格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学

近年、日本人の間で流行してきたフィリピン留学。アメリカやイギリス、オーストラリアなどの渡航先を選ぶより、費用を格段に抑えられるということで人気ですよね。これは特に経済的限界がある大学生や社会人などには比較的手が届きやすい留学スタイル。フィリピン留学経験者からも、「楽しかった」「毎日英語に触れられた」など、メリットを感じさせるような話を聞けたりもします。しかし実は、このフィリピン留学、良い部分ももちろんたくさんありますが、学校によっては「スパルタ」と言われる厳しいルールに則った学生指導が行われているところもあるのです。今回は、フィリピン留学を経験した筆者の友人などの証言もふまえ、フィリピン留学のスパルタ教育とは一体どういうものなのかとお話していこうと思います。

フィリピンのここが好き!留学をすすめたい

フィリピンのここが好き!留学をすすめたい

image by iStockphoto

近年東南アジアへの留学が人気を集めていますが、特にフィリピンはその先陣を切っていると言っても過言ではなく、セブ島留学は注目されています。

学費が格安であったりアジア圏でありながら本格的な英語が学べるといった要素はもちろんですが、フィリピンをおすすめしたい理由は他にもあるのです。

年中リゾート気分が味わえる

フィリピンに留学するとなると、セブ島やマニラなどの観光地や大都市といったところになると思います。
特にセブ島留学などではビーチが近くにあるということもあり、毎週末海を見に行くことも可能。

もちろん留学の目的はあくまで勉強ですから、遊びに行くわけではありません。
しかしだからこそ、適度な息抜きは必要不可欠なのです。
日本ではあまり見ることの出来ない、透き通った海の青に癒されれば、また翌日から頑張れること間違いなしですよ。

日本から飛行機ですぐそこ

同じ東南アジアでも、留学先として人気の高いマレーシアやシンガポールなどは飛行機で8時間ほども掛かってしまいます。
ニュージーランドやオーストラリアなどでも直行便を利用すれば10時間ほどですから、意外と遠いのですね。

しかしフィリピンは飛行機で4時間ほど。
日本で緊急事態が起きたときなどにすぐに帰国出来るのは、大きなメリットです。
若いうちはあまり気にならないかもしれませんが、年齢を重ねれば重ねるほど、「身内に不幸があったら…」「何かあったときに帰れる準備をしておかないと…」と周りのことも考え出すもの。
すぐに帰国出来るというだけで安心感は違いますから、勉強だけに集中することが出来ます。

笑顔が一番の豊かな国民性

なんといっても注目していただきたいのは、フィリピン人の国民性。
日本はどこか忙しいイメージが付きものですが、フィリピン人はのんびりとした、大らかな国民性を持っており、常に笑顔でサービス精神も旺盛です。

学校の教師も、レストランのスタッフも、道行く人々も、誰もが明るい笑顔で生活をしています。
その雰囲気だけで、日本で送っていた忙しい生活から解放され、留学しながらもリラックスすることが出来ますよ。







日本人には欠かせない食事の美味しさ

日本人にとって意外と欠かせないもの。
それは食事のクオリティーです。
「そんなこと?」と思う方もいるかもしれませんが、実はこれは日本人に合った食事を常に食べることが出来ている現状だからこそ言えることなのですね。

食事は1日3回、それ以下の人でも必ず摂取しなければならないものです。
食事をせずに生きていける人はいないと思います。

1回の食事が「美味しくないな…」程度だったとしても、それが毎回重なれば少しずつストレスは溜まっていくのです。
私が留学していたときも、それが結果として、途中帰国にまで追い込まれてしまった人もいました。

フィリピンの、特にセブ島は観光客が多いこともあり、食事は非常に美味しく出来ています。
新鮮なフルーツや海鮮類をいただくことも出来ますから、留学中も食事に関してはストレスフリーです。

夜も出歩ける治安の良さ

フィリピンと言えば、治安を不安に思う方もいるのではないでしょうか? 実際に、東南アジアの治安は日本と比べれば悪いと言えます。
しかしそれは、日本の治安が世界的に見てトップレベルの良さを誇っているからなのです。

東南アジアではなくても、私がいたオーストラリアやニュージーランドなどでもスリや置き引きなどは起こっていました。
それはフィリピンでも同じで、鞄を置いたまま席を離れない、鞄はチャックなどで蓋が閉まるものを選ぶ、大量の現金を持たない、夜のひとり外出は避ける、危険な地域には行かないなどの基本的なマナーを守っていれば、「フィリピンは危険」というイメージほどの治安の悪さは感じません。

海外留学において、自分の身を守れるのは自分だけです。
出来る限りの準備をした上で、海外生活をまるごと楽しんでしまいましょう。

スパルタって何!?フィリピンならではの留学スタイル

スパルタって何!?フィリピンならではの留学スタイル

image by iStockphoto

皆さんは、海外留学というものにどういったイメージをお持ちでしょうか? 特にフィリピンは、先述した通り大らかで明るい国民性を持った人たちが暮らす土地ですから、ゆったりとした雰囲気で落ち着いて勉強が出来るというイメージが強いかもしれませんね。

しかしここで落とし穴にもメリットにもなるべき点がひとつあります。
それは、フィリピンにはならではの「スパルタ形式」の留学スタイルがあるということ。

ここで、「スパルタ留学」がどういったものであるのかをご紹介したいと思います。

次のページでは『ひたすら英語!英語脳が作れる時間割』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

2016年、最初にニュージーランドに渡ったときから早10年。その後オーストラリア(2回)の渡航を含め、留学、ワーキングホリデーと計3回の海外生活を経験。海外生活を送る際に自分が感じた疑問や不安などを解消すべく、読者の方目線で情報をお伝えしていきます。

この記事のカテゴリ

アジア
フィリピン
留学

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握