イタリアにある、火山で消滅した都市「ポンペイ」の歴史

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域」をご紹介します。

ポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域ってこんなところ

ポンペイ、エルコラーノ及びトッレ・アヌンツィアータの遺跡地域ってこんなところ

Scavi di Pompeiの住所・アクセスや営業時間など

名称 Scavi di Pompei
住所 Porta Marina Superiore (Via Villa dei Misteri) | Piazza Immacolata, Piazza Porta Marina inf., 80045 Pompeii, Italy
営業時間・開場時間 月 – 金 現地時間9:00 – 19:30 土 – 日 現地時間8:30 – 19:30
利用料金や入場料 13ユーロ
参考サイト http://www.pompeiisites.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Scavi di Pompeiのスポットページ

古代ローマの華やかさをそのまま今に伝えるポンペイ遺跡

古代ローマの華やかさをそのまま今に伝えるポンペイ遺跡
ポンペイは、イタリア・ナポリ近郊にあった古代都市。
西暦79年に一瞬にして灰に埋もれた都市として有名です。
このポンペイの悲劇は、『バイオハザード』シリーズで有名なアクションを得意とする、ポール・W・S・アンダーソン監督が映画化したことでも有名です。
B.C.80年以来古代ローマの商業都市として栄えました。
優雅で活気に満ちたポンペイの町は、西暦79年に起きたヴェスヴィオ山の噴火で一瞬にして6mもの灰の下に埋まりました。
現在も1世紀当時の古代都市にタイムスリップしたような姿を残しています。
人型を石膏に移し再現した亡くなる直前のカップルや家族など、1000人の姿は涙を誘うものばかり。
華やかだった古代ローマ人の日常に突然の起こった悲劇は、人生の儚さを語っているようです。






彩り豊かな都市ポンペイの始まり

彩り豊かな都市ポンペイの始まり
古代都市ポンペイは、B.C.8世紀に、カンパニア州の原住民オスク人が町を築いたといわれています。
B.C.7世紀は、勢力的に植民活動を行っていたギリシア人に、海上交易に最適な地として注目されました。
B.C.526年ごろエトルリア人の支配下にあったポンペイは、B.C.474年にギリシア人と同盟を組み、クマエの海戦で勝利しエトルリア人の支配から逃れました。
その後、イタリア中南部の覇権を握ったギリシア人の支配下に入り、ギリシアのもと商業活動が盛んになりました。
しかしB.C.424年には山岳民族サムニ ウム人に征服されてしまいます。
この頃やっとポンペイの町に城壁が完成し、1大都市としての基礎となる配置が決まったようです。

栄華を極めたポンペイの繁栄時代

栄華を極めたポンペイの繁栄時代
B.C.343~290年サムニテス戦争でローマ帝国が勝利してからは、その支配下にくだります。
その後、一世紀まで繁栄したポンペイは都市建築と芸術活動に力を注いでいたようです。
自由な商業活動も認められており、羊毛加工やオリーブワインとなどの製造と交易で豊かになりました。
次のページでは『都市生活を優雅に楽しむポンペイ市民の様子』を掲載!
次のページを読む >>