意外!低コストなフランス留学でグローバル人材になろう

1海外留学、と聞くと「費用が高い」というイメージを真っ先に思い浮かべる人もいるのではないでしょうか? 近年若者たちの世代で格安で出来るということから流行りつつあるアジア留学。しかし人の興味はそれぞれですよね。もしかしたら折角の海外留学、出来るだけ自分たちが普段囲まれているような文化や雰囲気からは遠ざかって、全てが新しいという条件の中で頑張りたいという方もいるかもしれません。しかしアメリカやイギリス、オーストラリアやカナダなど、メジャーな英語圏の渡航先はどうしたって費用がかさむもの。そんなときにおすすめしたいのが、なんとフランス留学なのです。ユーロ圏にあることやフランス料理などから何かとリッチなイメージを抱きやすいフランスですが、海外留学先としてはぴったり。今回は、フランス留学で何が出来るのか、そしてどれほどの予算で行けてしまうのかについてお話していこうと思います。






何でもある国「フランス」

何でもある国「フランス」

image by iStockphoto / 10328117

皆さんはフランスという国に一体どのようなイメージをお持ちでしょうか? グルメ、芸術、優雅な国民性などのポジティブなものから、少々お堅いイメージまで、様々だと思います。

しかし実は、フランスというのは留学生として住むにはうってつけの国なのです。
まずは色々なイメージを持たれるフランスという国についてご紹介していきたいと思います。
これであなたもパリジェンヌ!

広々とした敷地の「面積」

フランスの面積は約55万㎢。
これは日本よりも1.5倍ほどの大きさになるため、留学中にも国内旅行などをして楽しむことが出来ます。
日本でもそうですが、フランスにもその地域ごとに特色や性質などがあり、歴史などを勉強すればより留学生活が充実したものになること間違いなしですよ。

のんびりとした国民性が窺える「人口」

先述した通り、日本の1.5倍ほどもある大きさのフランスですが、その面積に対して人口はなんと約6,500万人ほど。
日本の半分ほどなのですね。
つまりそれだけ人口密度が低いということでもありますから、1人あたりに与えられる空間が多いというわけです。
なんとなくそれだけでゆったりとした生活が送れそうですよね。

「パリジェンヌ」という言葉が連想させる「優雅さ」や「上品さ」というようなイメージ通り、気持ちに余裕を持った生活が出来るかもしれません。
留学生活はストレスとの戦いというような部分もありますから、大らかなフランスの人たちに癒されて下さいね。

日本人には馴染みのない「宗教」

基本的に日本は仏教国ですが、個人としては無宗教という方も多いのではないでしょうか? 日本ではクリスマスも正月も、ハロウィンも同じように祝いますよね。
そのうちのいくつかがイベント化されてしまっていることは否めませんが、強い気持ちを持って宗教活動に取り組んでいる方は、現代の日本では少数派かもしれません。

しかしこのフランスでは人口の約70%がカトリックだと言われています。
つまりクリスチャンです。

そして残りがイスラム教徒とその他。
日本人が海外に出たときに最も驚く要素のひとつが宗教ですから、留学を機に理解を深めてみてはどうでしょうか?







発音がお洒落な「言語」

「ボンジュール」「メルシー」など、言語に詳しくない人でも知っている人は多いかと思います。
これらはフランス語。
発音だけでなんだかお洒落ですよね。

フランスで勉強をする場合、語学留学ではもちろんフランス語を学びます。
大学で学ぶ場合は、フランス自体海外からの留学生を多く受け入れているという背景もあり、英語で受講出来るコースがあったりもします。
ただ日常生活でのフランス語は必要不可欠ですから、最低限の会話は勉強することになりますね。

フランスの公用語と定められている言語はフランス語のみですが、特に若者の多くは非常に流暢な英語を話します。

私はフランス語を学んだことがありますが、日本語とは全く違う発音を持つ言語です。
世界で最も話されている言語のランキングで上位に定められる言語でもありますから、今後の期待は大きいですね。
それもフランス留学をおすすめする理由のひとつです。

フランスオリジナルデザインの「通貨」

EUに所属するフランスが使用している通貨は、ユーロ(€)です。
ユーロ圏にあるその他諸国であれば、同じように使うことが出来るため非常に便利ですね。

紙幣は5、10、20、50、100、200、500。
そして硬貨にはセント(¢)が採用され、それぞれ1、2、5、10、20、50と1€および2€となっています。
種類が多いため、留学生活最初の方は慣れるのに少々時間が掛かるかもしれませんね。

硬貨の裏側にはそれぞれ各国オリジナルデザインが施されているので、現地に到着したらチェックしてみて下さい。

同じ感覚は厳禁!備えあれば憂いなしの「気候」

フランスには日本ほどはっきりと分かれているわけではありませんが、四季というものも存在します。
気候や温度に関しては日本と同じで地域差が生じてしまうのが現実ですが、日本の東京よりも寒いという認識でいた方が安全かもしれません。

用意していた衣服で足りない場合、現地で購入することも可能です。
しかし、準備しておくに越したことはありませんよね。

体調が悪い中勉強することほど、留学生活において心細いことはありません。
出来るだけの備えをして挑むようにしましょう。

次のページでは『時間には要注意。正反対の「時差」』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

2016年、最初にニュージーランドに渡ったときから早10年。その後オーストラリア(2回)の渡航を含め、留学、ワーキングホリデーと計3回の海外生活を経験。海外生活を送る際に自分が感じた疑問や不安などを解消すべく、読者の方目線で情報をお伝えしていきます。

この記事のカテゴリ

フランス
ヨーロッパ
留学

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【時代背景】ディズニー/劇団四季「ノートルダムの鐘」を観る前に知っておきたいパリの歴史