世界一周経験者が語る!世界一周にかかる期間や金額はどれくらい?

世界一周をすると決断してから出発まで、たくさんのことをクリアしなくてはなりません。その中でも1番の問題は費用面ではないでしょうか。費用さえ準備ができれば、自ずと期間も設定しやすくなり、その後の準備もスムーズ進みます。世界一周経験者による筆者がお伝えします。


まずは自分の世界一周スタイル決めよう

まずは自分の世界一周スタイル決めよう
世界一周に何を求めているかで大きく期間や金額に違いが出てきます。
例としては「世界遺産を見たい」のか「各国のおいしい料理を食べたい」のか、それとも「なんとなく」なのか。
世界一周をする理由は人それぞれではありますが、私はまず行きたい国を決めて、国に合わせる形で期間や費用を決めると管理しやすくなると考えています。

費用を先に考える方法における注意点としては、海外では料金を標準より高く請求されてしまう場合や、値段交渉をしなくてはならない状況が多々あるので、ご自身の海外渡航暦や交渉力といった部分も、費用総額に影響が出てきます。

まずは、「世界遺産を見る」「料理を食べる」など、自分の世界一周の主な目的を決めましょう。

私たちの世界一周の費用を公開

私たちの世界一周の費用を公開
世界一周のスタイルや費用が人それぞれとは言っても、やはり目安で「正直どのくらいかかるのか?」と気になるところだと思います。
私は夫婦2人で世界一周に出発し、3ヶ月で航空券、海外保険などすべて合わせて1人70万円ほどでした。

半年や一年単位で世界一周をする場合は、もっと現地に滞在する期間が長くなるため、月単位の単価は下がると思います。
世界一周で「3ヶ月」というと、比較的駆け足になってしまい、航空券を購入することが多く、移動費が高くなってしまいます。
仮に3ヶ月の渡航内容でもっとゆっくり旅を続けていたら、感覚として半年でひとり100万円くらい、1年で160万くらいになっていたと思います。

ホテルのグレードを高く設定する人ですと、中には1年で300万~500万円くらい使う人もいます。
ご自身の旅のスタイルにかなり左右されることは間違いないと思います。

私たちの夫婦世界一周で定めたルール

私たちの夫婦世界一周で定めたルール
私たち夫婦の世界一周では、一人70万円、2人で140万でした。
この費用が高いか安いかはわかりませんが、私たちはルールを決めて世界一周をしていました。

「ボロボロの汚い宿には泊まらない」

「食事はしっかり3食とる」

「入場料や観光料は気にしない」

などを、ルールとして定めました。
節約志向ではないため、少し費用は高くなるのですが、健康第一、世界一周を楽しむということを前提にすると必要な出費だったと考えています。
食べたいものは食べて、見たいものは見ると決めていたため、満足いく世界一周だったと思います。

できるだけ安く、世界を周りたいと思ったら、3ヶ月でひとり50万円くらいでも可能だと考えています。
しかし、十分に楽しむためには、50万円は正直難しい金額だと考えていますので、最低予算として参考になればと思います。

海外生活では交渉力が重要

海外生活では交渉力が重要
私たちの場合は夫婦で世界一周をしていたため、食費や滞在費、日用品など、シェアできることが多かったので、その点で安く抑えることができたと考えています。
また、夫婦2人とも海外生活を2年ほど経験しているので、海外での節約という点でも問題はありませんでした。

旅に慣れていない人は、言われるがままに料金を支払ってしまう事も多く、知人の中で世界一周をして1番高額な人は3ヶ月で300万円ほどかかっていました。
この人はすべて言われるがままに料金を支払っていたそうです。
海外では交渉が当たり前なので注意が必要です。

世界一周を経験して感じた期間の目安

世界一周を経験して感じた期間の目安
世界一周に必要な期間としては、最短3ヶ月です。
3ヶ月あれば、世界一周に行くことができると考えています。
私たちは3ヶ月で南米を周り、ヨーロッパ、アフリカまで行きました。

しかし、アジアやオセアニアも周るとなると、半年以上は必要になるのではないでしょうか。

また、渡航した各国を十分に味わい、世界一周をじっくり楽しむとなると二年くらいは欲しいというのが率直な意見です。
世界に出てみると、本当に世界は広いということを感じ、いくら時間があっても足りないと感じます。
様々な世界一周スタイルがあるので、ご自身がどのような旅にしたいのかをよく考えて決断することが重要です。

十分な予算を確保しよう

世界一周が終わったとしても、また日本での生活が始まります。
仕事を辞めたタイミングで世界一周する方も多いと思いますので、当面の生活費も必要です。
世界一周の費用だけではなく、期間や目的、旅のスタイルや、ホテル・食事のグレードも考えて、総合的に予算を計画することをお勧めします。
photo by iStock
Tetsu

Writer:

これまでに世界一周を経験し、多くの国や地域へ訪れました。国家資格である「総合旅行業務取扱管理者」の資格も取得しているため、旅行者目線とプロ目線、様々な視点から記事を作成することを心がけています!

この記事のカテゴリ

コラム
トラベルハック

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵