吸血鬼ドラキュラの伝説が残るルーマニアの「シギショアラ歴史地区」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「シギショアラ歴史地区」をご紹介します。


シギショアラ歴史地区ってこんなところ

シギショアラ歴史地区ってこんなところ

Historic Centre of Sighişoaraの住所・アクセスや営業時間など

名称 Historic Centre of Sighişoara
住所 Sighisoara, Romania 
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AE%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A2%E3%83%A9%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E5%9C%B0%E5%8C%BA
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Historic Centre of Sighişoaraのスポットページ

ルーマニアの宝石と呼ばれる街並み

ルーマニアの宝石と呼ばれる街並み
シギショアラ歴史地区はルーマニアにある世界遺産の一つで、中世の城塞都市の雰囲気をよく残している美しい街並みと、ドラキュラ伝説に彩られた街として有名です。
細かな動きのからくり時計を持つ時計塔をはじめとした敵の侵略を防ぐために数多く作られた見張り塔、現在はレストランとなっているドラキュラのモデルとして有名なヴラド3世の生家など見所もたくさんあります。
街は、シギショアラが含まれるトランシルヴァニア地方一帯が11世紀にハンガリー王国に併合されたことから始まります。
王国の防衛もかねて、この地方には ドイツからの移民が入植しました。
彼らは七つの街を造り、シギショアラも1191年にそのうちの一つとして築かれました。
当時は「六番目の要塞」という意 味のラテン語で「カストゥルム・セクス」と呼ばれていました。

モンゴル帝国の侵攻

モンゴル帝国の侵攻
街が築かれてから間もなく、東からモンゴル帝国がヨーロッパを襲いました。
1240年までには現在のロシアまでが次々と征服されてしまいます。
1241年、ハンガリー王国もモンゴル帝国の侵攻を受けます。
ハンガリー王ベーラ4世が迎え撃ちますが敗れてしまい、ハンガリー王国の全域はモンゴルの支配下に入ってしまいます。
しかし、翌年モンゴル皇帝オゴタイが急死しモンゴル軍は引き揚げてしまいます。
ハンガリーも放棄されて国土を回復しました。
シギショアラの街でも次のモンゴルの侵攻に備えるため、街の東側の丘の要塞を堅固にします。

このときモンゴル軍が引き揚げなかったら現在のヨーロッパがどうなっていたか、歴史の「たられば」を考えるのも楽しいですね。

ギルドの繁栄

ギルドの繁栄
モンゴル軍が去ったあと、街の各所に見張り塔が建てられます。
この塔の建設を担ったのが商工業者のギルドでした。
ギルドとは中世ヨーロッパにあった商人や職人の同業者の組合制度です。
シギショアラでもギルドが組まれて経済的な力をつけ、14世紀にはハンガリー王国から自治都市の権利を得ています。
katsuya

Writer:

かつて仕事の都合で東京←→京都を年100回往復していました。京都の西七条に家を借り、なんと結婚相手も京都で見つけました。「地元民ではないけど、だからこそわかる京都」の魅力をお伝えします。

この記事のカテゴリ

ルーマニア
歴史
絶景

関連記事を見る

ルーマニアの記事を見る

ルーマニア観光なら次はここ!「シギショアラ」で見たい絶景10選
中世がよみがえるルーマニアの真ん中・ブラショブの観光スポット4選
ヨーロッパの城って好きなんです…ルーマニア「ブラン城」に見とれてしまう絶景10選
伝説と中世の粋を感じるルーマニアで見られる歴史的な建築物5選
神はここにいたか…ルーマニアで見れる幻想的な絶景5選
廃墟マニア垂涎!時が止まったかのようなヨーロッパの廃墟の写真
おしゃれで知的な旅をしよう!ルーマニア・ブカレストで見るべき観光スポット5選
なにこれ楽しそう!『国際枕投げ大会』でのハッピーな人たち
ルーマニアの小さな村にある楽しくなるお墓『メリー墓地』
モルダヴィアン・ブルー際立つフレスコ画 8つの協会が集う『モルダヴィアの教会群』