夢に見た海外留学。英語が上達しないのは何故?

多様化してきている留学のスタイルですが、主なものとしては、語学留学を始め、高校留学、大学・大学院留学、専門留学、親子留学などがあると思います。海外に留学するとなると、英語圏であれば毎日英語に触れることになりますが、中には「全く英語が上達しなかった」という人も少なくないのが現状です。それは何故なのか? 今回は、オーストラリアとニュージーランドに留学経験のある筆者が、その理由について検証していきたいと思います。


理由は様々!海外留学をするそれぞれの目的

理由は様々!海外留学をするそれぞれの目的

image by iStockphoto

海外生活を夢見る人にとって、留学というのはまさに理想郷。
あれがしたいこれがしたい、こうなりたいああなりたい、という想像は尽きないかもしれません。

もちろん現実と理想は異なってしまったり、時に正反対になったりもします。
そんな海外留学、もちろん語学留学や高校留学、大学・大学院留学などそのスタイルは様々。
ただ留学をする上で重要になってくるのは、「何をモチベーションとするか」です。
海外留学を目指している方は、自分のやる気がどう引き起こされているか、以下でご紹介する理由を参考に、ぜひ一度考えてみて下さいね。

グローバル社会の波に乗るため「語学力の向上」

海外留学を決行する方で最も多いのは、恐らくこの「語学力の向上」を目的とした方かもしれません。
語学力はそれ自体が目的ですし、その他高校や大学、専門学校などの専門留学にしても、現地の言葉で学ばなければいけないわけです。

最初から完璧な言語を操る方はそういないでしょうから、必ず誰もが通る道ということになりますね。

あくまでも「語学力の向上」という目的、モチベーションを常に頭に置いている方は、おのずと自分が取らなければいけない行動は見えてくるはずです。

国際感覚を養うため「異文化交流」

2020年に東京オリンピックも迫りつつある現在、日本もグローバル化の波に呑み込まれるのは避けられません。
その際に語学力が必要になってくるのはもちろん、なんと言っても国際感覚も重要になってきます。
国際感覚とは何か、という点においては人によって違うかもしれませんが、海外では日本の常識が通じない、といったことがよくありますよね。
それは相手にとっても同じこと。
そのため、相手の感覚やマナー、常識などが違ったとしても、寛容な姿勢で受け入れられる柔軟さが必要となってくるのです。

海外留学をすれば、最初のうちは特にカルチャーショックの連続でしょうから、現地の人、また海外からの留学生などと交流し、異文化についてより深く知ることが出来ます。
そしてそれは今後のキャリアにも必ず役立つはずです。

強くなるため「自分への挑戦」

海外留学は、孤独との戦いと言っても過言ではありません。
日本にいればこれまでに培ってきた人間関係があるわけですが、それらを全て置いていくということは、海外ではゼロからのスタートです。
家族どころか友人も知り合いすらいない、そのような環境で耐え抜くには、強い忍耐力と根気、そして努力が欠かせません。

もちろんしばらくすれば現地でも自分なりの交友関係が広がってくるものですが、自分の身は自分で守るしかない、という環境に変わりはありませんから、出発前と帰国後では見違えるほどに強い自分に出会えるでしょう。
自分への挑戦をしたい方に、海外留学はうってつけなのです。

キャリアアップなどに役立てるため「選択肢を増やす」

卒業後の進路に悩んでいる方や、今の仕事よりもキャリアアップを望む社会人の方も、海外留学を目指す方の中には多くいます。

私達は世界情勢に倣ってグローバル化の真っ只中にいますが、日本という国自体は、日本語のみを公用語として指定している単一言語国家。
他国に比べ、英語が出来る人口も少ないと思います。
そのイメージはやはり外国人も持っているようで、私が海外留学をしていた際は、「日本人なのに英語が出来るなんて…」と驚かれたほどでした。

今や小学校でも英語教育が必修化されたりなど、今後の日本は「英語が出来て当然」の国となる可能性もあります。
また、中国語も世界で最も多く話される言語としてよく目にすることになるでしょう。

そうなる前の今、他言語をマスターしておけば、今後のキャリアアップや就職活動などにも役に立ちますよ。

英語が上達しない理由

英語が上達しない理由

image by iStockphoto

もしかしたら海外留学を希望する方の中には、「留学をしても語学力は上がらない」「意味はなかった」など、ネガティブな意見を聞いたことがある方もいるかもしれませんね。
特に、インターネットなどでリサーチを掛けると、必ずそういった類の情報が出てきます。

しかしこの「英語が上達しなかった」というのには、それなりの理由があるのです。
「何故」というのを理解すれば、自分がそうならずに済むように出来ますから、ぜひ挑戦してみて下さいね。

インプットが足りない

まず、そもそも知識が足りていない人。
人は「英語が出来る」という表現を用いたとき、「英語が話せる」というような意味で使うことが多いかと思います。

そのためつい留学中も発話に集中してしまいがちなのですが、ここで落とし穴なのが、語彙力や文法などの基礎情報が不足している場合です。

インプットがしっかりとしていなければ、アウトプット出来るものはありません。
海外留学をして現地に滞在していても尚、勉強は必要なのです。

これが出来ない人と出来る人とでは会話の内容が全く違います。
出来なかった人は買い物や友人との簡単なコミュニケーションなど、英語を使える場面が限られてきてしまうため、後々「留学しても英語は話せない」ということになってしまうわけですね。

Writer:

2016年、最初にニュージーランドに渡ったときから早10年。その後オーストラリア(2回)の渡航を含め、留学、ワーキングホリデーと計3回の海外生活を経験。海外生活を送る際に自分が感じた疑問や不安などを解消すべく、読者の方目線で情報をお伝えしていきます。

この記事のカテゴリ

留学

関連記事を見る

留学の記事を見る

短期留学1ヶ月。おすすめの国と、そこでできること、学べることとは?
これで安心。留学したいけど英語ができない、初心者のための簡単学習法
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
カナダ留学の種類とビザの申請の仕方について
【大阪にもある留学センター】わざわざ東京まで出向く必要なし。大阪の留学センターで出来ること
大学を卒業してからの留学。新卒を捨てる意味とは?
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学経験者が教える】短期留学で英語漬けの1週間にトライ!
【留学経験者が教える】これは持って行くべき。留学先で役立つ持ち物リスト
英語をもっと上達したい!海外留学おすすめの国はここ
英語留学はどの国がいい?英語圏の留学のススメ