学校に行く場合の方法とは?』を掲載!
次のページを読む >>