夫婦で世界一周するのは簡単!旅に必要な心構えとは

私は夫婦で世界一周をしました。夫婦世界一周は実体験上、難しくないと考えています。両親をはじめ周りの人たちへの挨拶や、仕事の調整などがありますが、世界一周を決めてしまえば準備する事はあまり多くないと言えます。様々なしがらみを気にせず出発しましょう。


#1 そもそもなぜ世界一周は難かしいと考えるのか

そもそもなぜ世界一周は難かしいと考えるのか
夫婦で世界一周に出発すると言うと、「すごいね」や「どうやって?」なんて言葉を多くかけられました。
しかし、私は世界一周をすること自体はお金を貯めて、時間を作れば難かしくないと考えています。
もちろん様々な要因で、お金や時間があっても行けない人もいると思います。

しかし、私の考えでは、世界一周が難かしいと思うのは、物理的な部分ではなく、精神面だと考えています。
「仕事を辞めて世界一周をするなんて、大丈夫かな」「周りの人はなんて言うかな」など、自分の世界一周に行きたいという思いとは関係のない部分で、足を引っ張ることが多いと考えています。

#2 ではなぜ不安になるのか

ではなぜ不安になるのか
普段の生活で海外旅行に行くとなると、単純に楽しみだと思います。
しかし、世界一周に出発するとなると急に不安になりませんか。
世界一周のほうが、広い世界を見ることができますし、海外を長く楽しむことができます。

このことから、世界一周への恐怖の要因は、「仕事が不安」と考えている人が多いという傾向にあると思います。
世界一周は目に見える何かを取得できるわけではないので、就職活動などには有利に進まないことが多いのも事実です。
世界一周=仕事につながらないと考えると不安になってしまうのです。

#3 世界一周経験を仕事にしてしまおう

世界一周経験を仕事にしてしまおう
不安の大きな要因が世界一周にある場合は、世界一周自体を仕事にしてしまえば良いと考えています。
実際に出会った方の中には、スポンサーがついて世界一周している人もいましたし、ブログなどネットで稼ぎながら世界一周をしてる人も大勢いました。

もちろん下準備は時間と労力を使うものですが、稼ぎながら世界を周れるなら、世界一周のハードルが相当下がると考えています。
私自身も、旅のすべての費用をまかなうことはできませんでしたが、お小遣い程度の収入を得ながら旅をしていました。

#4 帰国後も仕事はあることを意識しよう

帰国後も仕事はあることを意識しよう
世界一周から帰国後、業種によっては世界一周の経験は仕事につながると考えています。
旅行や留学関係の仕事、メディア関係の仕事などは世界一周を経験することで自分の幅が広がり、仕事を取ることも可能になるのではないでしょうか。

直接、世界一周が仕事内容に関係のない場合でも、柔軟な対応力や広い見識を得ている世界一周経験者は様々な場面で能力を発揮できると考えています。
もし、仕事が世界一周を諦める要因になっているなら、そんなもったいないことはないと考えています。
仕事を辞めるリスクを考えるのではなく、仕事を辞めないリスクを考えるといいかもしれません。

帰国前に保険をかけておこう

帰国前に保険をかけておこう
しかし、仕事を完全に辞めるというのは勇気がいることだと思います。
もし可能なら現在の会社に復職できるように、手配しておいてもいいと思いますし、それが難かしい場合は、資格などを取得しておくのもいいと思います。
資格=就職とは直接に関係ないかもしれませんが、ないよりもあるほうが有利なのは間違いありません。

私たちの場合は復職が難しかったため、完全に仕事を辞めて世界一周に出発しました。
そのため、出発までに私は旅行系の国家資格を、妻は医療系の国家資格を取得し渡航しました。

着実に準備を進めると必ず出発できる

世界一周は準備をはじめない時点で悩んでいると難かしいと感じることが多いと思います。
両親が納得してくれないなら時間をかけて話し合う。
仕事が不安なら自分のスキル上げておく。
その他にも自分自身が感じている不安があれば時間をかけて対応すれば確実に出発の日を迎えることができます。
photo by iStock
Tetsu

Writer:

これまでに世界一周を経験し、多くの国や地域へ訪れました。国家資格である「総合旅行業務取扱管理者」の資格も取得しているため、旅行者目線とプロ目線、様々な視点から記事を作成することを心がけています!

この記事のカテゴリ

コラム
トラベルハック

関連記事を見る

コラムの記事を見る

なぜ「天動説」でなく「地動説」なのか?文系でもわかる天文学の歴史
時差ぼけの症状や原因は?対策はあるの?時差ボケを撃退する15の方法
北朝鮮を旅行して感じたこと…地元の人に出会ってびっくり!
私の見たイギリス…いまは斜陽の国イギリスが、新たな道を拓くには
青で彩られたシャウエンの街。その美しい光景は息を呑むよう!
人生最高の旅行をするために、持って行くべき、たったひとつのもの。
砂に埋もれた廃墟。ナミビアで見つけたゴーストタウンで、かつて栄えた町の現在の姿を撮影
仕事を辞めて旅に出たくなるような世界の絶景写真37枚
実写版「ウォーリーをさがせ!」…誰かのふざけたinstagramかと思ったら、がんに苦しむ子供たちに向けたキャンペーンだった
「世界一危険な海」を行く。写真が捉えた南極の絶景を見よ
絵のように美しい!フィルムカメラを通して見たニュージーランドの絶景
知らないほうが良い?海外ホテルで過ごすための20の知恵