カナダ留学お勧め都市と、ビザの種類と申請について

留学先として人気のカナダ。広大な土地に広がる大自然と共存する街並みは他の国では味わえない魅力。住みやすさと安全な都市が多いことが人気の理由でしょう。短期でも、長期でも訪れる留学生が十分にその生活を満喫できる国、カナダ。今回は留学の際に必要なビザの種類と申請についてご案内致します。カナダに留学をお考えの方、必見です。


カナダのビザの種類は?

カナダのビザの種類は?

image by iStockphoto

カナダでは6ヶ月以下の滞在であればビザが必要ありません。
でもそれ以上の滞在予定では、あらかじめビザを申請する必要があります。
その内容についてご案内致します。

6ヶ月以下のビザなしとは?

6ヶ月以下のビザなしとは?

image by iStockphoto

半年以内であればビザの手続きが入らないのが特徴。
カナダでは、観光でだけの目的、また留学する場合においても、パスポートだけで入国できます。
パスポートに押されたスタンプの日付から半年後まで滞在可能。
入国の際、スタンプを押されたら、自分で期限を再確認しておきましょう。
忘れると大変です。
これでそのまま半年まで滞在でき、学校にも半年まで通う事が出来ます。
こちらは仕事、インターンシップも禁止。
また帰りのチケットがないと入国の際時間もかかるので、チケットは必ずとって入国審査の際は見せましょう。

ワーキングホリデービザとは?条件と内容は?

ワーキングホリデービザとは?条件と内容は?

image by iStockphoto

カナダで人気の留学プログラム。
ワーキングホリデープログラムは18歳~30歳の人が申請出来ます。
その他の条件としては 最低2,500カナダドル相当の資金があること。
そして一生に1回だけのチャンスになりますが、他の国はカウントされません。
こちらは入国日から一年間の滞在が許可が下りるもの。
延長は出来ないので一年経ったら帰国するか、もしくは別のビザに変更して留まるかどちらかを選択。
このワーキングホリデービザでは、自由に仕事をして収入を得る事が出来ること。
学校にも6ヶ月まで通えることもできるので、長期でカナダに留学する方にはとても人気。

学生ビザとは?条件と内容は?

学生ビザとは?条件と内容は?

image by iStockphoto

勉強だけに集中したいとおいう方にはこちら、学生ビザ。
学生ビザは学校から入学許可証を受け取ってる事が申請条件の一つです。
必ず学費支払いした後にビザ申請、ということになります。
延長をすればいくらでも滞在出来ますが、その際は学校からの通学許可証が必要、学費を支払っているということを証明することになります。
そして、働けないので生活費として 1ヶ月1000カナダドルを目安とする銀行からの残高証明が必要。
1年以上の長期の場合はだいたい1年分の滞在費を示すことになります。

ビザを申請しない場合はeTAの申請が必要

ビザを申請しない場合はeTAの申請が必要

image by iStockphoto

2016年11月10日から、カナダ入国の前に電子渡航認証 ( eTA )が必要になりました。
これを取得しないままカナダに到着し、入国できないケースも多発していますので、観光や、半年以内のビザなしでカナダに行く場合は、必ず時間の余裕を持って申請しておきましょう。
こちらはオンラインで自分で申請。
学生ビザやワーキングホリデービザでカナダに入国する場合は、ビザを取得した時点でeTA認証も完了しているので申請は不要。
申請には、パスポートとメールアドレス、そして申請費用7ドルを支払うためのクレジットカードが必要です。
一度申請すれば、5年間は何回でも入国が可能。

カナダ留学の種類はどんなものがあるの?

カナダ留学の種類はどんなものがあるの?

image by iStockphoto

カナダ留学の種類や期間についてご案内致します。
興味があるものをチェックしてみましょう。

語学学校で、短期、長期で学ぶ

語学学校で、短期、長期で学ぶ

image by iStockphoto

カナダ留学方法として、一般的、そして人気なものの一つが、語学留学に入学して学ぶという方法。
それぞれの都市にたくさんの語学学校があり、世界中から学生が集まってきています。
クラスもフルタイム、午前中だけなど選ぶことも。
語学学校留学の利点は、短期でも学べること。
1週間のコースからあるので、旅行に行くのとほぼ変わらないスケジュールで留学体験をすることができます。
もちろん長期でも。
大学のクラスと違って、クラスは少人数なので、より近くアットホームな雰囲気の中学ぶことが。
先ほどご案内した通り、半年以下であればビザなし、それ以上であれば学生ビザを申請しましょう。
仕事ができないので、ある程度の資金を蓄えておく必要があります。

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

カナダ
北米
留学

関連記事を見る

カナダの記事を見る

【カナダの世界遺産】美しい街並みに世界最大級の恐竜化石層など…カナダ」の世界遺産はこれ
プリンス・エドワード島の歴史はやっぱり穏やか。「波間に浮かぶゆりかご」と呼ばれる、カナダ自治領発祥の地
カナダ留学の種類とビザの申請の仕方について
カナダ留学するならここ!お勧め都市と過ごし方
カナダ留学が決まったら、これだけは持っていきたい持ち物リスト
これを見たら絶対に行きたくなる、カナダ、トロントの完全ガイド
【語学留学】カナダ留学のおすすめ都市はここ!
元住民が伝授!カナダ・トロントのおすすめグルメ40選
カナダ観光で絶対行きたい「カナディアン ロッキー」で見れる絶景スポット10選
トロントに移住したくなったら…?費用や資金、ビザなど徹底ガイド
元住民が伝授!いつか行きたいカナダ・トロント観光完全ガイド
カナダの首都「オタワ」観光で見ておきたい博物館7選