ため息が出るほど美しいオーストリア「ザルツブルク市街」の絶景&歴史まとめ

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ザルツブルク市街」をご紹介します。

ザルツブルク市街ってこんなところ

ザルツブルク市街ってこんなところ

ザルツブルク市の住所・アクセスや営業時間など

名称 ザルツブルク市
住所 Stadt Salzburg
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B6%E3%83%AB%E3%83%84%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ザルツブルク市のスポットページ

「塩の町」との名を持つザルツブルク

「塩の町」との名を持つザルツブルク
「北のローマ」と称される宗教都市国家として知られるオーストリア・ザルツブルク。
モーツアルトが7歳まで育った街として知られ、美しい彫刻やレリーフが素敵な祝祭大劇場では、毎年夏に「ザルツブルグ音楽祭」が開かれるクラシック音楽ファン憧れの町です。

また、ヘルブルン宮殿内の噴水にはさまざまな仕掛けが施され、水の悪戯に心癒されるひとときも過ごせる遊び心がたくさんある街です。

B.C.1800年以前から人類が住んでいたとされるザルツブルク。
鉄器時代には岩塩の採掘を行い、高度な文明が開かれていたようです。
B.C.14年にはローマ軍がアルプスを越えて侵入し、クラウディウス帝(在位41-54年)の時代に各地に都市ができました。
このころに、ローマ文化の 影響を受けたザルツブルクの町の原型ができています。






西ローマ帝国の支配から都市の始まり

西ローマ帝国の支配から都市の始まり
ローマ人は476年に侵入してきた東ゴート族によって撤退を余儀なくされ、この地は西ローマ帝国に占領されました。

古来より塩の交易で栄えた都市は、696年にバイエルン大公テオド二世がライン・フランケン地方の司教だった聖ルーペルトにカトリック布教のため、西はキームゼーから南はザルツァッハ川上流の土地を寄進したのがこの都市の始まりです。
ドイツ語圏で最も古いとされる、ロマネスク様式の聖ペーター僧院教会が建てられ、ルーペルトが教区の領主となります。

774年には前期ロマネスク建築の大聖堂が創設されました。
現在は1181年に5つの身廊を持つバシリカ式とドイツ皇帝聖堂の混合形式となっています。
798年に大司教座がおかれカトリックの中心と地となり、塩とタウエルンの金採掘による富を独占し土地や財産の寄与を受けて大司教は大領主となります。
中 世カトリック教会は聖職者の腐敗が進み、聖職売買が行わるようになってしまったのです。

新ローマ皇帝が起こした争いと大事件

新ローマ皇帝が起こした争いと大事件
このような聖職の腐敗を重く見た教皇グレゴリウス7世(在位1073-1085年)は、11世紀後半に聖職売買の禁止と協会による聖職叙任権の独占を旨に改革をはじめました。
皇帝が任命した司教を利用し諸国に影響を及ぼしていた、神聖ローマ帝国皇帝ハインリヒ4世(在位1084-1105年)が反発。

1076年にハインリヒは対抗したため、即座に教皇に破門されました。
帝国内諸侯は動揺し教皇側につき、新皇帝擁立へと向かいます。
慌てたハインリヒは教皇に1077年にカノッサ城を訪れ雪の中3日間赦しを請い続け、破門を解かれました。
これが“カノッサの屈辱”です。

次のページでは『建設ラッシュに沸き立つザルツブルク』を掲載!
次のページを読む >>