旅行に必要そうだけど持って行ってはいけない10のモノ

海外旅行に行く際に、一番気になるのが持ち物。何を持っていけば良いかつい迷ってしまう人も多いはずです。ついついあれもこれも詰め込みすぎた結果、荷物が増えてしまったという経験のある方も今回は、海外旅行に持っていかなくてよいもをあえてご紹介いたします。ぜひ、参考にしてみて下さいね。

01

#1 救急箱

確かに多少の薬は必要かと思います。痛み止め、利尿剤、抗菌の塗り薬、くらげや蜂などに刺された時の応急処置は必要でしょう。でも、これ以上のものは使ったことがありません。途上国の注射が不安だと、シリンジと針を持って行ったこともあります。いろいろなサイズのバンドエイドをそろえてみることもあれば、抗ヒスタミン薬などいろいろ考えて持って行っていました。でも、家ではちょっと怪我をしても貼らないバンドエイドを旅行先で使うでしょうか。
結論:どう使ってよいかわからないものは持っていかないこと。本当に必要な衣料品だけを持っていくこと。そして、どこにいても、お医者さんはいますから、何かあれば診てもらいましょう。

#2 ハイキングブーツ

ハイキングブーツは正直言って最初の方に省くべきだと悟ったものの一つです。
長距離を歩く時にハイキングブーツは絶対だと思っていたのですが、結局スニーカーで十分でした。ハイキングブーツは重いので機内に履いていきましたが、暑いし、重いしもう懲り懲りです。
結論:履きやすくスタイリッシュで軽いスニーカーを選ぶべき。ハイキングでもランニングにも使えます。

#3 シンクの中栓

人生で何回くらい今、シンクの中栓が必要だと言ったことがあるだろうか。
私もそれはありません。
値段の安い宿泊先には、シンクの中栓がついていないことが度々あります。そして、中栓がないと、シンクに水を貯められなくて洗濯に困ると思ってしまうのです。
貯めた水で洗わないと流しっぱなしの水ではあまり汚れが落ちません。でも、本当に洗う必要がある時は、シャワーでも洗ってしまっていました。
結論:中栓は気にせず、シャワーを使うこと

#4 裁縫セット

私がずぼらな性格だけかもしれませんが、服が破けてもそれを繕うことはありません。いつかは直そうという思いはあるものの、やった試しがありません。
穴が開いていても、そのまま着用してしまいます。そして穴が大きくなりすぎて着られなくなったら捨ててまた新しいものを買います。
結論:縫いものが上手で普段からやる人はぜひ持っていってください。でもそうでない人は必ず針と糸は家に置いて行きましょう。

#5 スイスブランドのアーミーナイフ

確かにアーミーナイフに含まれるコルクスクリューは便利でも、アジアの多くではワインを飲まないのでコルクスクリューが活躍することはありません。そしてその他もろもろの工具を私は使いこなせません。
結論:ワインのコルクスクリューがいるなら、それだけのもっとコンパクトなものを買うべし

#6 一枚以上のジャンパーやジーパン

多くの人はジーパンは嵩張るし、洗っても乾きにくいから持って行かないと言いますが、個人的にジーパンが大好きな私は暑い時でも着ますし、旅行に持って行かないことはありません。ただ、1枚あれば十分です。厚手のジャンパー、セーター、パーカー、カーディガンも同様です。
結論:ジーパンと濃い色の防寒具を1枚ずつ。これはたくさん着ることになります。

#7 太陽光発電機

どこを旅しているかによりますが、これが必要な場所はほとんどありません。.
結論:もっとサイズが小さく充電ができるUSBチャージャーを電話やその他器具に使うと便利です。

#8 目覚まし時計

最近、自分の携帯を持たずに旅行に出かける人がいますか。そして、その携帯にアラームがついていないものがありますか。
答えはノーです。
ではなぜわざわざ目覚まし時計を持っていかなければならないのでしょう。
結論:電話を使いましょう。

#9 タオル類

意外に思うかもしれませんが、トラベルタオルは小さくて役にたちません。確かに乾くのは早いのだけが利点ですが。暑い国では、東南アジアのサロンが涼しいですし、寒い国では、もっとまともなタオルが欲しくなります。そしてよっぽど安いホステルなどに宿泊しない限り、タオルは部屋についています。
結論:宿泊先にタオルがあるかないか確かめましょう。ないということはないと思います。

#10 大きなリュックサック

荷物を軽くするなら小さいリュックサックが適しています。なぜ65Lもの大量に入るリュックサックが必要になるのでしょう?
入るものが大きければ、不必要なものまで持っていくことになります。物理的に小さくすることで荷物が増えすぎることはありません。
簡単なことです。リュックは小さ目のものを!

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

トラベルハック

関連記事を見る

トラベルハックの記事を見る

ワーキングホリデーの魅力や制度について
留学先で理想の結婚相手が見つかることが多い理由
子供が生まれたらすぐに海外旅行へ行こう!その理由は?
ワーキングホリデー経験者が語る!ワーキングホリデーの魅力
結婚前に恋人と海外に出かけるべき理由
今昔が混じり合う日本橋で食べたい!おすすめラーメン店10選
ワーキングホリデーを体験してみてわかったこと!ワーキングホリデーの実情
貧乏旅行でも気にしない!バックパッカー旅行で得られること
若いうちに海外へ出よう!海外へもっと出かけるべき理由
世界一周経験者が伝授。日本を知るためには海外に出ることが必要
大学生のうちに海外へ出ることと、30歳で海外へ出ることの違い
意外と悩みの種!世界一周する時に日本の携帯電話は解約するのか