【旅行体験記】神秘的な「青の洞窟」のさらなる楽しみ方inマルタ共和国・首都ヴァレッタ

wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、マルタ共和国 首都ヴァレッタに渡航した海外在住主婦さんから、お話を伺いました。

連載一覧はこちらから

聞き手:wondertrip編集部 katsuya

旅にいくときの荷物がとても少ないことから、旅上手を自称。

旅行体験記の提供者:海外在住主婦さん

海外在住主婦、住んでいる都市からマルタが2時間半程度と近いため、昨年7月後半にマルタに行ったことを語るとのこと。

今回の旅程

こんにちは。
今回はマルタ共和国に行ってこられたという事でまずは旅程から教えて頂けますか。
4日間の旅程でイスタンブル(トルコ)からマルタ共和国へ行ってきました。

1日目 イスタンブル(トルコ)のアタテュルク空港よりトルコ航空直行便にてマルタの首都ヴァレッタへ

入国審査のブースも多くないため、入国するまでは30分程度、ヴァレッタ中心地に出てランチと散策へ。
ホテルで昼寝をした後にプールへ

2日目 お隣イタリアのシチリアへ

3日目 シチリア観光と宿泊

4日目 シチリアを発ちエア・マルタ便で、ヴァレッタへ。
空港から出ているバスで”青の洞窟(ブルー・グロット)へ。
空港へ戻り、イスタンブルへ帰着

泳ぎたかった「青の洞窟」

マルタ共和国に行かれた際の印象に残っているスポットがありまりましたら、教えて頂けますか。






マルタでのハイライトは、最終日に訪れた「青の洞窟(ブルー・グロット)」でした。

シチリアから朝一番でマルタに戻り、空港から洞窟まで行くバスを待って行きました。
なかなか時間通りに来ず、実はシチリアにいる時から熱中症で体調が良くなかったのですが、マルタに来て「青の洞窟」を見ずには帰れないと必死の思いで行ったので、なおさら今でも印象に残っている行き先です。

バスは普通の地元の人が使う路線バスで、空港でほぼ満席、ほとんど全員が「青の洞窟」を見に行く観光客のようでした。
30分ほどで到着しました。

結構、現地での気温が高かったようで熱中症になられたのですね。
それでも頑張っていかれて「青の洞窟」はどうでしたか。
まず、10人乗りくらいのボートがいくつか待機している船着場手前でチケットを買います(10ユーロ程度)。
乗るボートを順番に指示されました。

船着場のある入江は見たことのないような海の透明度で、泳いでる人もたくさんいました。
モーター付きのボートで、海にそびえる絶壁に沿うような形で進んでいきます。
洞窟のような場所は何ヶ所かあり、全部で5つぐらいの中にボートごと入ってくれました。

次のページを読む >>