留学を就活に生かそう☆留学経験を就活に役立てる方法とは?

大学在学中に留学に行く場合、将来の就職に留学が役立つかどうか気になりますよね。就職に生かすための留学なら、留学の目的設定と留学中に何を学ぶかが大事。今回の記事では留学を就活に役立てるための方法についてご紹介します。

明確な目的をもって留学をしよう 就活に生かせる留学の目的とは?

英語力を伸ばすため

英語力を伸ばすため

image by iStockphoto

多くの学生の留学目的は英語力を伸ばすということ。
ですが、ただ漠然と英語力を伸ばしたいと考えるよりも、留学後にはTOEICで何点取るや、英検1級を目指すなど、明確な目標を持ちましょう。
将来の就職を考えての留学ならば、自分が働きたいと思っている会社がどれくらいの英語力を必要としているかなどを確認しておくと良いですよ。

将来英語を使った仕事をしてみたいから

将来英語を使った仕事をしてみたいから

image by iStockphoto

留学中の英語の伸びは自分の頑張り次第。
はっきりとした目標があるかないかでも英語力に差が出てきます。
将来英語を使った仕事をしたいと考えているのなら、英語だけでなくインターンなども経験できる留学プランを立てると良いですよ。
就職前に職場体験できますし、英語力を実践できる機会となります。

海外での経験を仕事に生かすため

海外での経験を仕事に生かすため

image by iStockphoto

留学をして、評価されるのは英語力だけでなく、留学をしたという経験も評価の対象となります。
海外に出て、どのような事を学んだのか、またどのようなスキルを身に着けられたのかなども大切。
例えば、留学を通じて様々な国の友達ができ、コミュニケーション能力を身に着けることができたなど、自分にしかないエピソードがあると良いですね。
留学中はアクティブに行動して多くのことを経験できるようにしましょう。






海外で専門分野を学ぶため

海外で専門分野を学ぶため

image by iStockphoto

語学留学だけでなく、海外の大学や大学院で学ぶ方もいます。
海外の大学で学ぶことは、日本とは異なる学習方法やより最先端の技術を学べることも。
海外で得た専門知識や技術を持っているということは、就職の際にも有利になる場合もあります。
海外で英語力と専門分野の知識を得て、就職活動に臨めば、より良い企業に就職できる可能性も高くなりますよ。

国際的な感覚を養うため

国際的な感覚を養うため

image by iStockphoto

日本にいるだけでは、あまり外国の人と関わったり、外国について知る機会はあまり多くないですよね。
実際に自分が海外に出て、海外の文化や、生活を体験したということは、就職の際にもアピールできるポイントとなります。
国によって文化や風習、そしてビジネスマナーなどが異なる場合も。
特に外資系企業や、海外との取引をしている会社での就職を希望している場合は、様々な国の文化や、その国の人とのコミュニケーション方法を知っているということは、仕事に役立てることができますよ。

留学が就職活動に有利になる理由とは?

次のページでは『他の人とは違った自己PRができる』を掲載!
次のページを読む >>