4500年前から存在する、7000体の遺骨が眠る「ハル・サフリエニ地下墳墓」がロマンすぎる

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ハル・サフリエニ地下墳墓」をご紹介します。

「ハル・サフリエニ地下墳墓」ってこんなところ

image by PIXTA / 17534009

ハル・サフリエニ地下墳墓の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハル・サフリエニ地下墳墓
住所 Triq Hal Saflieni, Raħal Gdid, Malta
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 20ユーロ
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%8B%E3%81%AE%E5%9C%B0%E4%B8%8B%E5%A2%B3%E5%A2%93
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハル・サフリエニ地下墳墓のスポットページ

ハル・サフリエニ地下墳墓とは

ハル・サフリエニ地下墳墓は、地中海に浮かぶマルタ島にあります。
マルタ島はイタリアのシチリア島の南にあり、周辺の島と合わせてマルタ共和国となっています。
イギリス連邦に属するため、公用語は英語です。

そんなマルタの首都バレッタ郊外の街・パオラにあるハル・サフリエニ地下墳墓は、紀元前2500年頃のものです。
ちょうど、エジプト文明の初期段階と同じくらいの時期ですね。
文字を使う前の人類が暮らしていた先史時代では、世界唯一の地下墳墓になります。
宗教上の聖域や神殿だったようですが、後に地下納骨堂に変わったと考えられています。
しかし、文字がなかった時代のものであるため、わからないことも多いのです。

ハル・サフリエニ地下墳墓の歴史

紀元前2500年頃に造られた地下墳墓ですが、紀元前2000年頃にはこの地に住んでいたマルタ人が忽然と姿を消してしまいます。
理由は今も不明です。
その後地下墳墓は地中に眠ったままでしたが、1902年、偶然に発見されました。
住宅開発で貯水槽を掘っていたところ、この地下墳墓を掘り当てたのです。
1980年には世界遺産に登録され、マルタの切手にも採用されました。

現在は1日の入場者数70人ほどに制限され、遺跡の修復のために長期間見学ができなくなることもあるので注意が必要です。
謎の地下墳墓を見るために観光客が殺到し、予約は常にいっぱいとなっています。
見学したいかたは1ヶ月は余裕を見て下さいね。







地下墳墓に眠っていた7000体の遺骨たち

地下墳墓は地下11mに及び、3階層構造になっています。
38の石室は複雑な迷路と急な階段で結ばれており、侵入者を転落させる仕掛けもあります。

ここには約7000体もの遺骨が葬られていました。
納骨堂とはいえ相当の規模ですね。

1階層は自然の洞窟を元にしており、3階層は貯蔵庫でした。

特筆すべきは2階層の部分です。
神託の部屋は、男性の声だけが響く造りになっています。
祭司は男性だったため、その声だけが空間に響くように設計されました。
男性の声における特定の周波数は脳の活動に効果があるとされ、祭司の声の神託としての効果を高めたのでしょう。

また、ここでは副葬品の「眠れる貴婦人」像が見つかりました。

謎の頭蓋骨とエジプト

ハル・サフリエニの地下墳墓からは不思議な形の頭蓋骨が見つかっています。
後頭部が異常に細長くなっているのですが、これは当時そこに住んでいたマルタ人のものとは異なる形だそうです。

頭蓋骨は人工的に変形させることも可能なのですが、なんとこの頭蓋骨の形は、古代エジプトの高貴な人物にも見られます。

また、地下墳墓の神殿入口の石の積み方などが、エジプトの建造物に通じる点があるとも指摘されています。
そのため、マルタからエジプトに文明が伝わったのではないかと推測する説もあるのです。

しかし、紀元前2000年頃にマルタ人が姿を消してしまったことで、謎の解明への道筋はより複雑に、難解になってしまいました。

巨石文明が栄えたマルタ

ハル・サフリエニ地下墳墓のすぐそばに、「マルタの巨石神殿群」として世界遺産に登録されているタルシーン神殿があります。
この他にも国内には巨石神殿群があり、その数は30にも及びます。

タルシーン神殿は紀元前3600年から2500年頃に造られました。
2mを超える巨石を積み重ねてできており、まるでストーンヘンジのような並べ方をされている箇所もあります。
他の神殿群も同様で、もっと以前に建設されたと推測されるものもあるのです。

となると、エジプトのピラミッドができるよりももっと前に、ピラミッドよりも大きな石を運び積み上げる技術をマルタ人は持っていたということになります。
それってすごいことですよね!

次のページでは『壮大な歴史を感じて旅をしよう』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

歴史の記事を見る

敬虔なるキリシタン武将・明石全登、ドラマチックに登場した大坂の陣と謎の行方
苦節55年!?日本を代表する近代建築・国会議事堂は誰が建てた?
落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?