【歴史】999人の修道士が暮らした、ポルトガル最大級の修道院「アルコバッサの修道院」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「アルコバッサの修道院」をご紹介します。

アルコバッサの修道院ってこんなところ

アルコバッサの修道院ってこんなところ

アルコバッサ修道院の住所・アクセスや営業時間など

名称 アルコバッサ修道院
住所 2460-018 Alcobaça
営業時間・開場時間 現地時間9:00-19:00
利用料金や入場料 6ユーロ
参考サイト http://www.mosteiroalcobaca.pt/pt/index.php
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アルコバッサ修道院のスポットページ

ポルトガル最大のゴシック建築

ポルトガル最大のゴシック建築
アルコバッサの修道院は、ポルトガルの首都リスボンから北へ約120kmにある小さな町アルコバッサの中心部にあります。
正式名称を王立サンタ・マリア・デ・アルコバッサ修道院といい、ポルトガル最古のゴシック様式の教会と、それをめぐる中世の建築物が良い状態で保存されており、ポルトガル文学に詠われている王家の悲恋の物語の舞台として有名です。
1178年に、ポルトガル初代の王アフォンソ1世の願いで教会が建てられて以来、ポルトガル王家の保護のもと現在までその荘厳な姿を見せています。
見所はゴシック彫刻の傑作ペドロ1世とその王妃イネスの棺や1000人もいた修道士をまかなうための巨大な厨房、階段上の5連のアーチが美しい説教段など数々あります。
また、アズレージョと呼ばれる装飾タイルで描かれた修道院の歴史も見応えがあります。






ポルトガル独立のためのささげもの

ポルトガル独立のためのささげもの
12世紀当時、ポルトガルはカスティーリャ王国からの独立を宣言したばかりで、カトリック教会のローマ教皇が独立を認めていませんでした。
中世ヨーロッパでは宗教の権威が強く、独立を裏付けるためにローマ教皇のお墨付きが必要でした。

そこでアフォンソ1世は、占領したばかりで戦争のために荒れ果てていたアルコバッサの地を、カトリックの修道会で農耕開拓に長けていたシトー会に寄進し、独立を認めてもらおうとしました。

領土の定着の意味も込めて、1178年に修道院の建設に着手します。
建設当初は木造だったそうですが、13世紀に入りようやくシトー会の修道士がやって来て、1252年に石造の修道院が完成します。
獲得した領地をなんとしても守り抜こうとする王家の必死さが伝わってくるようですね。

叶わぬ恋が結ばれる地

叶わぬ恋が結ばれる地
アルコバッサの修道院は、14世紀に起きた王家の悲恋の物語でも有名です。

ポルトガル王アフォンソ4世は、王子ペドロの妻としてカスティーリャ王国から王族の娘コンスタンサを迎えます。

しかしペドロは、コンスタンサの侍女イネスと愛し合うようになってしまいます。
見かねた王はイネスを殺害し、二人の恋は引き裂かれてしまいました。

ペドロは後に王になったあとイネスを王妃として家臣たちに認めさせ、その後は王妃をとらなかったそうです。
修道院内には足の裏を合わせるようにペドロとイネスの棺が安置されています。

最後の審判のあと、生き返って起き上がったときにお互いの顔がすぐに見られるようにとの願いが込められています。

次のページでは『999人の修道士』を掲載!
次のページを読む >>