フランスの建築物最高!「シャルトル大聖堂」の絶景&歴史まとめ

wondertripでは、日々世界の絶景をお届けしていますが、ただ美しいだけではなく歴史的にも重要なエリアが数多くあります。世界遺産に登録されているフランスの「シャルトル大聖堂」も、そのひとつ。その歴史と絶景写真をご紹介します。


シャルトル大聖堂ってこんなところ

シャルトル大聖堂ってこんなところ
シャルトルはパリの南西87㎞に位置し、列車で1時間ほどで行ける街。
古城が点在するエリアにも近く、歴史ある街並みは風情があります。
そんなシャルトルで必ず訪れたい場所が、シャルトル大聖堂です。
フランス屈指の美しい大聖堂は、天に向かって伸びる2つの塔やステンドグラスに彫刻など、まさに巨大な芸術作品と言えるでしょう。
11世紀に建てられたシャルトル大聖堂は、1194年の火事でその大部分が焼失してしまいました。
しかしすぐに再建が始められ、1220年には完成しています。
わずか20年強で完成というのは、100年単位で建設することもざらだった当時からすれば、驚異的な早さでした。

シャルトル大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 シャルトル大聖堂
住所 16 Cloître Notre Dame, 28000 Chartres, France
営業時間・開場時間 8:30-19:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.cathedrale-chartres.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シャルトル大聖堂のスポットページ

ロマネスクとゴシック、2つの建築様式

ロマネスクとゴシック、2つの建築様式
シャルトル大聖堂を正面から見ると、2つの大きな塔の形が違うことに気づくと思います。
正面向かって右側の塔は飾りが少なく重厚なロマネスク様式で、左側の塔は多くのモチーフを組み合わせた優美なゴシック様式なのです。

この違いが生じたわけは、1194年の火事でした。
右側の塔は奇跡的に燃え残り、左側の塔は再建と中断の後に16世紀に完成したのです。

時代と共に建築様式も変わるので、左側の塔はゴシック様式の中でも15世紀以降に流行した建築様式が取り入れられました。

このことは塔だけではなく大聖堂の随所に見られ、こうした時代も様式も異なる建築が混在しているところが、シャルトル大聖堂の特徴であり魅力です。

シャルトル大聖堂の最大の魅力・ステンドグラス

シャルトル大聖堂の最大の魅力・ステンドグラス
大聖堂の中に入ると、天井の高さにまず驚きます。
こうした高い天井もゴシック様式のひとつで、30mを超えています。
ビル10階をゆうに超える高さの天井、想像できますか?
katsuya

Writer:

かつて仕事の都合で東京←→京都を年100回往復していました。京都の西七条に家を借り、なんと結婚相手も京都で見つけました。「地元民ではないけど、だからこそわかる京都」の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

フランス
建築
歴史
絶景

関連記事を見る

フランスの記事を見る

そうだったんだ、フランス!ちょっと意外なフランスの歴史エピソードをめぐるスポット
フランス観光で行きたい!マニアックな歴史的観光地区10選
【フランス世界遺産一覧】絶景も歴史もすべてここに!フランスの世界遺産を全部解説
パリ観光で行きたい!歴史的観光名所をぐるりと一巡り
フランス旅行でいきたい!フランスで絶対見ておくべき歴史的スポットは?
18時間以上続く「世界一長いピアノ音楽」を生んだエリック・サティとは?
【イタリア観光】古代も中世もルネサンスも見れるイタリアへ
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【フランスの世界遺産】42個の世界遺産を全部一挙ご紹介!(2017年時点)
【映画「レ・ミゼラブル」の時代背景】ジャンバルジャンはなぜパンを盗んだ?実はフランス革命の後の出来事って本当?
【元住民が解説】エッフェル塔の観光完璧ガイド
【元住民が解説】ルーヴル美術館の観光完璧ガイド