荷物を減らそう!身軽な旅行「ミニマリストパッキング」のススメ

旅行の際、大きなスーツケースを持っているはずなのに、なぜか荷物が収まりきらない。荷物が多いと、移動の多い旅行では大変ですよね。今回は、短期旅行の際にお勧めする、ミニマルなパッキング術をお伝えします。

旅慣れた人ほど、ミニマル(最小限)な荷物で出かける

旅慣れた人ほど、ミニマル(最小限)な荷物で出かける
旅慣れた人は荷物が少ないです。
そのような人は、「え、これだけしか持ってきてないの?」と思うくらい、本当に小さなスーツケースやリュックで旅行に行きます。
それは彼らが「本当に最低限必要なもの」しか持ってきていないから。
逆に、旅慣れていない人は、「足りなかったらどうしよう」と心配になりがちなので、あれもこれもスーツケースに入れてしまいます。
そして現地に着いてから「どうしてこんなもの持ってきたんだろう」なんて思った経験はありませんか?

最小限の荷物で出かけるメリット

最小限の荷物で出かけるメリット
移動の多い旅行では、重い荷物はストレスの原因に。
そして持ち物の把握も大変です。
空港で大きなスーツケースを広げて、何かをずっと探している人をよく見かけますが、これでは時間も労力も無駄にしてしまいます。

また旅行の際にあり得る破損・紛失・盗難などのリスクも、ものを減らすことで軽減することができます。

そして航空会社によっては、スーツケースが重すぎると超過料金が発生してしまうこともあります。
「あったらいいな」と思うものは家に置いていき、必要なものだけを持ちましょう。

服は最小限に。きっとそんなに必要ありません。

服は最小限に。きっとそんなに必要ありません。
スーツケースで一番スペースを取るのが服です。
この服の量が違うだけで、断然に違ってきます。
旅行の長さにもよりますが、基本的に「少し足りないかな」程度の服の量でOK。
足りなければ現地で買えば良いのです。

 







また、シンプルで着回ししやすいものだけを持っていくようにしましょう。
下着類だけは、毎日交換するものなので、余分に1-2枚程度持っていくと良いでしょう。
筆者はどれだけ服を減らしても「これいらなかったな」と思うことが毎回あります。

素材としてはウールが良いのだとか。
速乾性があり、シワにもなりにくく、また匂いもつきにくいウールは、旅行の際の衣類に入れておきましょう。

現地調達を基本に

現地調達を基本に
旅の上手な人は、「持っていくべきもの」と「現地調達するもの」との区別がしっかりと付いています。
基本的に、消耗品であれば、現地に着くまでの分だけあれば良く、ドラッグストアで買えば、ローカルなものを体験するいい機会にもなりますよ。
日本食も、最近はレストランも増えてきており、スーパーでも買えることも。
書類などは基本的にデータ化をしておきましょう。
ビジネスや語学留学に必要な書類や、旅の途中に読む書籍などは、空港で提出が必要なもの以外は、データ化しておくのがベターです。
いざ必要となれば、ホテルなどで印刷すればOK。
次のページでは『スペースを活用するオススメの収納方法』を掲載!
次のページを読む >>