一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選

このお仕事をはじめて、旧市街地という言葉をよく目にするようになり、「世界には、どんな旧市街があるんだろう?」と思いました。そこで、異国情緒を味わえる旧市街の中から、「行きたい!」と思うスポットを、独断と偏見で集めてみました。美しい景色を望める魅力的な旧市街地もあるので、少しだけお付き合いくださいね。


#1 「アドリア海の真珠」と称されるドブロブニク旧市街【クロアチア】

「アドリア海の真珠」と称されるドブロブニク旧市街【クロアチア】

image by iStockphoto

古き良き伝統が今も真珠のような美しい街並みを構成するドブロブニク旧市街。
高さが25m、長さが2kmに渡る堅固な城壁に囲まれており、その上に作られた散策道をお散歩できるのも楽しみのひとつです。
言葉にもならないほど美しい景色は一生に一度は見たいものですね。

ビザンツ帝国、ヴェネツィア、ハンガリー王国、オスマン帝国に支配されるも、「リベルタス(自由)」を守り通した歴史を持ち「千年の都」とも呼ばれています。
ドブロブニクは地中海交易によって発展し、かつて、700隻の商船を保有するほどの栄華を極めました。
旧市街地の石畳は、何百年も人々が歩いてきた道と、誇らしげに光り輝いています。

#2 甦ったハンザ同盟の中核都市ブルージュ歴史地区【ベルギー】

甦ったハンザ同盟の中核都市ブルージュ歴史地区【ベルギー】

image by iStockphoto

首都ブリュッセルからも近く、中世の面影を残す街並みが美しい古都ブルージュ。
街の起源は9世紀のこと。
運河を上手く使い北海と繋がることで、13~14世紀にかけてハンザ同盟の中世都市となり繁栄を遂げました。
しかし、北海からの土砂により運河が埋まり、船の航行ができなくなったことから衰退しました。

ここには、2つの世界遺産があり、中世にタイムトリップしたような気分を味わえます。
また、北のヴェネツィアと呼ばれており、街の至る所にある細い運河をボートにのって観光するのも醍醐味です。
旧市街地の中心にあるマルクト広場には切妻屋根のカラフルなギルドハウスが立ち並び、世界遺産の「ベルギーとフランスの鐘楼群」の鐘の音を聞く心地よい観光を満喫できます。

#3 おとぎの国のような中世の街並みタリン旧市街【エストニア】

おとぎの国のような中世の街並みタリン旧市街【エストニア】

image by iStockphoto

バルト三国のひとつエストニアの世界遺産に登録された、古く美しい街並みが広がるタリン旧市街。
尖がり屋根に石畳の小道が続き、まるでおとぎの国に迷い込んだような雰囲気です。
13~16世紀にハンザ同盟に加入し繁栄を遂げました。
数か所門が設置された石造りの城壁に囲まれた旧市街地には、トームペア城や大聖堂など多くの歴史的建造物が、かつて繁栄した名残を感じさせてくれます。

ヨーロッパ屈指の歴史地区といわれ、可愛らしいベーカリーや雑貨店が立ち並ぶ趣ある路地をゆっくり散策するだけで大満足すること間違いなしです。
どうせなら、目の保養に、世界一美女が多い国といわれるエストニアの女性を見ながら歩くのも、ファッションの参考にいいかも知れませんね。
山の手にある展望台から見下ろす、旧市街地の美しい街並みやバルト海の眺めは最高ですよ。

#4 伝統的な「韓屋」が広がる美しい街並み!北村韓屋村【韓国】

伝統的な「韓屋」が広がる美しい街並み!北村韓屋村【韓国】

image by iStockphoto

北村韓屋村は、「古の韓国はこんな感じだったのだろう」と思わせる魅力ある街です。
朝鮮時代から残っている、伝統家屋「韓屋」が密集しており、歴史的な面影も色濃く残しています。
最も韓国らしいといわれ、外国人をはじめとした観光客が多く訪れています。

ソウル市によって選ばれた北村八景の中でも、北村5景の嘉会洞路地をくだりながら見る景色は、伝統的な韓屋の先に近代のビル群があり新旧の融合が絶景です。
また北村展望台カフェで、お茶を楽しみながら景色を眺めるのもおすすめで、韓屋造りの建物が、宿泊施設になっているので、宿泊してみるのも醍醐味かも。

#5 アマルフィ海岸の宝石?!ポジターノ【イタリア】

アマルフィ海岸の宝石?!ポジターノ【イタリア】

image by iStockphoto / 67439627

世界遺産のアマルフィ・コーストにあり、ローマ時代から高級リゾートとして栄えました。
9~12世紀ごろ、アマルフィ公国時代は、ピサ共和国やジェノヴァ共和国、ヴェネツィア共和国と覇権争いを繰り広げています。
16~17世紀にかけては、海洋貿易で繁栄しました。

青く輝く地中海と背後に聳えるラッターリ山系、その急勾配の岩壁に立ち並ぶカラフルな家々が、独特の景観を見せています。
家々のカラーが少しくすんでおり、味わい深い色合いです。
この美しい景色から、「アマルフィ海岸の宝石」と称されています。

#6 命の保証はないけど行ってみたい?ガダミス旧市街【リビア】

命の保証はないけど行ってみたい?ガダミス旧市街【リビア】

image by iStockphoto

ガダミスは、アルジェリアやチュニジアの国境地区近くの、サハラ砂漠の入り口に位置しています。
古くからトゥアレグ人が住んでいた、リビアのオアシス的な都市として有名でした。
しかし、水も涸れ住民たちは新市街に移り、現在は無人の街になっています。

1986年に世界遺産に登録された旧市街地は、古くからある壁に囲まれています。
強い日差しを遮る白く分厚い壁やテラスを共有しながら、家々が連なる景観が特徴です。
鍵がかけられていない家々は、急に時が止まったように、当時のままの生活ぶりを見ることができます。
残念なことに、リビア国内の衝突による損壊が懸念され、2016年に危機遺産リストに登録されました。

#7 優雅で誇り高き中世の都エディンバラ【イギリス】

優雅で誇り高き中世の都エディンバラ【イギリス】

image by iStockphoto

スコットランド東岸に位置する、中世の街並みと石畳の路地が美しいエディンバラ旧市街地。
この壮麗な城塞都市が築かれたのは、7世紀の砦から。
街の名前となったエディンバラ城の下に広がる街並みは、中世のままの趣を残しています。
ヨーロッパ最古の歴史を持つ王国であり、建物などに独特な文化が見られます。

珍しいことに旧市街と新市街の両方が、世界遺産に登録されており、市内の中心にある、カールトン・ヒルからは、新旧が融合した美しい眺望が広がります。
イギリス連合王国に入るまでは、スコットランドの首都として栄えた、エディンバラに出かけてみませんか?

Writer:

世界遺産ブームをきっかけに歴史に目覚めてから、国や城、庭園などの成り立ちに魅了された主婦です。何だろう?と思ったことを調べて、皆さんにお伝えすることで気持ちを共有できたら幸せだな~と感じながら仕事をしています。ちょっとマニアックな歴史記事ですが、軽い気持ちで触れてみてくださいね!

この記事のカテゴリ

アジア
ヨーロッパ
文化
歴史
絶景
街・都市

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選