夫婦で旅をするなら肝に銘じたい心構え5選

私は夫婦で世界一周をしました。夫婦で世界一周の旅にでると、24時間パートナーと同じ時間を過ごすことになります。世界一周でなくても、長い期間を共にするロングステイの旅なら、通ずるところがあるのではないでしょうか。パートナーの良い部分と悪い部分をしっかり受け止める心がまえをもって出発することが大切だと考えています。

二人で一緒に計画する

二人で一緒に計画する
出発前から世界一周は始まっていると言えます。
お互い仕事や家事をしながらの準備になるので、思いやりをもって二人で協力して航空券の手配や各種手続きを行うことが必要となります。
経験上、世界一周の手配自体は難かしい事はありません。

それよりも、二人の意見をすり合わせる事が1番難かしいと感じていました。
二人が行きたい国や、見たい観光地はもちろん違ってくるので、お互いの後悔がないように、話し合う事が重要になります。
ここでしっかり旅のプランとコンセプトを決めることができたら、世界一周は成功と言ってもいいのではないでしょうか。

お互いの両親や友人に挨拶する

お互いの両親や友人に挨拶する
これも楽しむためにとても大切な事だと思います。
夫婦で世界一周に行くことができるのは、周りの理解、協力がなくては成り立たないからです。
夫婦世界一周に出発できる事、理解してくれたことに感謝の気持ちを持つことが大切です。

出発前に挨拶しておくことによって、様々なトラブルも事前に避けることができると考えています。
周りの方には世界一周に出発することを良く思わない人が必ずいると思います。
理解をしてもらえない場合でも、自分たちの考えをしっかり伝えておくと自分たちの旅も楽しめるのではないかと思います。

お互いの悪い部分を気にしない

お互いの悪い部分を気にしない
世界一周中は24時間一緒に過ごすことになるので、いままで見ることができなかった一面を発見することができます。
もちろん、良い部分もありますが、悪い部分を見つけてしまうこともあります。
普段の生活もそうですが、気にしすぎるのは旅を楽しむ上で必要ありません。

世界一周を楽しむためにはパートナーの足りない部分を補う気持ちで旅をすることが必要です。
それは相手も自分に対して同じ思いを持っていることが多いからです。
お互いを尊重する気持ちを忘れないようにする事が重要です。

お金を出すところは躊躇しない

お金を出すところは躊躇しない
世界の有名な観光地の多くは観光料金というのを設定しており、現地の物価と比べて高いことも多くあります。
正直なところ、入場料などが高すぎて悩むこともたくさんありました。
しかし、世界一周は人生で何度もすることができないと思いますので、個人的には奮発して楽しむべきだと考えています。

世界一周後の後悔は費用がかかったことより、体験しなかったことのほうが、格段に多いです。
高い費用を支払ってでも体験すべきだったと後悔することが多いので、費用の部分で悩んだときは、迷わず体験すべきだと思います。







現地の人との交流を楽しむ

現地の人との交流を楽しむ
夫婦世界一周のメリットでもあるのですが、話し相手がいるため寂しくなることやホームシックになることはあまりないと考えています。
なので、積極的に現地の人との交流を持つ意識で旅をする必要があると思います。
現地での出会いなど、人からもらえる思い出のほうが観光地での思い出よりも深く鮮明に覚えていると思います。

貴重な出会いや体験を逃してしまわないように、二人の殻にこもらず行動することが大切です。
自分たちの心を広げておくことで、様々な貴重な体験をすることができるからです。

どんな出来事でも良い思い出に変わる

夫婦で世界一周は、1人で世界一周するより楽しみは多いと考えています。
私たちも、アイスランドで凍死しそうになったり、飛行機がありえないくらい揺れた事もありましたが、今では二人の良い思い出となっています。
photo by iStock