【留学経験者が教える】これは持って行くべき。留学先で役立つ持ち物リスト

留学が決まったら、着々と準備を進めるのみですね。勉強してモチベーションを上げて行くことも大事ですが、荷物の準備も重要。現地で生活するにあたって行くときに持っていると滞在中便利なものは、行く時期、季節によってもいくらか変わってきます。今回は持って行くと便利なものの持ち物リストをご紹介いたします。出発前にチェックしてみてくださいね。


どこの国に留学予定ですか?またはどこにいきたいですか?

 どこの国に留学予定ですか?またはどこにいきたいですか?

image by iStockphoto

留学の目的地はたくさんあります

留学の目的地はたくさんあります

image by iStockphoto

英語圏の留学先としては、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリス、フィリピンなどがあります。

私たちにとって身近な国、アメリカにはエンタテインメントを楽しめる都市がたくさん。
ニューヨーク、ボストンなどほとんどの都市は、日本のように四季がありますが、かなり気温の差はあります。
西海岸に行けば年中温暖です。
そしてカナダは広大な土地に広がる大自然と共に楽しむオーロラ鑑賞やスキーなどのウインタースポーツが楽しめるところ。
はっきりとした四季がありますが、冬は積雪が多くかなり気温も下がります。
そしてオーストラリアでは、南半球のカラッとした気候と大地の恵みを感じる大自然。
そして真夏のクリスマス。
日本と反対の四季を楽しめますね。
ニュージランドも、のんびり穏やかな地域での、人々とのコミュニケーションをエンジョイしながらの生活。
イギリスは伝統と歴史、そしてモダンさも融合した魅力いっぱいの国。
日本に近い四季がありますが、一日の間に晴れたり、雨が降ったり曇ったりと移り変わりが激しいのが特徴と言われています。
そしてフィリピン、セブ島は最近特に短期留学先として、人気が高まってきたいる国。
年中温暖な気候はイメージしやすいですね。
それぞれ国によって特徴もあり、違った文化、そして違った音の英語を学べます。
持ち物もいく国によって変わってきますね。
皆さんはどの時期、季節にいきたいですか?

留学に行く時期の選び方

留学に行く時期の選び方

image by iStockphoto

自分好きな季節、このイベントを見てみたい、などいきたい時期もそれぞれあるかと思います。
短期での留学だったら特に重要なポイントになりますね。
ハワイ、セブなどは年中暖かい、暑い日々が続きますが、日本のような四季を感じる国がほとんど。
例えば、温暖な春に行って春の息吹を感じながら語学学習をしたい方。
緑が美しい季節は人々の心もオープンに穏やかにしてくれます。
マリンスポーツ、太陽の日差しを思い切りエンジョイしたいなら夏に行きたくなりますね。
オーストラリアの夏の時期は日本と逆になりますが、寒い時にあえて暖かいところに行くこともお勧めです。
秋には紅葉を楽しみながら、涼やかな気候の中で、勉強に集中できそうですし、冬はクリスマスなどイベントが盛りだくさん。
特に海外で過ごすクリスマスは本当にロマンティックで、海外文化を学ぶのならこの時期に行くこともお勧めしたいです。

時期によって持って行くもの、特に服装など全く違ってくるので荷物の量も変わってきます。
冬は気にによっても温度に違いがありますが、必然的に荷物は多くなりことは必須。

持って行くべき服は季節によってこんなに違います

持って行くべき服は季節によってこんなに違います

image by iStockphoto

春、夏に行く場合はどんな服装で過ごすの?

春、夏に行く場合はどんな服装で過ごすの?

image by iStockphoto

春は暖かく、夏は日本より気温も高く、カラッとした暑さだから軽めの服装で大丈夫、と思いがちです。
もちろん日中は過ごしやすくても、朝晩は急に冷えることも。
特に夏は気温差が激しいです。
どこの国に行くにしてもこの季節に行くのなら、半袖だけではなく、羽織ることができるジャケットやニット、カーディガンがあると便利。
お勧めはニットカーディガン。
折りたたんで持ち運びも便利ですし、着ないときは肩にかけたり、腰に巻いたりできますね。
体温の違いからでしょうか、海外は時に夏の時期、室内の冷房が効きすぎてキンキンです。

ちょっと冷え性の方は、夏なのに寒い思いを、下手をすると風邪を引いてしまうかも。
なので、暑い夏だからと言わず、持って行くようにしましょう。
女性は薄手のストールも同様に便利で活躍しますよ。

秋、冬に行く場合はどんな服装で過ごすの?

秋、冬に行く場合はどんな服装で過ごすの?

image by iStockphoto

この時期に出発する方は、着るものも準備するものも多くなるにで、荷物も多くなってしまうもの。
四季がある国では夏が終わると、一気に肌寒くなります。
例えば、アメリカやカナダの東側、ニューヨーク、ボストン、トロントなどは、10月になると空気が一気に、さらなる乾燥と共に寒さがやってきます。
秋でも厚手のジャケット、ダウンコートでも暑すぎることはないです。
そして冬になれば、これらの寒さの厳しい地域では、ロングコート、ダウン、手袋マフラーは必須。
寒さと乾燥からくる空気の冷たさで、日本以上に寒さを感じます。
全体的に、季節を通じて乾燥対策は必要かも。
現地で人気ブランドのものを買ってもいいかも。
お土産にもなるし、日本より安く手に入ります。

留学に持って行くものは?

留学に持って行くものは?

image by iStockphoto

次のページでは『出発前にチェック。持って行くべきものリスト』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

留学

関連記事を見る

留学の記事を見る

短期留学1ヶ月。おすすめの国と、そこでできること、学べることとは?
ニューヨーク留学短期で、語学学習とニューヨクの街をもっと知る体験
大学を卒業してからの留学。新卒を捨てる意味とは?
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【留学】有料化していく「無料だった留学渡航先」、なぜ有料化?フィンランド留学の費用や条件は?
【留学経験者が教える】短期留学で英語漬けの1週間にトライ!
英語をもっと上達したい!海外留学おすすめの国はここ
1週間の短期留学、有意義な留学にするためのアイデアはこれ
ニューヨーク留学を選ぶ理由は?費用は?留学経験者が伝えるNY留学
「お金が無いから」と言わせない!給付型奨学金の全て
短期語学留学の効果は?1週間から選べる英語学習の意味を解説
意外!低コストなフランス留学でグローバル人材になろう