誰と一緒に旅する?一緒に旅するのに最高な10のタイプ

あなたに自由と異文化についての知識を教えてくれる旅行は、人生で最高の経験の一つになりえます。 旅を素晴らしいものにするか悲惨なものにするかの大部分は、共に旅する相手によって決まります。ここでは、一緒に旅するのにどんなタイプの人がが良いのかご紹介いたします。

#1 ナビ内蔵タイプ

Travel-with-Friends-lead
このタイプの人は、道順を完璧に覚えて、あなたをどこへでも案内できます。
もし道に迷ったとしても、安全に迅速にあなたを家まで送り届けるでしょう。

#2 人生は一度きりタイプ

旅の醍醐味は、リラックスして新しい経験をすることにつきます。
このタイプと一緒にいると、毎日が忘れられない経験になるでしょう。

#3 食いしん坊タイプ

美味しい地元の料理を毎日シェアしたりすることで、食いしん坊の彼らはあなたの視野を広げてくれます。
彼らの食にかける情熱は伝染し易いので、きっとあなたもそのうち、メニューの中で最も不思議な地元の一品を注文しているはずです。

#4 強迫的プランナータイプ

翌日何をするのか決めない自由な旅もいいのですが、強迫的プランナーは旅の強力な助っ人になります。
ビーチパーティのチケットやボート探検ツアーを探して予約してくれたりする彼らと旅行すると、明日何をしようかと考えなくても安心です。

#5 写真家タイプ

プロじゃなくても、写真好きは本物の写真家のように振る舞います。彼らのスーツケースにはいつも良いカメラが入っていて、常にカメラを持っていくことを忘れません。山頂に着いて、汗だくで日焼けで真っ赤な顔でポーズを決めさせられることにイラっとするかもしれませんが、家に帰った時、その時の思い出写真があることに、心から感謝することでしょう。

#6 異文化吸収に貪欲タイプ

このタイプは、行く先々で呑んだくれるだけの旅は嫌がります。知らない街を発見して、目から鱗の瞬間を求めます。
4マイルもの道のりを歩いて教会に行くために睡眠時間不足で、鬱陶しいと思うかもしれませんが、その教会を目にした時、苦労した甲斐があったと感じるでしょう。

#7 サバイバルタイプ

このタイプは、ホステルから10キロの場所にいて、お金も地図もなく言葉も喋れなくても、どうにかして1時間で戻ってくるでしょう。
この人たちに困難なことはありません。飛行機に乗り遅れたり、交通手段がなかったり、ホステルが満室だったり、絶望的な状況に見えても、彼らは最低1回は乗り切ることでしょう。

#8 語学堪能タイプ

彼らはどこに行っても、必要な単語やフレーズをすぐに覚えます。
現地のお気に入りのレストランで知らない食べ物を注文する時に、一番役立つタイプです。

#9 軽装タイプ

このタイプは旅には必要最小限のものしか持って行きません。土産物にも興味がない彼らのバックパックには、入りきらないあなたの荷物を入れてもらえるスペースがいつも用意されているのです。

#10 お金を使わないタイプ

大金は使わなくても旅はできるというのが、このタイプのモットー。安いバーやレストラン、クラブを探す能力は、毎日の節約の助けになります。安いホステルや航空券を継続的に見つけてくれるため、自分が前回の旅にどれだけ大枚をはたいていたかに気づいて驚くと同時に、一生彼らと旅行したいと願うことでしょう。

Reference:lifehack.org

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

トラベルハック
絶景

関連記事を見る

トラベルハックの記事を見る

ワーキングホリデーの魅力や制度について
留学先で理想の結婚相手が見つかることが多い理由
子供が生まれたらすぐに海外旅行へ行こう!その理由は?
ワーキングホリデー経験者が語る!ワーキングホリデーの魅力
結婚前に恋人と海外に出かけるべき理由
今昔が混じり合う日本橋で食べたい!おすすめラーメン店10選
ワーキングホリデーを体験してみてわかったこと!ワーキングホリデーの実情
貧乏旅行でも気にしない!バックパッカー旅行で得られること
若いうちに海外へ出よう!海外へもっと出かけるべき理由
世界一周経験者が伝授。日本を知るためには海外に出ることが必要
大学生のうちに海外へ出ることと、30歳で海外へ出ることの違い
意外と悩みの種!世界一周する時に日本の携帯電話は解約するのか