絶景と共に振り返る「ローマ歴史地区」の歴史おさらい

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂」をご紹介します。


ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂ってこんなところ

ローマ歴史地区、教皇領とサン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂ってこんなところ

San Paolo fuori le Muraの住所・アクセスや営業時間など

名称 San Paolo fuori le Mura
住所 Piazzale di San Paolo 1/Via Ostiense 186, Rome
営業時間・開場時間 7:00-18:30(回廊 8:00-18:15)
利用料金や入場料 回廊 4ユーロ
参考サイト http://www.abbaziasanpaolo.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

San Paolo fuori le Muraのスポットページ

伝説から作られた都市ローマ

伝説から作られた都市ローマ
「ローマは一日にして成らず」や「急がば回れ」などのことわざが古代ローマ人の言葉だということはご存知でしょうか?神話からはじまったローマは地中海を中心にヨーロッパ、小アジア、中東、北アフリカまでに渡る地を支配していました。
現在も各地にその遺跡が残っています。

王位争いに巻き込まれた双子のロムルスとレムスが狼に助けられる物語は有名で、その「狼と双子の像」がコンセルヴァトーリオ博物館に展示されています。

神話では紀元前753年4月21日にパラティーノの丘に小さな国ができたのがローマのはじまり。
この丘には歴代の皇帝が住居を建てています。
初代王は狼に 育てられた双子の一人のロムルス。
街を拡大するために、逃亡奴隷や殺人犯まで受け入る開放的な都市として繁栄させました。
陽気なイタリアの基礎を築いたの かもしれませんね!

イタリア統一へと進むローマ

イタリア統一へと進むローマ
早くから近隣諸国の異文化が入ったローマは、領地拡大の成功に繋りました。
初期ローマは王政でしたが、血統貴族で作られた元老院がおかれ王は独裁者ではありませんでした。
歴代王のもと発展した王政は、「傲慢王」と称される7代目王タルクィニウス・スペルブス(在位B.C.535-509年)を最後に、共和制(B.C509~B.C.27年)へと移行します。

戦争に勝てば多くの戦利品を手にできる時代になると、平民も力を持ちB.C.449年には勝ち負けを繰り返すたびに強い国となります。
領地を広げる内にローマ軍が各地にスムーズに動けるように街道建設がはじまりました。
戦車も通った頑丈な最古のアッピア街道(B.C. 132年)は一部、現在も車道として使われています。
2000年も耐え抜く道をもうこの頃に造るなんてビックリですね。

民衆のアイドルカエサルの栄光期

民衆のアイドルカエサルの栄光期
帝国が混乱するB.C.60年頃にカエサル(在位B.C.100-44年)とポンペイウス、クラッスス(後のシリア総督)の新たなリーダーが誕生し、元老院に不満を抱いた3人が密約し三頭政治が始まります。
カエサルはガリア人と戦争で富を得たことにポンペイウスや元老院が警戒し、クラッススの戦死もあり事実上三頭政治は解散しました。

 

カエサルは「賽は投げられた」との言葉を発し敵対するイタリアへ戻りポンペイウスらをローマから排除。
ギリシアのファルサロスで戦いの後、ポンペイウスは 逃亡先のエジプトで暗殺されました。

カエサルはエジプトでプトレマイオス13世と争うクレオパトラと恋に落ち内戦に介入し、その後カエサルはエジプトも支 配します。
小アジアやアフリカ、ヒスパニアでも勝利し事実上の独裁となり反発が強まります。

カエサルが王になるかもと疑念を抱き共和制に反すると、 B.C.44年3月15日に元老院議場にて暗殺されました。
彼の最後の言葉は、「ブルータスお前もか」でした。
カエサルを愛した民衆が暴動を起こし、暗殺 者たちはローマから逃げました。

関連記事を見る

歴史の記事を見る

落ちぶれた本願寺を再興した救世主・蓮如が歩んだ道のりを徹底解説!
偉大すぎる父とできすぎた弟たちを持った毛利のプリンス・毛利隆元の苦悩
絶対敵にしたくない男No.1!「敵はとりあえず暗殺」の宇喜多直家、でも家臣は大事にした?
奈良時代から現存する「東大寺法華堂」ってどんなところ?
秀吉は本当に一夜で城を完成させたの?岐阜・墨俣城を訪ねてみた
出奔されてもコイツが必要!と伊達政宗に思わせたデキる親戚・伊達成実ってどんな人?
冬の立山連峰を越えた男・佐々成政、時代に翻弄された悲劇の最期
負け戦に敢えて挑む男のプライド。秀吉に刃向った武将・九戸政実の生き様
秀吉vs勝家!決戦の地・賤ヶ岳古戦場の歴史を辿る旅
小牧山城で近世城郭の始祖・織田信長の築城技術を学ぶ
宿敵・松永久秀との戦いに半生を捧げた筒井順慶、「日和見主義」の誤解を解く!
公家趣味が彼を滅亡に追い込んだ?大内義隆を殺したのは、かつての愛人だった…!?