短期留学はどんな効果が期待できる? 短期留学での英語習得のコツ

仕事をしている人や、学校の休みを使った留学をしたいという方は、短期留学がおススメ。短い期間の留学では英語はあまり伸びないのではと思うかもしれませんが、留学中の勉強の仕方次第で英語力は伸ばすことができます。この記事では、短期留学でどのような効果が得られるのかをご紹介していきます。

1週間の短期留学で得られる効果とは?

1週間の短期留学で得られる効果とは?

image by iStockphoto / 86299479

語学学校への留学は、1週間単位から可能。
ですので、あまり休みが取れないけれど、留学を試してみたいという方は、最短1週間から語学学校で学ぶことができます。
1週間の留学では、英語力が飛躍的に伸びるのは難しいかもしれませんが、英語で話すことの楽しさや、英語が伝わるという達成感を得られることができますよ。

日本にいてはなかなか自分の英語力を試す機会はありませんよね。
1週間の短期留学でも、自分の英語力を試す良い機会になりますし、ホストファミリーや学校の先生、買い物に行った際にお店の店員さんなどとできるだけ会話をするようにすれば、基本的な英会話はできるようになります。
1週間の留学では、日本に帰国後も英語力を持続するための努力が必要。
英会話学校に通ったり、英語で音楽を聞いたり映画を見たりして、できるだけ英語に触れる機会を持つようにすれば、英語力を保つことができますよ。

1か月の留学で得られる効果とは?

1か月の留学で得られる効果とは?

image by iStockphoto

1か月あれば、授業での英語を理解し、生活にも支障のない程度の英語力が身につきます。
1週間ごとに今週は新しい単語を10個覚えるや、今週は日本語を使わずに生活してみるなど、細かく目標を立てると、少しづつ英語力は上がっていきますよ。
残念ながら、即効性のある英語勉強法というものはありません。
日々コツコツ勉強していくことが大切なんです。
1か月集中して英語の勉強に取り組めば、留学が終わるころには留学前より英語が喋れている自分を実感できるでしょう。

3か月の留学で得られる効果とは?

3か月の留学で得られる効果とは?

image by iStockphoto

3か月ほどの留学期間があれば、周りの留学生と英語で楽しくおしゃべりしたり、不安なく学校の授業に参加できたりと、英語での生活に慣れていくことができます。
3か月という期間は、英語力が伸びる人と伸びない人の差が出てくる時期。
英語力が伸びるか伸びないかは、自分の頑張り次第。
3か月間、英語を学ぶということに集中して勉強してきた人は、自信を持って英語が話せるようになりますよ。

短期留学のメリットとは?







仕事や大学に支障なく留学ができる

仕事や大学に支障なく留学ができる

image by iStockphoto

留学と聞くと、仕事を辞めなければならなかったり、大学を休学していくイメージがあるかもしれません。
ですが、短期留学なら1週間から留学ができるので、仕事や学校の休暇を使ってスキルアップができますよ。
また、長期留学を考えている場合や、留学先を決めかねている場合なども、短期留学でまず現地の様子を知ってから、長期留学につなげることもできるので、お試し留学にはおススメの留学方法となります。

留学費用を抑えられる

留学費用を抑えられる

image by iStockphoto

短期留学ならば、ビザ申請費用から語学学校の費用まで、高額な費用を払わずに留学経験が得られます。
1週間程度の留学ならば10万円程度あれば留学は可能。
1週間の海外旅行に行くことを考えれば、1週間の留学費用の10万円は払う価値があるのではないでしょうか。
短期留学ならば、ただ旅行を楽しむのではなく、海外の生活を楽しみながら、英語力もアップできるというメリットがありますよ。

集中して勉強ができる

集中して勉強ができる

image by iStockphoto

留学期間が長くなってくると、だんだん英語の勉強をしなくなってしまう場合も。
短期間の留学なら、短い期間で集中して学ぶことができるので、時間を無駄にすることなく英語学習ができます。
留学期間が長ければ長いほど英語力が伸びるのも事実。
ですが、ただ長い間留学するよりも、期間が短いからこそ頑張れるという方もいます。
短期集中型の方には、短期留学の方がより良い効果が得られる場合もありますよ。
次のページでは『短期留学のデメリットとは?』を掲載!
次のページを読む >>