絶景すぎる海商都市リヴァプールが憧れすぎてうっとり!絶景写真16選

イギリスの世界遺産「海商都市リヴァプール」はご存じですか。いまや欧州サッカーのクラブとして耳にすることが多いリヴァプール、実はとても魅力的な都市機能と世界遺産としての歴史が折り合う都市だったのです。

リヴァプールってこんなところ

リヴァプールってこんなところ

リヴァプールとはどんな都市?

リヴァプールとはどんな都市?
リヴァプールはイングランドの北西部、ロンドンから約300㎞の所にある港湾都市です。
アイリッシュ湾へと注ぐマージー川の河口にあるため、近代は貿易港として発展しました。






今、リヴァプールと言えばやはりビートルズやサッカーのリヴァプールFCでしょうか。
まさにイギリスの大衆文化が集まり成長した、「イギリス」という国を感じさせてくれる都市なのです。
世界遺産「リヴァプール-海商都市」として登録された地域は、リヴァプール市街にあるピア・ヘッド、アルバート・ドック、スタンリー・ドック保存地域、キャッスル・ストリート保存地域、ウィリアム・ブラウン・ストリート保存地域、ロープウォークスの6つの区域になります。

リヴァプールの海商都市としての歴史

リヴァプールの海商都市としての歴史
リヴァプールは17世紀には北米植民地・カリブ諸島との貿易、18世紀には北米植民地とアフリカとの大西洋三角貿易で大きく発展しました。
産業革命が起こると近郊の大都市マンチェスターから鉄道が通り、リヴァプールの港から世界各国へ輸出が増えました。
次のページでは『港を見守る三美神「スリー・グレイシズ」』を掲載!
次のページを読む >>