ワーキングホリデーの魅力や制度について

ワーキングホリデー制度はとても魅力的だと言えるのではないでしょうか。就労や就学ができるビザは限られています。また、就労ができるビザはスキルや現地企業のインビテーションがなくては、取得できないことも多く、ハードルは高いと言えます。そこで今回は、ワーキングホリデービザを利用すべき理由についてご紹介したいと思います。

ワーキングホリデー基本情報

ワーキングホリデー基本情報

image by iStockphoto

ワーキングホリデービザは日本が協定を結んでいる国で、生活や就学、労働、旅行など様々なことに挑戦することができるビザになります。国にもよりますが、基本的には1年間のビザがおり、自由に海外で暮らすことができる大変メリットの大きいビザなのです。しかし、ワーキングホリデービザは若者の特権ということを忘れてはなりません。一部国を除いて30歳以下しかワーキングホリデービザは取得することができないのです。ワーキングホリデービザほど、融通の利くビザはないとも言えます。

1カ国に1回ワーキングホリデービザが取得できる

1カ国に1回ワーキングホリデービザが取得できる

image by iStockphoto

ワーキングホリデービザは、1カ国に1回のみしかビザを取得することはできませんが、国を変えれば何度でも取得することができます。ワーキングホリデービザは18歳〜30歳以下まで取得できるのですが、国を変えれば20代は全て海外で過ごすことも可能になります。ワーキングホリデービザでは現地で労働することができるため、このようなことも可能なのです。

様々な言語を学習できる環境がある

様々な言語を学習できる環境がある

image by iStockphoto

ワーキングホリデービザが取得できる国は英語圏のみではありません。フランス語や中国語、ポルトガル語などの言語を母国語とする国へも渡航することができるのです。これからの日本は高齢化社会が進み、労働人口が減少します。そのため、海外からの労働者や海外とのやり取りをする機会が現在より増加することが予想されます。そのため、英語だけではなく、その他の言語も習得していると、今後の人生にとって大きなアドバンテージになると言えるのです。

自由に出入国できる

自由に出入国できる

image by iStockphoto

ワーキングホリデービザは期間内であれば自由に出入国できるため、緊急に日本に帰国しなくてはならない場合も安心です。それだけではなく、他の国への旅行も自由に行えるため、周辺国への旅行も気軽にすることができます。イギリスやオーストラリアなどの島国である場合は、飛行機を利用しなくてはなりませんが、フランスなど他の国と隣接している国を選択すると旅行はしやすいと思います。

ワーキングホリデービザは利用価値が高い

私はワーキングホリデービザを取得し、オーストラリアへワーキングホリデーをしました。初めての海外長期滞在だったため、不安や戸惑いはありましたが、今では本当にこのワーキングホリデービザを取得してよかったと感じています。海外で就労したり暮らすことはビザの問題から難しい場合もあります。しかし、ワーキングホリデービザは前科等がない場合は基本的に、取得することができるため、他のビザと比べて取得のハードルが低く、利用価値の高いビザと言えると思います。
photo by iStock

Tetsu

Writer/Editor:

これまでに世界一周を経験し、多くの国や地域へ訪れました。国家資格である「総合旅行業務取扱管理者」の資格も取得しているため、旅行者目線とプロ目線、様々な視点から記事を作成することを心がけています!

この記事のカテゴリ

トラベルハック

トラベルハックの記事を見る

留学先で理想の結婚相手が見つかることが多い理由
子供が生まれたらすぐに海外旅行へ行こう!その理由は?
ワーキングホリデー経験者が語る!ワーキングホリデーの魅力
結婚前に恋人と海外に出かけるべき理由
今昔が混じり合う日本橋で食べたい!おすすめラーメン店10選
ワーキングホリデーを体験してみてわかったこと!ワーキングホリデーの実情
貧乏旅行でも気にしない!バックパッカー旅行で得られること
若いうちに海外へ出よう!海外へもっと出かけるべき理由
世界一周経験者が伝授。日本を知るためには海外に出ることが必要
大学生のうちに海外へ出ることと、30歳で海外へ出ることの違い
意外と悩みの種!世界一周する時に日本の携帯電話は解約するのか
世界が変わる!?実際に世界一周行ってみてどうだったか

おすすめ記事を見る