台湾留学入門!台湾で学ぶ英語・中国語は?費用は?勉強できそう?

皆さんは、台湾では何語が話されているか、ご存知でしょうか? 答えは、台湾語と中国語です。中国語には2種類(北京語・広東語)ありますが、台湾の場合は北京語の方ですね。

海外留学をするとなると、つい世界共通語の英語を選んでしまいがちですが、この中国語、実は世界で最も話されている言語なのです。それは中国語と英語、そしてスペイン語を話せれば世界のどこへでも行けると言われているほど。今や英語はどの国でも必ず通じますから、だからこそ、これからはグローバル化社会に向けて、第3言語を習得しておけばかなり有利となるわけですね。しかしやはり、最も影響力のある言語は、英語。もしこの2つを同時に学ぶことが出来たら、美味しいと思いませんか? なんと台湾では、その夢が叶うのです。今回は、台湾留学が一体どのようなものなのかということについて、お話していきたいと思います。







日本からすぐ行ける「台湾」

日本からすぐ行ける「台湾」

image by iStockphoto / 64009953

近年留学先として注目を集めている、アジア。

シンガポールやマレーシア、フィリピンやインドネシア、更にはベトナムまで、留学費用が安く抑えられるとして人気が高まってきています。

しかしその中に「台湾」という選択肢があることをご存知だったでしょうか?

やはり日本人で海外留学をしたいという場合、真っ先に目が行きがちなのはアメリカやイギリスなどの英語圏でメジャーな国々か、言語によってはヨーロッパ諸国、また、第2言語や第2公用語として英語を定めているシンガポールやマレーシア、フィリピンなどかもしれませんね。

しかし今回注目していただきたいのは、「台湾」。
日本人にとって台湾は海外旅行初心者にも優しい国ですが、実は留学先としても非常に優秀なのです。

それでは台湾とは一体どういう国なのでしょうか?

知っているようで実は知らない台湾の「地理」

台湾は台北(たいぺい)を首都とする、日本の南西方向に位置する国。
大きさとしては九州ほどですから、こじんまりとした国と言えますね。

しかしながら、台北ほどの大都市に行くとオフィスビルが立ち並び、まるで日本の東京を思わせるような雰囲気です。

日本の東京から台北までは約3時間強のフライト。
航空券や時期、プランによっては、下手に国内旅行をするよりも台湾に行った方が安く済むときもあるほどです。

海外とは言え、日本人にとっては意外と親しみやすい国なのですね。

忙し過ぎない台湾の「人口」

日本の九州ほどの土地面積である台湾ですが、その人数は約2352万人程度。
日本が優に1億人を越えていますから、その人口差は明らかですよね。
日本ほど忙し過ぎず、しかしのんびりともし過ぎないのが台湾の魅力のひとつでもあります。
日本人にとってはまさに「丁度良い」国なのです。
その快適さに魅せられる人も多いことでしょう。
日本人にとっては程良い忙しさなので、リラックスしながら勉強に集中することが出来ますよ。

日本より複雑な台湾の「民族」

台湾は実は多民族国家。
日本とは違いますので、私達日本人はあまり民族という観点において、日常生活で深く考えることはないかもしれませんね。

台湾という国では、様々な民族が生活しています。

まず、原住民。
原住民というのは、日本でいう「アイヌ」の人たちのことです。
これは少数派ですが、原住民の中にも16もの民族がおり、それぞれがそれぞれの伝統や文化を引き継いでいます。
彼らをなくしては台湾を語ることは出来ませんね。

そして、漢民族。
漢民族の割合はなんと98%にもなります。
これは中国大陸からやって来た人という意味。
しかし台湾の民族構成は少々複雑になっていて、中には原住民と大陸からやってきた人々の血を引いた「ホーロー人」という人々もいるため、これも漢民族に含まれることがあります。
留学をする際には、日本とは違った「民族」について勉強することも良い経験となるでしょう。







深く根付いている台湾の「宗教」

一度海外に出たことがある人は分かるかもしれませんが、日本の宗教観は海外の一部の国とは違うこともありますよね。
日本はクリスマスも正月も同じように祝う国。
特にクリスマスなどはイベント化してしまっているような部分もあるため、生活の一部となっています。

台湾には日本と似たような部分を感じますが、宗教の観点についてはどうなのでしょうか?

実は台湾では、仏教を始め、道教やキリスト教などの宗教が人々の生活に浸透しています。
国民のほとんどが宗教を信じているとのことです。
留学をすると、もしかしたら宗教に関連したことで驚くことがあるかもしれませんね。

宗教というのは割とデリケートな部分ですから、抵抗を感じる方もいるかもしれません。
しかし、留学するということは短期であれ長期であれ、現地に居住するということです。
宗教はその土地の文化や伝統、歴史に深く結びついていることが多いため、ぜひ勉強してみて下さい。

留学生活に必要不可欠の「言語」

それでは、今回の記事の本題ともなっている、「言語」問題について。

台湾で何語が話されているか、皆さんはご存知でしょうか。
中国語? もちろんそうなのですが、実は中国語というものには2種類あるのです。

ひとつが北京語、そしてもうひとつは広東語。
日本語ではあまり分けて話すことはありませんから、いまいちしっくりこないという方もいるかもしれませんね。

北京語というのが、私達が普段「中国語」として分類しているものです。
世界で最も話されている言語とされているものも、この北京語になります。
これは中国大陸や台湾で使用されている言語です。

一方広東語は香港を始め、マカオなどで使用されています。
マレーシアやシンガポールなどでも人によっては広東語を話しますね。

台湾では先述したように北京語。
そしてもうひとつ、台湾語があります。
北京語は簡体字を採用しているのに対し、台湾語は繁体字。
どちらを先に学ぶかという問題においては、北京語を推奨します。
そうすれば台湾のどの地域でもコミュニケーションを取ることが出来ますし、中国大陸に行っても困ることはありません。
使える幅というのが増えるのです。

何故2種類?アジア圏のドル国家台湾の「通貨」

「台湾は中国語圏だから元(げん)?」と思う方もいるかもしれませんね。
その通りです。
台湾では「台湾元」を採用しています。
ただここでややこしいのが、表記として「台湾ドル」とされているところもあるということです。
日本では日本円しか使われていないため、2つも通貨表記があるということに違和感を覚える方も多いかもしれませんね。

しかし実はこの2つ、表記が違うだけで全く同じもの。
実際のレートやお金の種類が変わるということはないのですね。
つまり「100台湾元」と言われたら「100台湾ドル」ということです。
因みに台湾ドルの英語表記は「NT Dollar(ニュータイワンドル)」。

通貨は、100、200、500、1,000、2,000元が紙幣、1、5、10、20、50元が硬貨となっています。

日本よりも紙幣や硬貨の種類が多いので、間違えないようにしましょう。

次のページでは『日本とほぼ同じだから安心の「時差」』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

2016年、最初にニュージーランドに渡ったときから早10年。その後オーストラリア(2回)の渡航を含め、留学、ワーキングホリデーと計3回の海外生活を経験。海外生活を送る際に自分が感じた疑問や不安などを解消すべく、読者の方目線で情報をお伝えしていきます。

この記事のカテゴリ

アジア
台湾
留学

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握